トヨタのハイブリッド、国内累計200万台突破

むしろ、たった200万台にちょっと驚きです。
街中でプリウス、アクアに代表されるトヨタのハイブリッドにお目にかからない日はない……と思うのですが。
ちなみに、世界累計では460万台だそうです。

トヨタ・プリウス(特別仕様車 S“マイコーデ)

トヨタ・プリウス(特別仕様車 S“マイコーデ)


トヨタ自動車、
ハイブリッド車の国内累計販売台数が200万台を突破
―グローバルでは2012年1-10月で販売台数100万台を突破、累計460万台に―


<press release>

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、ハイブリッド車の国内での累計販売台数が、本年10月末までに、204万台※1となり、200万台を突破したと発表した。(トヨタ調べ)
また、グローバルでは、本年1月から10月末までの販売が102万8千台※1と、100万台を突破し、1997年の発売以来、グローバルでの累計販売台数は460万3千台※1となった。

トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の1つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。
1997年8月に国内でコースターハイブリッドEVを発売後、同年12月には、世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売し、2000年からは、北米や欧州など海外でも普及を進めた。2003年に2代目、2009年に3代目の「プリウス」を発売したほか、ミニバン、SUV、FRセダン、コンパクト2BOXなど、ハイブリッドの搭載モデルを拡大。本年4月末には、ハイブリッド車のグローバルでの累計販売台数が400万台を突破した。

本年10月末現在、国内ではハイブリッド乗用車15モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを販売しており、グローバルでは、ハイブリッド乗用車19モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて約80の国・地域で販売している。
また、本年のトヨタ販売のうち、国内では40%、グローバルでは14%がハイブリッドとなっている。特に国内では、コンパクト2BOX「アクア」の追加投入効果や、ハイブリッド車そのものの認知向上もあり、年々ハイブリッド車の比率が高まっている。
今後、グローバルで2015年末までに新型ハイブリッド車を20モデル投入する予定であり、更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく。

なお、本年10月末までに国内外で販売したハイブリッド車※2のCO2排出量※3は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、国内で約900万トン、グローバルでは約3,000万トン(約160億kL=東京ドーム約13,500杯分)の排出抑制効果があったとトヨタでは試算しており、気候変動の原因のひとつとされるCO2の削減に寄与したと考えている。
また、同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、グローバルで約1,100万L(ドラム缶約5.5万個分)の消費抑制効果があったと試算している。

トヨタは、各種のエコカー開発に必要なすべての要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付け、ハイブリッド車以外のエコカー開発にも取り組んでいる。そして、ハイブリッド車についても、より多くのお客様に選んでいただけるよう、更なる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に取り組んでいく。

※1 プラグインハイブリッド車を含む
※2 コースターハイブリッドEV、ダイナハイブリッド、トヨエースハイブリッド、クイックデリバリー200を除く
※3 市場走行台数×走行距離×燃費(各国実走行燃費)×CO2換算係数



[最新情報]HYBRID DRIVE
レクサスIS 300h


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

GS350 F SPORTにスーパーチャージャーを搭載したチューニングモデル登場

レクサスは、10月30日からアメリカ、ラスベガスで開催される「SEMAショー12」で、「GS Fスポーツ」をベースにしたチューニングカーを展示すると発表しました。
3.5リッターV型6気筒エンジンにアペックス製のスーパーチャージャーキットをドッキング。ほかにもブレンボのブレーキキットや20インチアルミニウムホイール、スポーツサスペンションなどを装着して動力性能をアップしています。
現状ではスペックに関する発表はありませんが、ベースエンジンのスペックが最高出力310ps、最大トルク375Nmなので、これを大幅に上回るパフォーマンスを手に入れることは間違いないでしょう。



Press Release
Description
Since its reveal at 2011 SEMA, the GS F SPORT has brought sizzle to the fourth-generation GS and Lexus line-up. As if
engaging driving enthusiasts with factory engineering and a heightened performance level weren’t enough, this GS takes it
up a notch with an Apexi CG SPL custom supercharger kit, WALD International Aero package, a Brembo High
Performance GT Brake kit and staggered Vossen CV7 20-inch wheels.
Highlights
 Apexi Smart Accel throttle controller
 PTS Joe Z Series True Dual Header-Back exhaust system
 RSR Super i coilover system
 Yokohama S.Drive tires: 255/30-20 front, 275/30-20 rear 


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

レクサスLF-LCコンセプトに青色バージョン

前回のデトロイトモーーターショーで発表されたレクサスLF-LC。このオーパールブルーに塗装されたバージョンが、オーストラリアモーターショー(AIMS)で公開されたそうです。

このカラーはオーストラリア奥地で採取されるオパールからインスピレーションを得たもの。1号車の赤も、実物を見ると漆塗りのようなとても深みのある色だったので、青も写真では伝えきれない美しさがあるのかもしれません。

レクサス LF-LC ブルー(Lexus LF-LC Blue)


Lexus Reveals LF-LC Blue at 2012 Australian International Motor Show

KEY POINTS:
• Lexus reveals LF-LC Blue concept
• Concept leverages Project LFA with use of carbon fibre
• Debuts next generation Lexus Hybrid Drive with high energy battery pack
• New drivetrain develops 372kW
• Unique Opal Blue inspired by precious stone

SYDNEY, Australia, Oct. 18, 2012 – Australia Lexus has revealed the stunning LF-LC Blue concept at the Australian International Motor Show in Sydney. Clad in unique Opal Blue, it is the second version of the LF-LC, first debuted at the Detroit Auto Show earlier this year.

The all-new Opal Blue exterior is inspired by the lustrous base colour found in the naturally occurring semi-precious opal stone of outback Australia.

Beneath the blue skin LF-LC combines advanced technologies and materials with organic design, giving an insight into what the future of sports cars may hold. Central to the concept is a suite of advanced materials and technologies, including lightweight carbon fibre and the next generation of Lexus’ industry-leading hybrid powertrain.

New to LF-LC and derived from project LFA, LF-LC leverages Lexus’ extensive in-house experience in marrying carbon fibre and aluminium alloy materials to achieve a light body mass. The result is an extremely taut body that responds quickly and crisply to driver inputs – providing the perfect platform for the next-generation Lexus Hybrid Drive system.

Dubbed Advanced Lexus Hybrid Drive, the system features a powerful and efficient Atkinson cycle combustion engine which is mated to an advanced high-energy battery pack. The high-energy battery pack is designed to deliver greater power from a smaller battery than those currently used in Lexus’ range of hybrid vehicles. Combined, the LF-LC Blue concept’s petrol/electric hybrid powertrain develops 372kW (500hp) – the most of any Lexus hybrid.

Lexus Australia’s Tony Cramb said that LF-LC Blue is a demonstration of what the future may hold for sports cars.

“For decades, Lexus has been synonymous with hybrid drivetrains, superior build quality, comfort and reliability,” Cramb said. “With the LF-LC we now reinforce our design and technology credentials. The LF-LC is absolutely stunning. Its good looks mask some very exciting design and engineering innovations that will influence Lexus vehicles in the future.

“LF-LC is part concept, part reality: the concept hints at what’s to come from Lexus, while the reality has us actively studying how we can engineer and build a vehicle like this in the future.”

Supporting LF-LC’s engineering feats is a stunning, technology-laden exterior and interior, clad in a new white and brown interior. Commanding the concept’s bold front end are sculpted “L” shaped daytime running lights, vertical fog lamps and a fading dot matrix pattern to convey a sense of movement.

Continuing the sense of motion, LF-LC’s side profile is commanded by deeply sculpted air intakes behind the doors. A wrap-around glass roof provides a panoramic view to the outside world while slicing through the air.

The concept car’s glass roof features a lightweight, cantilevered pillar with a glass-to-glass junction inspired by modern architecture. LF-LC’s dynamic lines are carried through to the rear deck, sculpturally integrating the spindle grille theme to complement the front of the vehicle while creating a unique sense of width. Tail lamps, inspired by a jet aeroplane afterburner, make use of inner lighting to create a remarkable sense of depth.

The rear is also fitted with fog lamps, repeating the fading dot matrix pattern of the front fog lamps. Visually, the integrated tail and fog lamps repeat the “L” shape and lead the viewer’s eye down to the powerful Lexus quad exhaust.

The interior of the LF-LC concept contrasts the cool ambience of advanced technology with soft textures and organic shapes to create a driver-focused synergy of form and function. The cockpit expresses a feeling of both openness and security. The driver is enveloped by deeply scooped side panels and a high, curved console. The effect is to focus the driver zone on the controls and on the road.

Based on Lexus’ commitment to creating an intuitive driving experience, the
LF-LC incorporates a remote touch-screen device that allows the driver to comfortably operate controls without shifting position or altering their line of sight.

Twin 12.3-inch LCD screens provide information and navigation display. Inputs come from a touch-screen control board piercing the swept centre console. The interface is used to control the audio system, climate controls and navigation, and features a pop-up touch-screen keyboard for more complex entries. Set directly in front of the driver, multi-level meters layer analogue and LCD technologies. The bottom layer displays temperature, fuel and the background for the Eco meter. The middle layer is the tachometer mechanical centre ring. The topmost layer provides indicators for the tachometer, speedometer and Eco meter.

Surfaces throughout the cabin are presented in a combination of smooth leather and suede, with brushed metal trim and wood accents. The lightweight, race-inspired front seats are formed of multiple layers and repeat the interlacing curves that define the cabin interior. The racing-style steering wheel is clad in lightweight carbon fibre and contains integrated controls and start button.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

新型レクサスLS発表!

レクサスのフラッグシップ「LS」がフェイスリフトしました。
いわゆるマイナーチェンジですが、レクサスで流行している(?)スピンドルグリルを呼ばれる顔になり、灯火類がLED化。そのほか、こまかいディテールも変更になっていて、その変更部品は3000点にも及ぶそうな。
また、LSにはじめて、走りを磨き上げたという「F SPORT」が設定されたのも注目のひとつです。

レクサス LS600h Fスポーツ(Lexus LS600h F SPORT)

レクサス LS600h Fスポーツ(Lexus LS600h F SPORT)


<press release>
LEXUSの次世代フラッグシップ、新型LSを発売
―熟成の極みと革新の融合を目指した“LEXUSの新たな頂点”―

LEXUSは、LS460、LS460LならびにLS600h、LS600hLをマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月11日に発売した*1。

新型LSは、「熟成の極みと革新の融合」をキーワードとし、LSの潜在能力をすべて引き出すべく、大規模な変更を実施した。具体的には、「スピンドルグリル*2」などの次世代LEXUSデザインを導入するとともに、スポーティグレード“F SPORT”の追加や新生産技術を駆使したボディ剛性の向上によりエモーショナルな走りを実現。
さらに、世界トップレベルの衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステムをはじめとする最先端の安全装備を採用するなど、LEXUSのフラッグシップにふさわしい進化を遂げている。

1.洗練された次世代LEXUSデザイン
▽エクステリアでは、「スピンドルグリル」の採用をはじめ、フロントフェイスを一新。リヤにもスピンドル形状を取り入れるなど、LEXUSフラッグシップにふさわしい存在感と、個性を備えたスタイリングとしている。

  • 「スピンドルグリル」のほか、シームレスに発光するアローヘッド*3形状のクリアランスランプ、L字型テールランプなど、次世代LEXUS共通のデザインテーマを採用
  • 世界最小径*4のLEDフォグランプをはじめ、外装の灯火類すべて*5にLEDを採用。LEDランプならではの造形と光で華やかさを演出するとともに、省電力化による燃費性能向上にも寄与
  • 外板色には、“F SPORT”専用色ホワイトノーヴァガラスフレークのほか、新色のソニックシルバー、ファイアーアゲートマイカメタリックを含む全11色を設定

▽インテリアでは、インストルメントパネルを一新して水平基調とし、LS本来の品格とモダンなテイストが共存するデザインとしたほか、操作系の配置を見直し、機能性を大幅に向上させている。

  • 運転席周辺をディスプレイゾーンとオペレーションゾーンを分離した構成とし、12.3インチワイドディスプレイやリモートタッチを採用するなど、操作性を向上させている
  • 匠の手技によって薄い板材を重ね合わせ、独自の模様を表現した縞杢(しまもく)ステアリングを新設定したほか、精緻に作り込んだ本アルミのアナログクロック(GPS補正機能付)を新たに採用するなど、素材の持ち味を活かした上質なインテリアデザイン

2.LSならではの性能を熟成させたエモーショナルな走り
▽上質かつ洗練された走りと意のままに操る喜びを高次元で両立させるため、新技術の投入と各部の補強によって走行性能を向上させたほか、テスト走行を重ねて乗り味を作りこんだ。

  • 「レーザースクリューウェルディング」や「構造用接着剤」などの新たな生産技術の導入により、ボディ剛性を強化するとともに、VGRS*6の改良により、操縦性・走行安定性を向上させている
  • エアサスペンションの制御を大幅に改良し、4輪すべての動きを統合して制御することで、運転操作、ボディの挙動、路面入力に反応し、上下方向の動き、ピッチ、ロールそれぞれの減衰効果を高め、操縦性・走行安定性の向上とフラットな乗り心地を両立
  • 新たに“F SPORT”を設定。専用内外装デザインのほか、専用チューニングを施したトランスミッション・サスペンションや、ブレンボ社製高性能ブレーキ、19インチ鍛造アルミホイールなどにより、LEXUS独自の“F”の走りのテイストを存分に味わえる仕様としている
  • LS 600h“F SPORT”にはアクティブスタビライザーを、LS460“F SPORT”にはトルセン®LSD*7を採用。“F SPORT”独自の優れたハンドリング性能を実現
  • 意のままに車を走らせる楽しみを広げるため、ドライブモードセレクトを採用。ドライバーの嗜好や様々なシーンに応じて、5つのモードが選択可能

3.先進技術を駆使した高い安全性能
▽先進安全装備を数多く採用し、高度な安全性を追及している。

  • 新開発の衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステムを採用。ミリ波レーダーとステレオカメラを組み合わせ、自車と対象物の相対速度40km/h以下では自動ブレーキにより衝突回避を支援*8。さらに近赤外線投光器により夜間でも歩行者の検知が可能
  • ハイビーム照射時に、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプをカメラで検知し、その部分を自動的に遮光して対向車の眩惑を防ぐアダプティブハイビームシステム(AHS)を新採用。ハイビームでの走行頻度を増やすことで夜間の視認性向上に寄与
  • 走行中、ドアミラーで確認しにくい後側方を走行する車両をミリ波レーダーで検知し、ドライバーに注意喚起することで、車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニター(BSM)を採用

4.各種装備による快適性の向上
▽快適装備の積極的な採用により、LSのDNAとも言える優れた快適性・静粛性を追求している。

  • 乗降時、エンジン始動・停止時など、シチュエーションに応じてすべてのイルミネーションの点灯・消灯タイミング、明るさ、動きをトータルコーディネイトするアドバンスドイルミネーションシステムを新たに採用
  • 最大13個のセンサーで各乗員の体温を検知し、オートエアコン、空調シート、ステアリングヒーターを綿密に連携制御することで、乗員一人ひとりが車内で快適に過ごすことができるレクサス クライメイト コンシェルジュを世界初採用*4
  • 吸音材の追加・材質変更や、ホイールに空洞部を設けてロードノイズを大幅に低減するノイズリダクションアルミホイールの採用により、走行時の音圧レベルを低減させるなど、静粛性をさらに向上
  • どの席においても同じ音色・サラウンド感を楽しめる“マークレビンソン*9”リファレンスサラウンドサウンドシステムや、ブルーレイディスク対応のリヤシートエンターテインメントシステムなど、充実したオーディオ&ビジュアル機能を採用

5.自分だけのLSを作り出せる「L-Select」
▽「L-Select」を発展させ、LSに新たな世界観を付与している。

  • シート、インストルメントパネル、天井、カーペットなど、様々な部位の素材・カラーを好みに応じて組み合わせ、幅広いコーディネートが楽しめる内装カスタマイズプログラム「L-Select」をオプション設定*10。選びやすさにも配慮し、「Passionate Spirit」や「Japanese Modern」など、個性的な6つのテーマを新たに設定。お客様の感性やライフスタイルに合わせた自分だけのLSを選ぶことが可能

*1  本革インストルメントパネル装着車及びL-Select装着車は11月19日発売予定
*2  ラジエーターグリル、ブレーキダクト、空力などの性能向上を造形に積極的に活かしたデザイン
*3  シャープなコーナー処理の内側に流麗なアール処理を組み合わせた、LEXUS独自のデザイン表現
*4  2012年9月末現在。トヨタ自動車(株)調べ
*5  寒冷地仕様に設定されるリヤフォグランプ(ハロゲン式)を除く
*6  VGRS:Variable Gear Ratio Steering (ギヤ比可変ステアリング)
*7  トルセン® LSD (Limited Slip Differential):路面状況に応じて左右に最適な駆動力を配分するディファレンシャルギヤトルセン®は(株)ジェイテクトの商標
*8  相対速度が40km/hを超える場合は衝突速度を減速して被害軽減を図る
*9  マークレビンソンはハーマンインターナショナルインダストリーズの商標
*10  LS600h“version C”、LS600h標準仕様、LS460“version C”、LS460標準仕様を除く

【販売概要】
1.販 売 店 :全国のレクサス店
2.月販目標台数:300台
3.店頭発表会:DEBUT SHOW 10月20日(土)~ 10月28日(日)

【メーカー希望小売価格】(北海道のみ価格が異なる。単位:円)
<LS460/ LS460L>

    定員 エンジン トランスミッション 駆 動 価 格*(消費税込み)
LS460 ”version L” 5人 1UR-FSE
(V8・4.6L)
8 Super ECT 2WD(FR) 10,300,000
AWD 10,800,000
“F SPORT” 2WD(FR) 9,800,000
“version C・I package” 2WD(FR) 8,950,000
AWD 9,450,000
“version C” 2WD(FR) 8,700,000
AWD 9,200,000
  2WD(FR) 8,300,000
AWD 8,800,000
LS460L “EXECUTIVE package” 5人 2WD(FR) 12,600,000
AWD 13,100,000
4人 2WD(FR) 12,600,000
AWD 13,100,000
  5人 2WD(FR) 11,300,000
AWD 11,800,000

<LS600h/ LS600hL>

    定員 ハイブリッドシステム 駆 動 価 格*(消費税込み)
LS600h “version L” 5人 2段変速式
リダクション機構付のTHS II
AWD 12,500,000
“F SPORT” 12,300,000
“version C・I package” 11,150,000
“version C” 10,900,000
  10,500,000
LS600hL “EXECUTIVE package” 5人 15,500,000
4人 15,500,000
  5人 13,700,000

8 Super ECT : スーパーインテリジェント8速オートマチック
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

[最新情報]新型Lexus LSを詳細に解説
新型レクサスLS


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード