マツダCX-5一部改良

マツダCX-5がほんのちょっと変更です。色の変更、キックダウンの標準装備と、コンピューター設定変更でガソリンの燃費がちょっとだけ上がりました。そんだけ……うーん……ボーナス商戦に向けて、話題をつくるために、特別仕様車やマイナーチェンジを行うわけですが、これもその一環でしょうか。


「マツダ CX-5」を一部改良
-気持ちのいい走りを熟成、ガソリンエンジン搭載車は燃費が向上-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立したクロスオーバーSUV『マツダ CX-5』の一部改良を行い、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。

今回の商品改良では、ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできるキックダウンスイッチを全車標準とするなど、気持ちのいい走りを熟成させました。また、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」搭載車は、JC08モード燃費を0.4km/L向上させ、すべての機種でエコカー減税*1の75%減税対象としました。
新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を際立たせる特別色「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2を含む3色をボディカラーに追加し、全7色としました。また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車には、オープンエアならではの開放感を味わえる電動スライドガラスサンルーフを、84,000円(消費税込)でメーカーオプションとして新たに設定しました。

マツダの田中英明 CX-5開発主査は、「私たちが『ドライブの楽しさを日本で復権させたい』という強い思いで開発したCX-5は、日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめとした、様々な賞を世界中で受賞いたしました。多くのお客様に応援いただき、厚く御礼を申し上げます。今回の改良で、一層意のままにドライブを楽しめるクルマとなりましたので、ぜひご試乗いただき、ご体感いただきたいと思います。」と述べました。

■「マツダ CX-5」一部改良の概要は以下のとおり
パワートレイン
ドライバーの意思で変速タイミングをコントロールできる、キックダウンスイッチを全車標準装備。
高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の制御を改善し、JC08モード燃費を0.4km/L向上。(2WD車:16.4km/L、4WD車:16.0km/L)

エクステリア
ボディカラーに「ソウルレッドプレミアムメタリック」*2、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」を採用し、全7色を設定。
「XD」、「XD L Package」に、電動スライドガラスサンルーフをメーカーオプションとして設定。

■「マツダ CX-5」のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり

機種 駆動
方式
エンジン 変速機 メーカー
希望小売価格
(消費税込)
JC08
モード燃費
減税*1
レベル
XD
(クロスディー)
2WD SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,580,000円 18.6km/L*3 100%
4WD 2,790,000円 18.0km/L 100%
XD
L Package
2WD 2,980,000円 18.6km/L*3 100%
4WD 3,190,000円 18.0km/L 100%
20C 2WD SKYACTIV-G 2.0 2,050,000円 16.4km/L 75%
20S 2WD 2,200,000円 16.4km/L 75%
4WD 2,410,000円 16.0km/L 75%
20S
L Package
2WD 2,547,500円 16.4km/L 75%
4WD 2,757,500円 16.0km/L 75%

  • - 特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は52,500円高(消費税込)。
  • - 特別塗装色「クリスタルホワイトパールマイカ」を選択した場合は31,500円高(消費税込)。
  • - メーカーオプション「電動スライドガラスサンルーフ」を選択した場合は84,000円高(消費税込)。
  • - 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にはリサイクル料金12,030円が別途必要。

*1 環境対応車普及促進税制による減税措置。
*2 対象機種:「20S」、「20S L Package」、「XD」、「XD L Package」。
*3 メーカーオプションの「電動スライドガラスサンルーフ」装着車は、18.4km/L(JC08モード燃費)。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

マツダ・キャロルにエコモデル追加

マツダ・キャロルにエコモデルが追加されました。
というか、マツダの軽自動車はOEM(相手先ブランド)なので、スズキ・アルト・エコがラインナップされただけですね……

キャロル・エコ(carol eco)

キャロル・エコ(carol eco)


<press release>
新機種「マツダ キャロル エコ」を発売

-ガソリン車トップの低燃費30.2km/Lを実現、エコカー減税 免税対象に-

マツダ株式会社は、軽自動車「キャロル」に新機種『キャロル エコ』を追加し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。

「キャロル エコ」は、シンプルで使い勝手のよいキャロルの好評点はそのままに、ガソリン車トップ*1の低燃費である30.2km/L*2を達成した新機種です。エコカー減税*3では免税対象車となります。

「キャロル エコ」は、動力性能と環境性能を高い次元で両立した新世代エンジンを採用、摩擦抵抗を低減するためのCVTの改良など、パワートレイン全体で燃費性能を向上させています。

また、新たに「アイドリングストップシステム」を装備しています。このアイドリングストップシステムは、停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止し、燃費の改善に貢献しています。

■新型「キャロル エコ」の商品概要は以下のとおり

  • 既存モデルから7.6km/L、約34%の燃費を改善*4
  • 新世代エンジンの採用、副変速機構付CVTを改良
  • 停車時に加え、ブレーキを踏んで9km/h以下になるとエンジンが停止するアイドリングストップシステムを採用
  • リアコンビランプ、ハイマウントストップランプをLEDへ変更、燃料ポンプシステムの改良により省電力化
  • サスペンションパーツ、ドライブシャフト、フルホイールキャップなどの軽量化
  • 軽量かつ空力特性の優れたフロントバンパーの採用

その他

  • 専用色「リーフホワイト」を設定

■「キャロル エコ」の機種体系およびメーカー希望小売価格は以下のとおり

モデル名 エンジン 駆動 変速機 メーカー希望小売価格
(消費税込)
減税
レベル*3
ECO-L 660
DOHC
VVT
2WD(FF) CVT 905,500円 免税
ECO-S 1,005,500円

- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にはリサイクル料金9,340円が別途必要。

*1: 2012年11月現在、マツダ調べ。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)。ハイブリッド車を除く。
*2: JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)。
*3: 環境対応車普及促進税制による減税措置。
*4: GS(CVT)との比較。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

マツダ、新型軽自動車「フレア」発売!

マツダの新型!
まぁ、ぶっちゃけ、ワゴンRのバッジチューンですよね。
機能装備やインテリアとか若干違うのかな?

マツダ・フレア XS(Mazda Flair XS)

マツダ・フレア XS(Mazda Flair XS)


<press release>

新型「マツダ フレア」、「マツダ フレア カスタムスタイル」を発売
-全車、エコカー減税の免税対象-

マツダ株式会社は、軽自動車『マツダ フレア*1』および『マツダ フレア カスタムスタイル』を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて本日より発売します。

新型「フレア」および「フレア カスタムスタイル」は、減速エネルギー回生技術「エネチャージ」、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」を採用し、優れた燃費性能を実現しています。全車がエコカー減税*2の免税対象です。あわせて同車は、「広い室内空間と優れた乗降性を可能にしたパッケージング」と「使い勝手のよい機能と装備」を兼ね備えており、お客様の快適な生活をサポートする軽自動車です。

新型「フレア」は親しみやすい外観とインテリア、新型「フレア カスタムスタイル」は、スポーティな外観と、黒を基調とした質感の高いインテリアを採用しています。また、「フレア カスタムスタイル XT」にはターボエンジンと7速マニュアルモード付CVTを搭載しており、よりスポーティな走りを楽しめます。

■新型「フレア」および「フレア カスタムスタイル」の商品概要は以下のとおり
エネルギー効率を高める低燃費技術

  • 減速エネルギー回生技術「エネチャージ」を採用し、減速時の運動エネルギーを変換した電気を電装品に使用し、エンジンの発電負担を軽減。
  • ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンが自動停止する「アイドリングストップシステム」を採用し、燃料の消費を抑制。
  • アイドリングストップ中の送風を蓄冷材で冷風にし、室温上昇を抑えることで、エンジン停止時間を延ばす技術「エコクール」を採用。
  • 運転中にスピードメーター照明色で燃費の良い運転状態を表現する「エコドライブアシスト照明」と、運転終了時にエコドライブ度を100点満点で採点する「エコスコア」で環境に配慮した運転をサポート。
  • DOHC VVTエンジンと副変速機構付CVTで力強い走りと低燃費を両立。「フレア カスタムスタイル XT」には、より力強い加速力を発揮するDOHC VVTターボエンジンと、スポーティな走りを楽しめる7速マニュアルモード付CVTを搭載。

広い室内空間と優れた乗降性を可能にしたパッケージング

  • 室内長2,165mm、前後乗員間距離1,000mmの大人4人が快適に過ごせる広い室内空間と、コンパクトな最小回転半径4.4m(14インチタイヤ装着車)を両立。
  • フロントドア/リアドアの広い開口部と、低めでフラットなドアステップにより、優れた乗降性を実現。

 

使い勝手のよい機能と装備

  • 広い開口部のバックドアと低めの開口地上高で、積載しやすい荷室エリアを確保。
  • 「助手席前倒し機構」、「リアシートワンタッチチルトダウン(分割可倒式)」、「フルフラットシート」で、多彩なシートアレンジを実現。
  • 全席独立のリクライニング&スライド機能を採用。
  • サンダルや折り畳み傘などの車載に便利な「助手席シートアンダーボックス」や、手提げ袋などを掛ける「ショッピングフック」、箱型ティッシュも置ける「助手席インパネトレイ」などの、使いやすく豊富な収納スペースを確保。
  • カバンやポケットなどにキーを入れたままでもドアの施錠・解錠や、エンジンの始動をワンプッシュで行うことが可能な「アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステム」を「XG」を除く全車に採用。

全車標準装備の安全性能

  • 「ヒルホールドコントロール」を採用し、登坂発進時、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる間、車両の後退を抑制。
  • 「4W-ABS(4輪アンチロック・ブレーキ・システム)&EBD(電子制御制動力配分システム)&ブレーキアシスト」で急ブレーキ時の操作性をサポート。

デザイン

[フレア]
親しみやすいエクステリア/インテリアデザインを採用。

  • ボリューム感の中にも質感を感じさせる縦型ヘッドランプと、さりげないオシャレを演出したシンプルなメッキタイプのフロントグリルを施したエクステリアデザイン。
  • 明るく暖かみのあるグレーとベージュの2トーンカラーのインテリアパネルを採用。

[フレア カスタムスタイル]

スポーティなエクステリアデザインと、質感の高いインテリアデザインを採用。

  • ピアノブラック調を主体に、メッキアンダーラインを配したグリルと、丸目4灯イメージの横型ヘッドランプを採用し、スポーティ感を演出。
  • 黒を基調とし、シルバー加飾やピアノブラック調パーツをあしらい、質感を高めたインテリアデザイン。
  • ターボエンジンを搭載した「XT」には、専用デザインの15インチタイヤ&アルミホイールと、シフトスイッチ付ステアリングを採用。

■新型「フレア」、「フレア カスタムスタイル」の機種体系およびメーカー希望小売価格は以下のとおり
[フレア]

機種 エンジン 駆動 変速機 メーカー希望小売価格
(消費税込)
減税
レベル*1
JC08
モード燃費
XG 660
DOHC
VVT
2WD(FF) CVT 1,151,850円 100% 28.8km/L
フルタイム4WD 1,269,450円 27.8km/L
XS 2WD(FF) 1,270,500円 28.8km/L
フルタイム4WD 1,388,100円 27.8km/L

[フレア カスタムスタイル]

機種 エンジン 駆動 変速機 メーカー希望小売価格
(消費税込)
減税
レベル*1
JC08
モード燃費
XS 660
DOHC
VVT
2WD(FF) CVT 1,354,500円 100% 28.8km/L
フルタイム4WD 1,472,100円 27.8km/L
XT 660
DOHC
VVTターボ
2WD(FF) CVT
(7速マニュアル
モード付)
1,517,250円 26.8km/L
フルタイム4WD 1,634,850円 25.0km/L

- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にはリサイクル料金8,870円が別途必要。
- 特別塗装色「パールホワイト」、「ミステリアルバイオレットパール」を選択した場合は21,000円高(消費税込)。
- 「フレア XS」、「フレア カスタムスタイル XS」のAM/FMラジオ/CDプレーヤー装着車は21,000円高(消費税込)。

*1: 車名のフレア(Flair)は、「才能、ひらめき、お洒落」を意味する英語に由来し、使い勝手の良さ、室内空間の広さといったこのクルマの多くの「才能」を表現している。
*2: 環境対応車普及促進税制による減税措置。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

マツダ、新型アテンザを「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」に出展

新しいアテンザがミッドタウンで公開されるそうです。
モスクワとパリモーターショーでも大々的に公開され、国内でも今月から予約開始になってますね。
SkyActive-Dのディーゼルが話題になってますが、ガソリンも結構いいみたいです。

マツダ・アテンザ(Mazda Atenza)


新型「マツダ アテンザ」を「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」に出展
-「魂動」デザインを象徴する「ソウルレッドプレミアムメタリック」を特別展示-

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、11月20日(火)発売予定の新型『マツダアテンザ』を10月26日(金)から11月4日(日)の間、東京ミッドタウンで行われる、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」に出展します。展示車は、マツダの「魂動(こどう)」デザインを象徴する新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」のセダン及び「ブルーリフレックスマイカ」のワゴンを予定しています。

 今年で6回目を迎える「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」のテーマは「デザインとあそぶ」。“デザイン”という存在を堅苦しく考えず、身近な遊びや日常生活の中で楽しみながらデザインに触れ、感じることができるコンテンツを東京ミッドタウン全体で展開します。マツダは、生命感と品格をあわせ持つ「魂動」デザインを具現化した新型『アテンザ』のプロトタイプを特別展示し、デザインのプロセスに実際に触れられる体験ブースも設置します。

イベント名:「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」
日程:10月26日(金)~11月4日(日)
場所:東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア 東京都港区赤坂9丁目7-1
展示車両:
    新型『アテンザ』 プロトタイプ 2台
    (1)セダン XD Lパッケージ(プロトタイプ)「ソウルレッドプレミアムメタリック」
    (2)ワゴン XD Lパッケージ(プロトタイプ)「ブルーリフレックスマイカ」
URL: http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2012/

 今回、展示予定車のセダンに採用している新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」は、「魂動」デザインを持つ新型『アテンザ』の躍動感あふれるデザインを最大限に際立たせています。これまで実現が難しかった躍動的な造形を際立たせる「強い陰影・深み」と、「鮮やかさ」の要素を高い次元で両立しています。

 「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装される「ソウルレッドプレミアムメタリック」は、マツダの環境対応塗装技術である「スリーウェットオン塗装」の通常工程で塗装することができます。塗装工程の高い環境性能は維持しながらも、メタリック塗装に使用されるアルミフレークを平らに配置させる技術や、ミクロン単位で従来の倍以上の精度で塗膜をコントロールすることで今までにない鮮やかな発色を実現しています。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

マツダ 新型アテンザの予約開始

ついに新しいアテンザの予約が開始しました。
全車SKYACTIVE(スカイアクティブ)を搭載しており、とくにCX-5で話題のSKYACTIVEディーゼル!
ディーゼルモデルにはMTも設定されて期待大です

マツダ アテンザ セダン XD Lパッケージ(MAZDA Atenza sedan)

マツダ アテンザ セダン XD Lパッケージ(MAZDA Atenza sedan)


<press release>

新型「マツダ アテンザ」の予約受注を開始
-新次元の「走る歓び」を創出する世界基準の新世代フラッグシップモデル-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型『マツダ アテンザ』の予約受注を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて、明日10月6日より開始いたします。メーカー希望予定小売価格は消費税込みで2,500,000円~3,400,000円、発売は11月後半を予定しています。

新型『アテンザ』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」*とデザインテーマ「魂動(こどう)- Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群の第2弾です。これにより「生命感と品格をあわせ持つデザイン」表現を極め、一目見ただけでも感じられる上質な「走る歓び」を表現しています。

新型『アテンザ』には、3種類のエンジンを設定しました。圧倒的な力強さと低燃費を実現したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、あらゆる走行シーンで意のままの走りを追求したガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、そして豊かなトルクと静粛性を高次元で両立した新開発ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」を新たにラインナップしています。さらに「SKYACTIV-D 2.2」には、軽快で節度感のあるシフトフィールを提供する「SKYACTIV-MT」(6MT)車を設定しました。

「魂動」デザインを象徴するイメージカラーとして、新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を採用しました。これまで実現が難しかった躍動的な造形を際立たせる「強い陰影・深み」と、スポーティさを訴えかける「鮮やかさ」という二つの要素を高レベルで両立させました。こだわりをもつ職人の手で作り出すような精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装されます。

(安全・環境性能)
新型『アテンザ』では、運転手が安全に運転できる状態を最大限に確保し、事故のリスクを最小限に抑制することを目指す、マツダ独自の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ プロアクティブ セーフティ)」に基づき、世界基準の先進安全技術である「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」を採用しています。「i-ACTIVSENSE」は、この安全思想に基づき開発したミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況で衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術だけでなく、より早い段階から運転手の認知支援を行うアクティブセーフティ技術も積極的に取り入れることで、認知・判断を助け、安全なドライビングをサポートします。

また、マツダ独自のアイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)」に加え、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシタを採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を搭載し、実用域での燃費性能を大幅に向上させています。

なお、東京、広島において以下の会場で新型『アテンザ』(プロトタイプ)を出展する予定です。

イベント名: 「お台場学園祭2012」
日程: 10月6日(土)~8日(月)
場所: 10月6日(土) 日本科学未来館
10月7日(日) アクアシティお台場3階
10月8日(月) MEGA WEB(MEGA WEBフェスタinお台場学園祭)
展示車両: 新型『アテンザ』セダン(プロトタイプ)
URL: http://www.odaibagakuensai.com/
お問合せ: 「お台場学園祭2012実行委員会」事務局
TEL.03-6431-9511(10時~18時)

イベント名: 「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」
日程: 10月26日(金)~11月4日(日)
場所: 東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア
展示車両: 新型『アテンザ』セダン(プロトタイプ)
URL: http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/2012/

イベント名: 「広島モーターフェスティバル2012」
日程: 10月6日(土)、7日(日)
場所: 広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップ駐車場
展示車両: 新型『アテンザ』セダン(プロトタイプ)、ワゴン(プロトタイプ)
URL: http://www.vehicle.city.hiroshima.jp/VEHICLE_HP/Contents/01_home/0100_top/top.asp

※各展示場所および車両は、予告なく変更もしくは追加することがあります。あらかじめご了承下さい。

* 「SKYACTIV」とは、「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で両立することを目標に、開発しているエンジン(ガソリン・ディーゼル)、トランスミッション、ボディ、シャシーなどの新世代技術の総称

■新型『アテンザ』のメーカー希望予定小売価格は以下の通り

ボディ
タイプ
機種 駆動 エンジン 変速機 メーカー希望予定
小売価格(消費税込)
セダン 20S 2WD SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,500,000円
25S
L Package
SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
3,000,000円
XD
(クロスディー)
SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,900,000円
SKYACTIV-MT
(6MT)
3,026,000円
XD
L Package*
SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
3,400,000円
ワゴン 20S 2WD SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,500,000円
25S
L Package
SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
3,000,000円
XD
(クロスディー)
SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
2,900,000円
SKYACTIV-MT
(6MT)
3,026,000円
XD
L Package*
SKYACTIV-DRIVE
(6EC-AT)
3,400,000円

- メーカー希望予定小売価格は、全国統一価格
- ボディカラーは全7色。特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は52,500円高(消費税込)
 「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は31,500円高(消費税込)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード