レッドブル・レーシングを記念したメガーヌとトゥインゴ

ルノーから、エンジンを供給しているレッドブル・レーシングが、2011年にコンストラクターズチャンピオンに輝いたことを記念した特別仕様車がまもなく登場する。

対象は、ホットハッチたる「トゥインゴR.S.」と、ニュルブルクリンクFF車最速を誇る「メガーヌR.S.」だ。

どちらも、走行面には手を加えずに、デカールやデザインのみの加飾にとどまるが、黒とイエローのコントラストが、本来持っているそのポテンシャルを感じさせる一台だ。

ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7(RENAULT MEGANE RENAULT SPORT REDBULL RACING RB7)

ルノー・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7(RENAULT MEGANE RENAULT SPORT REDBULL RACING RB7)


レッドブル・レーシングの2011年F1世界選手権コンストラクターズ
チャンピオン獲得を記念したスポーツモデル 2モデルを11月中旬に発売

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:大極 司)は、ルノーがF1世界選手権でエンジンを供給するレッドブル・レーシングの2011年コンストラクターズ(チーム)  チャンピオン獲得を記念して生産された、トゥインゴ ルノー・スポールの限定車トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7と、メガーヌ ルノー・スポールの限定車メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7の2モデルをそれぞれ台数限定で、11月中旬に発売します。

この限定車は、トゥインゴ ルノー・スポール/メガーヌ ルノー・スポールの高い走行性能はそのままに、内外装をレッドブル・レーシングのF1マシンをイメージさせるデザインとしたほか、RED BULL RACINGロゴデカール、シリアルプレートが装備されています。

この限定車は、全国17店舗のルノー・スポール スペシャリストディーラーでのみ販売されます。

10月20日(土)、21日(日)に、お台場で開催されるモータースポーツジャパン ふれあい試乗会&体験会会場に、トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7を展示します。

【限定車の概要】
モデル名称: 
・トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7
・メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7 

発売時期: 2012年11月中旬

販売店舗: 全国17店舗のルノー・スポール スペシャリストディーラーでのみ販売


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

日産NV350キャラバンがF1レッドブルをサポート

日産は、コミューター「NV350キャラバン」を、鈴鹿でおこなわれるF1で、好調のレッドブル・レーシングチームのサポートカーとして提供することを発表しました。

レッドブルといえばエンジンはルノー、つまり日産。そのつながりでのサポートのようです。

日産 NV350 キャラバン レッドブル・レーシング

日産 NV350 キャラバン


<press release>
「NV350キャラバン」がF1日本グランプリにてレッドブル・レーシングチームをサポート
-スタッフの輸送等に供され、同チームのレースオペレーションを支援-

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス・ゴーン)は、10月5日より開催されるF1日本グランプリ(GP)において、同GPに参戦するレッドブル・レーシングチームに対し、本年6月の新発売以降大いに好評を博している「NV350キャラバン」を8台供与します。同車両はレッドブル・レーシングのロゴをまとい、同チームのスタッフ等の輸送に活用され、そのレースオペレーションの一角を担います。

日産自動車は、同社のラグジュアリーブランドであるインフィニティ、F1レッドブル・レーシングチーム、ルノー間で確立されていたパートナーシップをより深める形で、今年度よりレッドブルチームと小型商用車(LCV)のグローバル公式サプライヤ契約を結んでいます。チームの本拠地(英国・ミルトンキーンズ)や世界中のF1シリーズ開催地において、「NV200」*や「NV400」をはじめとする30台以上の車両を提供し、同レーシングチームの機材やスタッフ・ゲストの移動をはじめとする、あらゆる輸送ニーズに応えています。

4月の中国グランプリでは「NV200」 *や「シビリアン」が、6月のカナダグランプリでは「NV3500」が提供されるなど、各地域ごとのニーズにあわせた形で、各種の車両が供与されており、今回の日本グランプリでは、多用途な使い方に対応できる「NV350キャラバン」が選ばれました。

日産自動車の村上秀人執行役員(LCV事業本部担当)は、「当社のホームマーケットである日本のグランプリにおいて、世界最高峰のF1チームであるレッドブル・レーシングチームに、『NV350キャラバン』を提供できることとなり、大変に喜ばしく思います。『NV350キャラバン』の多用途性や優れた利便性が、同チームの鈴鹿でのレースオペレーションを支え、レースにて好成績が生み出されることを願ってやみません。」と述べました。

レッドブル・レーシングのチーム責任者であるクリスチャン ホーナー氏は、「過酷で熾烈なF1の世界で戦っていくには、それを支援してくれるパートナー、特に、あらゆるレースにおいて我々の多様な運搬ニーズに応えてくれる、信頼できるパートナーが不可欠です。様々な場所への移動はF1の運営と切り離せないものであり、機材・スタッフ・ゲストの円滑な輸送が、我々の成功において、極めて重要なファクターなのです。今回の日本グランプリでは、『NV350キャラバン』が、我々のレースオペレーションを支えてくれることとなり、大変に心強い限りです。」と述べました。

本年6月に発売を開始した日本を皮切りに、世界各地での販売を進めていく「NV350キャラバン」は、「クラストップの低燃費」、「堂々として存在感のあるデザイン」、「広くて使い勝手の良い荷室空間」、「従来の商用車にはない先進装備」が、お客様から大変に高い評価をいただいております。また、「2012年度グッドデザイン賞」も受賞し、今冬には、ワイドバージョンの投入も予定しています。

*日本名はNV200バネット


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード