BMW6シリーズ グランクーペに【M】登場!

BMWのラグジュアリー4ドアクーペ「6グランクーペ」に、M車がチューンを施したスペシャルバージョンが追加されました。
搭載されるエンジンは560馬力を発揮するV8エンジンを搭載。
0-100km加速は4.2秒で完了し、最高速度はリミッター解除できる「Mドライバーズパッケージ」を装着すれば305km/hに達すると言います。
スタートダッシュに有利なローンチコントロール、より乗り心地を重視したロースピードアシスタント、エンジンオートスタートストップ機能なども採用しているところが現代っぽいですよね。

リリース

A supreme combination of high performance and luxury: The BMW M6 Gran Coupe.

A third body variant of the BMW M6 high-performanc e sports car is set to be presented for the first time as the BMW M6 Gran Coupe joins the existing Coupe and Convertible models in the line-up. The new member of the M6 family brings together customary M performance characteristics with extra helpings of luxury and aesthetic appeal. The high-revving V8 enginewith M TwinPower Turbo technology and 412 kW/560 hp propels the BMW M6 Gran Coupe from 0 – 100 km/h (62 mph) in 4.2 seconds. And the elegantly sporty lines of the four-door Coupe are complemented by bespoke features, such as the carbon fibre-reinforced plastic (CFRP) roof. The greater interior space of the BMW M6 Gran Coupe allows two rear passengers to enjoy generous levels of on-board comfort, and there is also a third rear seat for use on shorter journeys.

Design: the beauty of majestic power delivery.
Hallmark M design features influenced directly by technical considerations – such as cooling air requirements, chassis geometry, weight balance and aerodynamics – open a clear window into the performance capability of the BMW M6 Gran Coupe. The front of the car is dominated by its large air intakes, standard Adaptive LED Headlights and an M kidney grille designed especially for this model. From the side, the first four-door Coupe in the BMW M GmbH ranks is clearly distinguishable from the BMW M6 Coupe thanks to its rear doors and 113-millimetre longer wheelbase. The low roofline flowing smoothly into the rear, the swage line – which takes in the door openers – and side windows extending well into the C-pillars accentuate the dynamically stretched silhouette.
Prominently flared wheel arches draw the eye to a track width specific to the BMW M6 Gran Coupe. The characteristic M gills, aerodynamically optimised exterior mirrors, standard BMW Individual High-gloss Shadow Line package and exclusive 20-inch M light-alloy wheels in double-spoke design underline the car’s distinctive appearance, as does another M signature – twin exhaust tailpipes positioned on the outer edges of the rear apron. Also integrated into the rear apron, and charged with the task of optimising airflow along the car’s underbody, is a diffuser made from CFRP.
This extremely lightweight, impressively strong high-tech material is used in the construction of the roof as well. Here, the visible carbon structure provides an eye-catching feature, as does a dynamic recess in the centre of the roof. This recess is referenced stylistically inside the car, the anthracite-coloured Alcantara roof liner gaining a central section in leather.
Emulating the harmonious blend of athletic prowess and elegance embodied by the exterior design, the distinctively M cockpit fuses sports car style with generous levels of space and a luxurious ambience. The driver and front passenger can look forward to M sports seats with integral belt guides. And the BMW M6 Gran Coupe’s standard specification also includes Merino leather upholstery with extended features. The rear compartment offers two or three seats, the backrests of which can split and fold down in a ratio of 40 : 60 to increase boot capacity from 460 to as much as 1,265 litres.

V8 engine with M TwinPower Turbo technology, seven-speed
M Double Clutch Transmission with Drivelogic, Active M Differential.
The powertrain technology under the skin of the BMW M6 Gran Coupe guarantees the performance characteristics for which M Automobiles are renowned. The V8 engine with M TwinPower Turbo technology produces 412 kW/560 hp. Its technical wizardry includes a pair of twin-scroll turbochargers, a cross-bank exhaust manifold, High Precision Direct Petrol Injection, VALVETRONIC variable valve timing and Double-Vanos continuously variable camshaft control. The 4,395 cc unit keeps peak torque of 680 Newton metres (502 lb-ft) on tap between 1,500 and 5,750 rpm, while maximum output is developed between 6,000 and 7,000 rpm. The engine revs to a maximum of 7,200 rpm. The BMW M6 Gran Coupe sprints from 0 to 100 km/h (62 mph) in 4.2 seconds on the way to an electronically governed top speed of 250 km/h/155 mph (305 km/h/189 mph if the optional M Driver’s Package is specified). Average fuel consumption in the EU test cycle stands at 9.9 litres per 100 kilometres (28.5 mpg imp) and CO2 emissions are 232 grams per kilometre.
Taking care of power transfer is a seven-speed M Double Clutch Transmission with Drivelogic. The transmission’s electronic management system ensures the right gear is selected for optimum traction. It also offers the driver a Launch Control function for maximum acceleration, Low Speed Assistance for extra comfort and the Auto Start-Stop function to enhance efficiency.
Under particularly dynamic acceleration out of corners, as well as in tricky road and weather conditions, the Active M Differential at the rear axle distributes the engine’s power between the individual wheels to maximum traction-enhancing effect. Its electronically controlled multi-disc limited-slip differential works hand-in-hand with the DSC (Dynamic Stability Control) system and splits drive between the right and left rear wheels quickly and precisely according to the situation at hand.

Chassis technology developed to M specification.
The chassis technology of the BMW M6 Gran Coupe is also geared to harnessing the car’s sporting potential in the cause of supreme performance. Like the integral rear axle, the double-wishbone front axle has specific kinematics and components made from forged aluminium. Chassis mountings using large panels ensure dynamic forces are passed evenly through to the body. The BMW M6 Gran Coupe comes as standard with an M-specific version of the Dynamic Damper Control system and hydraulic variable-ratio rack-and-pinion steering with the M Servotronic function.
As an alternative to the standard high-performance compound braking system, the BMW M6 Gran Coupe can also be ordered with M carbon-ceramic brakes. Made from a new type of carbon-fibre compound ceramic, the discs boast even greater resistance to heat, lower weight and exceptional resistance to wear.
Arranged around the gearshift lever on the centre console of the BMW M6 Gran Coupe are the buttons used to configure all the adjustable powertrain and chassis functions to personal tastes. The DSC mode,engine performance characteristics, Dynamic Damper Control mapping,M Servotronic responses and M DCT Drivelogic shift program can be selected independently of each other. All of which means the driver can put together a detailed set-up and store those settings on one of the two M Drive buttons on the multifunction steering wheel.

Exclusive and individual: high-quality range of equipment.
The standard equipment fitted on the BMW M6 Gran Coupe includes 20-inch M light-alloy wheels, leather trim, heated driver and front passenger seats, automatically dimming rear-view and exterior mirrors, an alarm system and the BMW Professional radio with hi-fi loudspeakers. Available as an alternative to the standard 2-zone automatic climate control is a 4-zone system with a control panel in the rear compartment. Among the other highlights of the options list are M multifunction seats, heated rear seats, Comfort Access, a heated steering wheel, the Soft Close Automatic function for the doors, electrically operated sun blinds, the new generation of the Professional navigation system and a Bang & Olufsen High End Surround Sound System.
The BMW M6 Gran Coupe also comes with a variety of BMW ConnectedDrive features, such as an M-specific BMW Head-Up Display, Park Distance Control, a rear-view camera, High Beam Assistant, Speed Limit Info, Lane Change Warning, Lane Departure Warning, Surround View and BMW Night Vision with pedestrian recognition. Customers can also integrate their Apple iPhone or other smartphones into the car and make use of internet-based services while on board.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

ハスクバーナ、ダカールラリー2013参戦のスペシャルマシン公開!

想像を絶する冒険ラリー。
かつて、パリからダカールへ、道なき道を走破する【パリ・ダカール・ラリー】と呼ばれていた伝説のマラソンラリー。

来年1月5日にスタートする今年の【ダカールラリー2013】は南米大陸を舞台に15日、ペルーのリマからチリのサンテイアゴへ、およそ8000キロを走破するスケジュールで開催されます。

この過酷なラリーが開催される灼熱の大地に、厳寒の北欧、スウェーデンから乗り込んでいくバイクメーカーが【ハスクバーナ】です。
ハスクバーナはダカールラリーに参戦するスペシャルマシン【TE449RR】を公開しました。

なんでか意外ですね。
個人的にはハスクバーナというと、軽量な2ストモトクロスで、ピョンピョン飛ぶように、ものすごいスピードで荒れ地を駆け抜けていくってイメージがあるので、こんな戦車のような重装甲バイクのイメージがあんまりないんですよね。

去年、2012年大会でデビューした449RRにとって、今回は2度目のダカールラリー。
すでにダカールの前哨戦といわれるファラオラリーで総合優勝を成し遂げているTE449RRは実は今回、ハスクバーナだけでなく、BMWからも強力なサポートを受けて長いラリーを戦っていくとのこと。

今年は北欧のイケメンバイクは、どんな走りを見せてくれるのでしょうか? 楽しみですね。

リリース

Husqvarna Rallye Team by Speedbrain. 2013 Dakar Rally

Ready for the legendary desert rally.
Raw gravel routes, high sand dunes and deep riverbeds: this is the habitat of the Husqvarna rally bike. As such, it stands to reason that it should take on the ultimate challenge in off-road marathon racing – the Dakar Rally. The Husqvarna Rallye Team by Speedbrain will again have its sights set on the podium when it lines up at the 35th edition of the desert clas­sic in January 2013. The team from Stephanskirchen (GER) will receive factory support from Husqvarna Motorcycles and the BMW Group. The bike charged with achieving success in South America in January is the Husqvarna TE449RR by Speedbrain, which made its debut at the 2012 Dakar Rally and has since been further developed in all areas. This time, a total of five of the off-road bikes, which were devel­oped and assembled in Stephanskirchen, will line up at the start at the start. The four bikes of the team will be ridden by Joan Barreda (ESP), Paulo Gonçalves (POR), Alessandro Bot­turi (ITA) and Matt Fish (AUS). In addition, there is an agreement between Speedbrain and Jordi Viladoms (ESP), who will use a TE449RR as a privateer at the 2013 Dakar Rally.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

BMW正規ディーラー 株式会社Nakamitsu Carsが移転

BMW正規ディーラー 株式会社Nakamitsu Carsが、国道16号線沿いの千葉県千葉市稲毛区園生町377-1に移転、11月3日より営業を開始した。
営業時間は午前9時から午後7時まで。定休日は毎週水曜日となっている。
11月11日まで、オープニングフェアを開催している。

リリース

BMW正規ディーラー 株式会社Nakamitsu Carsが千葉市稲毛区の「千葉北営業所」を移転
ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)のBMW正規ディーラーである株式会社Nakamitsu Cars(代表取締役:三沢 靖宏)は、旧拠点の近隣、国道16号沿いに「千葉北営業所」(ショールーム)を移転し、本年11月3日(土)より営業を開始する。

新拠点は旧拠点同様国道16号線沿いに位置しているが、京葉道路穴川インターチェンジから車で1分という顧客にとってより利便性の高い場所に移転する。
新店舗の周囲には飲食店やカーディーラーが立ち並び、交通量や人通りも多く、ドライバーや歩行者からの視認性も高い。また、新店舗のある稲毛区は千葉大学をはじめとして多くの教育施設や研究施設が集まっておりBMWの潜在顧客が多く在住する。このような潜在的需要の見込める有望なエリアで、株式会社Nakamitsu Carsは、より多くの選択肢を顧客に提供することにより、顧客満足向上の実現を目指す。

千葉北営業所概要
所在地: 千葉県千葉市稲毛区園生町377-1
ショールーム電話番号: 043-207-1500
ワークショップ電話番号: 043-252-7117
代表取締役: 三沢 靖宏
営業責任者: 三沢 靖宏
拠点責任者: 穂坂 浩良
延べ床面積: (全体) 1,147㎡
(ショールーム) 419㎡
(ワークショップ) 125㎡
新車展示台数: 6台
ワークショップベイ数: 2ベイ
ショールーム営業時間: 9:00-19:00(定休日:水曜日)
ワークショップ営業時間: 9:00-19:00(定休日:水曜日)
営業開始日: 2012年11月3日(土)
オープニングフェア: 2012年11月3日(土)~11月11日(日)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

ついに日本上陸! BMWのビッグスクーターは恐るべき高性能マシーン!

BMWから登場した、大排気量エンジン搭載のスクーター。それらがいよいよ日本に上陸、販売を開始します。BMWファンの中には心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか?

BMWのスクーターといえばこれまでは2000年に発売された「C1」がありました。しかしまあ、屋根が付いていたり、衝突安全ボディを採用していたり、果てはシートベルトを採用し、ヘルメット非着用でも運転が可能だったりと、かなりチャレンジ志向の強いモデルというイメージでした。実際には日本の法律に適合しなかったため、日本にはごく少量上陸しただけ。もちろん、それらに関してもヘルメット着用が義務付けられていて、日本ではかなりの希少車……という扱いだったのですが……。

今回登場するのは「C 600 Sport」と「C 650 GT」の2車種。共に647ccの並列2気筒エンジンを搭載している。「C 600 Sport」はその名の通りスポーツモデルで、「C 650 GT」もグランドツーリングモデルという位置づけ。

ついに、ファンが待ちに待った大排気量エンジンの搭載モデルの登場です。

価格は「C 600 Sport」が112万円。「C 650 GT」が115万5,000円。どちらも11月9日に販売を開始します。

BMW C 600 Sport

BMW C 650 GT

搭載エンジンはすでに触れましたが647ccの並列2気筒エンジン。650ccの枠内に収まっているので、AT限定免許での運転も可能です。

驚くべきはそのエンジンスペックで、最高出力60ps、最大トルク66Nmを絞り出します。これは日本メーカーが製造、販売している、すべてのビッグスクーターを軽く凌駕するもので、世界的に見てもBMWの「C 600 Sport」と「C 650 GT」をスペックで上回る量産スクーターは、839ccエンジンを搭載し、最高出力75psを発生するジレラのスペシャルスクーター「GP800ie」しかありません。

大径キャストホイールや倒立フォーク、強力なストッピングパワーを生み出すフロントダブルディスク。角度調整が可能な、チルトウインドシールド(「GT」は電動「Sport」は手動)など、さすがBMWというべき装備。エンジン以外の装備もぬかりありません。「C 650 GT」が「R 1200RT」に、「C 600 Sport」が「S1000RR」にそれぞれ雰囲気が似ていて、なかなか高級感のあるデザインだとおもうのですがいかがでしょうか?

ラグジーな「GT」、スポーティな「Sport」、あなたはどちらがお好みですか?

「C 650 GT」                           「C 600 Sport」

 

リリース

「ニューBMW C 600 Sport」、「ニューBMW C 650 GT」登場。

  • BMW Motorrad初のマキシ・スクーターは、BMW Motorradならではの卓越した運動特性と、スクーター特有の俊敏性および走行快適性を高次元で融合。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)は、BMW Motorrad初のマキシ・スクーター「ニューBMW C 600 Sport(シー・ロッピャク・スポーツ)」、ならびに、「ニューBMW C 650 GT(シー・ロッピャク・ゴジュー・ジーティー)」を、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで、2012年11月9日(金)より販売を開始すると発表した。

 

持続可能な個人のモビリティの実現を目指すBMW Groupは、急激に進む都市化を背景に、ニューBMW C 600 SportおよびニューBMW C 650 GTの導入により、新たに「Urban Mobility(アーバン・モビリティ)」のカテゴリーにBMW Motorradのビジネスを拡大する。

マキシ・スクーター・セグメントにおいて初のプレミアム・モデルとなるニューBMW C 600 SportおよびニューBMW C 650 GTは、BMW Motorradの卓越した運動性能と、スクーター特有の俊敏性および走行快適性を融合し、新たな次元のダイナミックなライディング・エクスペリエンスを提供する。両マキシ・スクーターは、それぞれ異なる特徴を備え、幅広い顧客の要求に応えることが可能である。ニューBMW C 600 Sportは、よりスポーティな走りを好むライダー向けに開発され、一方で、ニューBMW C 650 GTは、長距離ツーリングでの優れた走行快適性を主眼に開発されたモデルである。
スポーティかつダイナミックなマキシ・スクーターであるニューBMW C 600 Sportは、フットレスト、シート、ハンドル・バーの3点のポジションを、人間工学的に最適なデザインとすることにより、アクティブなライディングを可能にする着座姿勢を生み出している。
一方で、ニューBMW C 650 GTは、ライダーおよびパッセンジャーに快適な乗り心地を提供するため、リラックスできる直立した着座姿勢を可能にするライダー・シートや、調整式バックレスト、ハイ・ハンドルバー、ならびに、パッセンジャー・フットレストを組み合わせることにより、優れたツーリング性能と長距離走行における高い快適性を実現している。さらに、ニューBMW C 650 GTでは、大型の電動制御式ウインドシールドを採用し、優れた防風および防雨性能を備える。

メーカー希望小売価格(消費税込み)

モデル エンジン トランス
ミッション
希望小売価格
BMW C 600 Sport 647cc
水冷4ストローク
並列2気筒DOHC
44kW(60ps)/7,500rpm
66Nm/6,000rpm
 

CVT

¥1,120 ,000
BMW C 650 GT ¥1,155 ,000

■  上記メーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。

 

 

パワフルな並列2気筒エンジン、滑らかかつ快適な加速を提供するCVTギヤ・ボックス。

ニューBMW C 600 SportおよびニューBMW C 650 GTの両モデルは、最高出力44kW(60ps)/7,500rpm、最大トルク66Nm/6,000rpmの優れたパフォーマンスを発揮する新開発並列2気筒エンジン(排気量647cc)を搭載する。この卓越したパワーは、滑らかかつ快適な加速をもたらすCVT(無段変速機)ギヤ・ボックスを通じて無駄なく路面に伝えられる。

 

軽快なハンドリング性能と高い走行安定性を提供するサスペンション・システム。

高速走行における直進安定性と市街地走行における軽快なハンドリング性能の両立を実現するため、サスペンション・システムには、ねじり剛性の高い鋼管ブリッジ・フレームとアルミニウム・ダイキャスト・ユニットから成るハイブリッド素材を採用している。また、フロントには、40mmの大型フォーク径をもつ倒立式フォーク、リヤには左側に水平配置のサスペンション・ストラットが採用され、スポーティかつ快適な走行性能を実現している。

BMW Motorrad ABSを標準装備した高性能ブレーキ・システム。

フロント・ホイールのダブル・ディスク・ブレーキとリヤ・ホイールのシングル・ディスク・ブレーキ(各270mm径)から成る大型の高性能ブレーキ・システムを採用している。また、標準装備のBMW Motorrad ABSにより、高水準の安全性が確保されている。

 

ニューBMW C 600 SportおよびニューBMW C 650 GTの革新的な特徴の数々。

  • ニューBMW C 600 Sportは、世界初のBMWフレックスケースを車体後部のシート下に備え、バリエーションに富んだ収納コンセプトを実現。これにより、スポーティな形状のリヤ・セクションを実現すると同時に、停車時にヘルメット2個を収納可能。
  • ニューBMW C 650 GTでは、シート下の容量約60リッターのストレージ・コンパートメントに、ヘルメット2個ならびにその他の用具類を収納可能。
  • サイドスタンドに連動して自動的に作動するパーキング・ブレーキ。
  • マルチファンクション・メーター・パネル(オンボードコンピュータ付き)。
  • 電動(ニューBMW C 650 GT)または手動(ニューBMW C 600 Sport)調整式ウインドシールドによる、最適な防風および防雨性能を発揮。
  • グリップ・ヒーター及びシート・ヒーターを標準装備。
  • 豊富なオプション装備およびカスタムメイドのアクセサリーの数々。

 

 

 

 


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

iPhoneでMINIを強化するアプリ登場

日本でも、iPhoneを経由してMINIのナビやエンタメ機能、車両情報などを強化できる「MINI Conneced」が開始されたそうです。

今でもiPhoneでナビ使えるよ、というのは早計です。あれは携帯電話のGPS情報のみですが、このシステムを導入すると、据え付けのナビとおなじく、車速やステアリング角度もフィードバックされ、より正確な位置情報を取得することができるのです。このほかにも、走行状態にあわせてミュージックセレクトする機能や、オンボードコンピューターのように情報を表示する機能もあるそうです。

でも、通常のナビも視野に入る値段です、、、

ミニ・クーパーS(MINI Cooper S)


<press release>
2012年10月29日
iPhoneを使用した”MINIナビゲーション・パッケージ”と”MINIコネクテッド”が誕生
iPhoneを車両に取り付けることによりMINIの機能性が格段にアップ。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)は、同社の扱うブランドMINIより販売中のMINI全モデルに、iPhoneを活用しよりドライバーとクルマのコミュニケーションを図る2つのアプリケーション「MINIナビゲーション・パッケージ」と「MINIコネクテッド」を設定し、本日より全国のMINI正規ディーラーで販売を開始すると発表した。

MINIナビゲーション・パッケージ
iPhoneにMINI専用のナビゲーション・アプリ「MINI NAVI」をダウンロードし、MINIナビゲーション・パッケージ装備の車両にiPhoneを取り付けることで、車両に装備されているジョイスティックでのナビゲーションの操作が可能となる。車両の車速データ、および、ステアリング角度の情報をナビゲーションに活用する事でトンネル等のGPSデータが無い場所でも精度の高い現在地を示す事が可能になる。

MINIナビゲーション・パッケージ希望小売価格: 145,000円

 ナビゲーション・パッケージには、MINIビジュアル・ブースト、iPhoneホルダー、MINIコネクテッドが含まれます。
 「MINI NAVI」アプリケーションは別途年額6,100円かかります。

MINIコネクテッド
iPhoneにMINI専用のアプリ「MINIコネクテッド」をダウンロードし、オプションのMINIビジュアル・ブースト装備車両にiPhoneを取り付けることで、車両に装備されているジョイスティックでの操作を通じ、MINIビジュアル・ブーストのディスプレイに、下記の情報を表示させることが可能となる。

 ダイナミック・ミュージック 本機能はアプリケーション内にある専用の音楽を、車両の走行状況に合わせて曲調が変わるとてもユニークな体験が出来る機能である。例えば、車速がアップするにつれ楽器が増え、MINIとの一体感が味わる。
 ドライビング・エキサイトメント エンジン温度や出力、回転数といったエンジンに関する情報をビジュアル化し、MINIビジュアル・ブーストのディスプレイに表示させる機能である。また、MINI独自のゴーカート・フィーリングをより楽しめるよう、車両にかかった遠心力を視覚的に表現することも可能である。
 ミニマリズム・アナライザー ドライビング・スタイルがどれだけ効率的かを、MINIビジュアル・ブーストのディスプレイに表示させることが可能である。保存された過去のドライビング・メーターと比較可能であり、また、チュートリアル機能により、より一層の効率的なドライビング・スタイルをガイドすることも可能である。
 Facebook/Twitter 友達のコメントや写真などがセンターメーター内のスクリーンでいつでも確認出来る。Facebookでは「いいね!」の送信も可能であり、いつでもどこでも友達とつながる事が可能である。また、事前にアプリ内にツイートしたい文章を登録しておくことで、車内からもコメントやツイートが可能となる。
 ニュース RSSフィードを、MINIビジュアル・ブーストのディスプレイに表示させることが可能である。

MINIコネクテッド希望小売価格: 25,000円
 MINIコネクテッドを使用するには、別途、MINIビジュアル・ブーストが必要となります。

BMW Group Studioに展示
iPhoneを使用したMINIナビゲーション・システムおよびMINIコネクテッドの展示を、MINI正規ディーラーでの展示に先駆け、BMW Group Studio(千代田区丸の内1-9-2)において2012年11月8日(木曜日)から11月22日(木曜日)まで行なう予定である。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

MINI John Cooper Worksの全モデルに、オートマチック・トランスミッション搭載モデルを追加

ミニ一族の荒くれ者JCWモデルも、2ペダルドライブの時代に。

MINI John Cooper Works

ミニ ジョン・クーパー・ワークス


Press Release
MINIのハイ・パフォーマンス・サブ・ブランド「MINI John Cooper Works」の全モデルに、オートマチック・トランスミッション搭載モデルを追加

・エンジンに改良を加え、全モデルのエンジンに環境対応技術の「バルブ・トロニック」と「ダイレクト・インジェクション」技術を採用し、低燃費で高出力に。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)は、同社の扱うブランドMINIの中で、エンジン出力およびトルクが最大となるハイ・パフォーマンス・サブ・ブランド「MINI John Cooper Works(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス)」の全モデルに、オートマチック・トランスミッション搭載モデルを追加して、本日より全国のMINI正規ディーラーで販売を開始すると発表した。

あわせて、全ラインアップに搭載のエンジンにエキサイティングをそのままに環境性能を高める技術である「バルブ・トロニック」と「高精度ダイレクト・インジェクション」技術を新たに採用した。これらの技術の採用により、155kW(211ps)/ 6,000rpmの最高出力および1,850rpmの低回転から5,600rpmまで一定して発揮される最大トルク260Nmにより、力強い走りを可能にしている。さらに、オーバーブースト機能により、2,000rpmから5,200rpmにおいて280Nmまで最大トルクを高めることが可能である。

メーカー希望小売価格(消費税込)

    モデル名                     エンジン             トランスミッション  価格
MINI John Cooper Works          1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速MT  ¥3,900,000

MINI John Cooper Works          1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速AT  ¥4,030,000

MINI John Cooper Works Convertible  1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速MT  ¥4,400,000

MINI John Cooper Works Convertible  1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速AT  ¥4,530,000

MINI John Cooper Works Clubman    1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速MT  ¥4,170,000

MINI John Cooper Works Clubman    1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速AT  ¥4,300,000

MINI John Cooper Works Coupé     1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速MT  ¥4,260,000

MINI John Cooper Works Coupé     1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速AT  ¥4,390,000

MINI John Cooper Works Roadster   1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速MT  ¥4,510,000

MINI John Cooper Works Roadster   1.6L直列4気筒ターボチャージャー   6速AT  ¥4,640,000

■ 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

BMW M5 vs テスラ・モデルS

アメリカの自動車雑誌のサイト「automobile」が、BMW M5とテスラの新型EV「モデルS」のドラッグレースの模様をYoutubeにて公開しています。

すでに予約も開始され、国内納車は2013年中旬とアナウンスされている、テスラ・モデルSのその卓越した運動性能をチェック、です。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード