マツダCX-5一部改良

マツダCX-5がほんのちょっと変更です。色の変更、キックダウンの標準装備と、コンピューター設定変更でガソリンの燃費がちょっとだけ上がりました。そんだけ……うーん……ボーナス商戦に向けて、話題をつくるために、特別仕様車やマイナーチェンジを行うわけですが、これもその一環でしょうか。


「マツダ CX-5」を一部改良
-気持ちのいい走りを熟成、ガソリンエンジン搭載車は燃費が向上-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立したクロスオーバーSUV『マツダ CX-5』の一部改良を行い、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。

今回の商品改良では、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車標準とするなど、気持ちのいい走りを熟成させました。また、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」搭載車は、JC08モード燃費を0.4km/L向上させ、すべての機種でエコカー減税*1の75%減税対象としました。
新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を際立たせる特別色「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2を含む3色をボディカラーに追加し、全7色としました。また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車には、オープンエアならではの開放感を味わえる電動スライドガラスサンルーフを、84,000円(消費税込)でメーカーオプションとして新たに設定しました。

マツダの田中英明 CX-5開発主査は、「私たちが『ドライブの楽しさを日本で復権させたい』という強い思いで開発したCX-5は、日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめとした、様々な賞を世界中で受賞いたしました。多くのお客様に応援いただき、厚く御礼を申し上げます。今回の改良で、一層意のままにドライブを楽しめるクルマとなりましたので、ぜひご試乗いただき、ご体感いただきたいと思います。」と述べました。

■「マツダ CX-5」一部改良の概要は以下のとおり
パワートレイン
ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできる、キックダウンスイッチを全車標準装備。
高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の制御を改善し、JC08モード燃費を0.4km/L向上。(2WD車:16.4km/L、4WD車:16.0km/L)

エクステリア
ボディカラーに「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」を採用し、全7色を設定。
「XD」、「XD L Package」に、電動スライドガラスサンルーフをメーカーオプションとして設定。

■「マツダ CX-5」のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり

機種 駆動
方式
エンジン 変速機 メーカー
希望小売価格
(消費税込)
JC08
モード燃費
減税*1
レベル
XD
(クロスディー)
2WD SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,580,000円 18.6km/L*3 100%
4WD 2,790,000円 18.0km/L 100%
XD
L Package
2WD 2,980,000円 18.6km/L*3 100%
4WD 3,190,000円 18.0km/L 100%
20C 2WD SKYACTIV-G 2.0 2,050,000円 16.4km/L 75%
20S 2WD 2,200,000円 16.4km/L 75%
4WD 2,410,000円 16.0km/L 75%
20S
L Package
2WD 2,547,500円 16.4km/L 75%
4WD 2,757,500円 16.0km/L 75%

  • - 特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は52,500円高(消費税込)。
  • - 特別塗装色「クリスタルホワイトパールマイカ」を選択した場合は31,500円高(消費税込)。
  • - メーカーオプション「電動スライドガラスサンルーフ」を選択した場合は84,000円高(消費税込)。
  • - 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にはリサイクル料金12,030円が別途必要。

*1 環境対応車普及促進税制による減税措置。
*2 対象機種:「20S」、「20S L Package」、「XD」、「XD L Package」。
*3 メーカーオプションの「電動スライドガラスサンルーフ」装着車は、18.4km/L(JC08モード燃費)。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

スバル プレオ・プラス登場!

スバルの軽自動車に新型車「プレオ・プラス」が登場しました。
現行のプレオはダイハツ・ミラのOEM供給。つまり、今回のプレオ・プラスはミラ・イースということです。

ミラ・イースの特徴である30km/Lの燃費や、税込み79.5万円からという低燃費・低価格はそのままです。


新型軽乗用車 スバル プレオ プラスを発表
富士重工業は、新型軽乗用車スバル プレオ プラスを本日発表し、12月21日より発売します。

プレオ プラスは、軽自動車に求められる優れた機能性、経済性を備えたエコカーです。
ガソリン車トップレベル*1の30.0km/ℓ*2(JC08 モード燃費値)という低燃費、誰もが扱いやすく、快適なジャストサイズ、優れた安全性も確保しながら、79.5万円(消費税込)からという低価格を実現しました。

プレオ プラスは、ダイハツ工業よりOEM供給を受ける商品です。

*1:2012年12月現在自社調べ
*2:2WD車

【商品特長】

1.環境性能:
完全に車両が停止する前(約7km/h以下)にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」、減速時の走行車両の運動エネルギーをオルタネーターが電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」、「高効率エンジンとCVT の採用」、ボディ骨格の設計合理化、内装パーツの構造見直しなど様々な軽量化の取り組みなどを行い、ガソリン車トップレベルの低燃費30.0km/ℓ(JC08モード燃費値)を実現しました。
ルミネセントデジタルメーターを採用し、エコドライブアシスト照明などにより、エコドライブをわかりやすく サポートします。
全車エコカー減税(環境対応車普及促進税制)免税レベルに適合しました。

2.パッケージ/ユーティリティ:
コンパクトボディでありながら、実用性と快適性を追求した合理的なパッケージを採用しました。
前後席間距離は930mm と大人の方でも十分ゆとりのある足元スペースを設けることで、大人4人がくつろいで座れる快適な居住性を実現しています。
前後のドア開口部が、ほぼ直角まで開くドアを採用し、スムーズな乗降やチャイルドシートの積み下ろしを容易にしました。
カップホルダー付センターコンソールトレイ、インパネロアポケット、カーゴルームアンダーボックスなど便利な装備や収納も充実しています。

3. 安全性能:
高張力鋼板を効果的に使用し、軽量かつ高強度・高剛性のボディを採用しました。
フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化を追求した骨格構造により、軽量化を図りながら、衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンを実現しました。
歩行者保護性能に配慮し、フードやフェンダーなど各所に衝撃吸収構造を採用しています。

4. デザイン:
エコ&スマートを表現した、シンプルで機能性に優れたデザインを採用しました。
燃費向上のために空力性能にもこだわりました。
LEDのリヤコンビランプは、高いエコロジー性能をイメージし、木の葉をモチーフとしたデザインを採用しました。
ルミネセントデジタルメーターや金属基調のフラッシュパネルオーディオにより、新鮮さと高い質感を演出しています。
ボディカラーは、全10色を設定しました。

【目標販売台数】
1,000台/月

【メーカー希望小売価格】

車種 価格(単位:円) エコカー
減税対象
車種名 グレード エンジン 駆動 変速機 消費税込 消費税抜
プレオ
プラス
E 660cc
3気筒
DOHC NA
2WD CVT 795,000 757,143 免税
F 900,000 857,143
L 997,500 950,000
G 1,117,500 1,064,286
FA 1,000,000 952,381
LA AWD 1,097,500 1,045,238
GA 1,217,500 1,159,524

2WD 車寒冷地仕様:15,750 円高(消費税含む)

【エコカー減税対象】
免税 :環境対応車普及促進税制(自動車取得税・重量税 免税) 適合グレード

【ボディカラー】グレードにより選択できる色が異なります。
スカイブルー、コットンアイボリー、シェルローズ、ライトローズ・マイカメタリック、アーバンナイトブルークリスタル・メタリック※、
プラムブラウンクリスタル・マイカ※、ブラック・マイカメタリック、ブライトシルバー・メタリック、パールホワイトⅢ※、ホワイト
<※:有料色21,000 円高(消費税含む)>


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

ソリオに白黒コントラストの限定車

ソリオに、特別仕様車「BLACK&WHITE II」が設定されました。
ボディカラーが白または黒で、シートやルームミラーカバーなどにチェック柄のインテリアアクセントが効いています。そのほかにも、15インチアルミホイールとかもついているそうです。


スズキ、小型乗用車「ソリオ」の特別仕様車
「ソリオ BLACK&WHITEII」を発売

スズキ株式会社は、小型乗用車「ソリオ」の特別仕様車「ソリオ BLACK&WHITEII」を設定して12月6日より発売する。
「ソリオ」は、街中での取り回しに優れたコンパクトなボディーながら、広い室内空間や使い勝手の良い両側スライドドアで好評を得ている小型乗用車である。
今回発売する特別仕様車「ソリオ BLACK&WHITEII」は、車体色を黒と白の2色設定とし、質感の高いチタン色のフロントグリルとヘッドランプ、ガンメタリックのバックドアガーニッシュ、存在感あるデザインのアルミホイール等を採用することで、シャープかつ引き締まった印象を際立たせたエクステリアとした。
インテリアには、黒と白のチェック柄の専用ルームミラーカウル※1に加え、黒とグレーのチェック柄を随所に施した内装や質感の高いスエード調の専用シート表皮等を採用するなど、内外装を「BLACK&WHITE」の名称に合わせた色調でまとめた。
また、ディスチャージヘッドランプ、後席右側パワースライドドア※2、ステアリングオーディオスイッチをセットでメーカーオプション設定とした。

※1 販売会社装着品。
※2 後席左側は標準装備。

メーカー希望小売価格(消費税込み)
特別仕様車「ソリオ BLACK&WHITEII」
エンジン:1.2L DOHC 吸排気VVT
変速機:CVT
2WD 1,575,000円
4WD 1,694,700円
アイドリングストップ付き2WD 1,669,500円

* 2WDは前輪駆動。
* パールホワイト塗装車は21,000円高。
* メーカーセットオプション装着車は108,150円高(メーカーセットオプション:ディスチャージヘッドランプ[オートライトシステム付]、後席右側パワースライドドア[挟み込み防止機構付]、ステアリングオーディオスイッチ)
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。

特別仕様車「ソリオ BLACK&WHITEII」の主な特長

||エクステリア

  • チタン色のフロントグリル[スケルトンタイプ]及びヘッドランプ。
  • フロントフォグランプベゼル内の白色のLEDイルミネーション。
  • LEDサイドターンランプ付のドアミラー。
  • リフレクターにメッキを施したリヤコンビネーションランプ。
  • バックドアガーニッシュ[ガンメタリック塗装]。
  • 存在感あるデザインの15インチアルミホイール[ガンメタリック塗装]。
  • 「BLACK&WHITE」エンブレム(左右フロントフェンダー)。
  • 車体色は黒色(ブルーイッシュブラックパール3)と白色(パールホワイト)の全2色を設定。

||インテリア

  • 黒と白のチェック柄を施した専用ルームミラーカウル※1。
  • ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュ。
  • シルバーステッチを施した本革巻ステアリングホイールと本革巻シフトノブ。
  • 背もたれと座面の中央部分に黒とグレーのチェック柄を施した、「BLACK&WHITE」ロゴの刺繍が入った専用シート表皮[ラックススエード(R)※3]。
  • 黒とグレーのチェック柄を取り入れた専用フロアマット※1。
  • 黒とグレーのチェック柄を施した専用インパネトレーマット※1(保冷機能付助手席アッパーボックス、助手席インパネトレー、センター部インパネトレー)。

||装備

  • リクエストスイッチ及び携帯リモコンキーで施錠すると、自動でドアミラーを格納する、リモート格納ミラー。
  • 運転席シートヒーター(2WD車。4WD車は標準装備)。
  • オートライトシステム付ディスチャージヘッドランプ、後席右側パワースライドドア[挟み込み防止機構付]※2、ステアリングオーディオスイッチを、セットでメーカーオプション設定。

※3 ラックススエードは、セーレン株式会社の登録商標。

環境対応車普及促進税制(エコカー減税)への適合
特別仕様車「ソリオ BLACK&WHITEII」
駆動:2WD
変速機:CVT
燃料消費率 JC08モード走行(国土交通省審査値)※4:20.6km/L
燃料消費率 JC08モード走行(国土交通省審査値)※4:(アイドリングストップ付)21.8km/L
自動車取得税・自動車重量税:50%減税 ※5
自動車税:25%減税※6

※4 燃費消費率は定められた試験条件での数値。使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なる。
※5 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成27年3月31日新車登録、自動車重量税の減税措置は平成27年4月30日新車登録まで。
※6 自動車税の減税は平成26年3月31日までの新車登録車が対象。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

トヨタ・プレミオ、アリオンが小変更

トヨタの屋台骨、アリオンとプレミオがちょっとだけ変わったそうです。
一部燃費の向上や、高級仕様の追加。
この2車種は、目立ってはないものの、今のトヨタのスタンダードを現わす大黒柱。実は乗ってもとてもいいクルマなので、変に飾り立てて中年太りしないでほしいところですね。


<press release>
TOYOTA、プレミオならびにアリオンを一部改良

TOYOTAは、プレミオならびにアリオンを一部改良し、プレミオは全国のトヨペット店、アリオンは全国のトヨタ店を通じて、12月4日に発売した。

今回の一部改良では、エンジンの燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、1.5L・2WD車(JC08モード走行燃費:18.2km/L*1)をはじめ、全車で燃費を向上させた。また、各グレードの上級パッケージ*2にナノイー*3、スーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用したほか、ステアリングスイッチを標準装備*4するなど、快適性と利便性を高めている。内装では、光沢のある木目調パネルの採用、シート表皮の質感向上、内装色の変更を実施するなど、高級感を演出。外板色には新色として、プレミオとアリオンにクリアーストリームメタリック、プレミオにアビスグレーメタリックを採用するなど、各々に7色を設定した。

さらに、グレード体系を見直し、プレミオには1.5Fに“EXパッケージ”、アリオンにはA15およびA18に“G-plusパッケージ”、A20に“LEATHERパッケージ”を新設定するなど、高級仕様のラインアップを拡充。プレミオ1.5F“EXパッケージ”およびアリオン “G-plusパッケージ”にはシート表皮にファブリック(ハイラグジュアリー)、アリオン“LEATHERパッケージ”には本革(パーフォレーション&ギャザー仕様)を採用した。また、各パッケージに以下の標準装備を共通で設定した。

【新設パッケージ共通の標準装備】
▽ディスチャージヘッドランプ
▽オプティトロンメーター
▽本革巻き+木目調ステアリングホイール
▽本革巻きシフトノブ
▽スマートエントリー&スタートシステム+盗難防止システム
▽オートエアコン(花粉除去モード付)
▽アルミホイール*5
ほか

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

*1 国土交通省審査値
*2 プレミオ:1.5Fと1.8Xの“EXパッケージ”および2.0G“SUPERIORパッケージ”
アリオン:A15とA18の“G-plusパッケージ”およびA20“LEATHERパッケージ”
*3 ナノイーはパナソニック(株)の商標
*4 プレミオ:1.5F、1.8Xを除く アリオン:A15、A18を除く
*5 プレミオ1.5 F“EXパッケージ”およびアリオンA15“G-plusパッケージ”を除く

【メーカー希望小売価格】
<プレミオ>(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位:円)

    エンジン 駆 動 トランスミッション 価 格
(消費税込み)
1.5F 1NZ-FE
(1.5L)
2WD
(FF)
Super CVT-i 1,710,000
    “Lパッケージ” 1,820,000
    “EXパッケージ” 1,975,000
1.8X 2ZR-FAE
(1.8L)
1,900,000
    “Lパッケージ” 2,030,000
    “EXパッケージ” 2,245,000
1.8X 4WD 2,089,000
    “Lパッケージ” 2,219,000
    “EXパッケージ” 2,423,500
2.0G 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,190,000
    “SUPERIORパッケージ” 2,730,000

<アリオン>

    エンジン 駆 動 トランスミッション 価 格
(消費税込み)
A15 1NZ-FE
(1.5L)
2WD
(FF)
Super CVT-i 1,700,000
    “Gパッケージ” 1,810,000
    “G-plusパッケージ” 1,950,000
A18 2ZR-FAE
(1.8L)
1,885,000
    “Gパッケージ” 1,995,000
    “G-plusパッケージ” 2,220,000
A18 4WD 2,074,000
    “Gパッケージ” 2,184,000
    “G-plusパッケージ” 2,398,500
A20 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,155,000
    “LEATHERパッケージ” 2,680,000

Super CVT-i:Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【ウェルキャブメーカー希望小売価格】
<プレミオ>(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位:円)

  ベース車両 エンジン 駆 動 トランス
ミッション
価 格*1
(消費税込み)
助手席回転
スライドシート車
“Aタイプ”
1.5F“Lパッケージ” 1NZ-FE
(1.5L)
2WD
(FF)
Super
CVT-i
1,909,000
1.8X“Lパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,119,000
4WD 2,308,000
2.0G 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,279,000
助手席回転
スライドシート車
“Bタイプ” *2
1.5F“Lパッケージ” 1NZ-FE
(1.5L)
1,913,000
1.8X“Lパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,113,000
4WD 2,293,000
2.0G 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,265,000
フレンドマチック
取付用専用車*3
1.8X“Lパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,072,000
4WD 2,261,000

<アリオン>

  ベース車両 エンジン 駆 動 トランス
ミッション
価 格*1
(消費税込み)
助手席回転
スライドシート車
“Aタイプ”
A15“Gパッケージ” 1NZ-FE
(1.5L)
2WD
(FF)
Super
CVT-i
1,899,000
A18“Gパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,084,000
4WD 2,273,000
A20 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,244,000
助手席回転
スライドシート車
“Bタイプ” *2
A15“Gパッケージ” 1NZ-FE
(1.5L)
1,903,000
A18“Gパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,080,000
4WD 2,260,000
A20 3ZR-FAE
(2.0L)
2WD
(FF)
2,232,000
フレンドマチック
取付用専用車*3
A18“Gパッケージ” 2ZR-FAE
(1.8L)
2,037,000
4WD 2,226,000

*1 価格にはリサイクル料金は含まれない
*2 助手席回転スライドシート車“Bタイプ”は非課税
*3 指定の運転補助装置を装着した場合は非課税


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード