メルセデス、来年投入のCLAクラスから新しい四駆機構を投入

メルセデス・ベンツは、来年新規に投入されるCLAクラスのAMG版から、新しい四輪駆動システムを投入するそうです。
CLAクラスは、予約が始まったばかりのAクラスをベースに、4ドアクーペとして仕立てたクルマです。コンセプト・スタイル・クーペという名称で、コンセプトモデルが今年発表されてましたが、そのプロダクトバージョンです。
基本はおそらくAクラスとおなじくFFで、1.8リッターとかのエンジンを搭載するのでしょうが、これにはAMG版が予告されています。それが、「CLS 45AMG」。AMGとしては初の4気筒エンジンです。

これに組み合わされるのは、7速デュアルクラッチこと7DCT。そして、今回発表になった、新型4MATICです。
これは、燃費に有利なFFを基本とするものの、可変トルク配分を備え、必要に応じて後輪へ動力を廻します。

この新しい4MATICは、このCLAのみならず、今後、Cクラス、Eクラス、CLSクラスといった乗用車、MクラスやGクラスといったSUVの4MATICモデルも順次置き換えられてゆくそうです。

ついでに、CLAの実験車両も公開されていて、まとまりのある流麗なプロポーションがはっきりと見えます。艤装のシマシマに「4MATIC」と書いてあるセンスは、どうなんだろう……


Stuttgart. From next year, Mercedes-Benz will be offering a new variant of the 4MATIC permanent all-wheel-drive system with fully variable torque distribution. This new development is based on the front-wheel-drive architecture with transversely mounted engines. Like the other 4MATIC versions, it boasts high tractive power reserves and outstanding agility accompanied by optimum driving safety and energy efficiency. The new 4MATIC will complement the four all-wheel-drive versions which have been available to date. This will ensure 4×4 technology tailored to the respective vehicle categories – from the CLA and the models of the C-, E-, S-, CLS- and CL-Class to the comprehensive range of SUVs and ATVs covering the GLK-, M-, GL-Class and G-Class. The new 4MATIC will also boost driving enjoyment in the particularly dynamic CLA 45 AMG which, like the series production model, is to be premiered in 2013.

The most innovative components of the new 4MATIC include the power take-off to the rear axle which is integrated in the 7G-DCT automated dual clutch transmission and the rear-axle gear with integrated, electrohydraulically controlled multi-disk clutch. This set-up enables fully variable distribution of the drive torque between front and rear axle. Additional benefits of this design are a lower system weight than is available from the competition and high efficiency. Similarly to the front-wheel-drive versions, all 4MATIC models also boast good energy efficiency.

The 4MATIC all-wheel drive is a completely new development tailored to the requirements of the new models with front-wheel drive.

Integrated power take-off unit (PTU) channels power to the rear axle
The new 4MATIC comes together with the 7G-DCT seven-speed automated dual clutch transmission. The power flux to the rear powertrain is provided by a compact power take-off unit (PTU) which is fully integrated in the main transmission and is supplied with lubricant from the latter’s oil circuit. This configuration gives rise to substantial weight advantages of up to 25 percent in comparison to rival systems which branch off power by means of an add-on component with its own oil circuit. Together with the friction-minimised tapered roller bearings, the PTU achieves an excellent level of efficiency.

Completely new development with torque-on-demand rear axle
The electrohydraulically actuated multi-disk clutch integrated in the rear-axle gear unit provides for fully variable torque distribution. Basic principle: when the multi-disk clutch is open, the vehicle is driven almost exclusively by the front axle. When the clutch is closed, the rear axle comes into play. The drive torque can be shifted in fully variable mode between front and rear axle according to the given situation (torque on demand).

The system pressure to activate the rear axle is supplied in milliseconds by
the rotor pump which is integrated in the rear-axle gear unit. The pump is activated automatically as soon as only minimal speed differences apply between front and rear axle. Pressure control is performed by an ESP®-controlled proportioning valve.

Intelligent control systems for enjoyable driving
The 4MATIC is activated according to the basic principle of “as often as necessary, as rarely as possible”. This means that when the underlying conditions allow, the all-wheel-drive models run almost exclusively in particularly economical front-wheel-drive mode. As soon as the driving situation requires, drive torque is channelled to the rear axle as appropriate. The reverse process takes place just as quickly: as soon as additional drive torque is no longer necessary at the rear axle – e.g. in case of heavy braking manoeuvres with ABS intervention – the rear powertrain is deactivated and torque is reduced to zero.

In case of impending understeering or oversteering under load, the drive torque is first of all distributed such as to stabilise the vehicle. Only if these measures fail to have a stabilising effect do the control systems adapted to 4MATIC conditions, such as ESP® or 4ETS, intervene to keep the vehicle stable.

With this strategy, the developers have managed to combine two key requirements defined in the performance specifications: optimum energy efficiency coupled with maximum driving dynamics and driving safety.

Individual: driving modes to suit personal driving styles
The torque distribution ratio is also dependent on the activated shift programme of the 7G-DCT dual clutch transmission. In ECO mode less torque is channelled to the rear axle, resulting in gentler handling and supporting an economical driving style at lower revs. In SPORT or MANUAL mode the activation times are shortened and more torque is distributed to the rear axle in the interests of a dynamic, sporty driving style. On the AMG versions, adaptation of the 4MATIC controller takes place in accordance with the 3-stage ESP®.

New 4MATIC featuring in the Mercedes-Benz CLA
The CLA-Class models which are set to appear next year and the particularly agile and powerful CLA 45 AMG will also benefit from the further advances in all-wheel-drive technology from Mercedes-Benz. The new Mercedes-Benz CLA adopts the avant-garde design of the Concept Style Coupé into series production almost 1:1. In keeping with its sporty positioning, the CLA is available with high-torque turbo engines rated at up to 155 kW (211 hp), sports suspension and the newly developed 4MATIC. The technical highlights include numerous driving assistance systems, such as advanced COLLISION PREVENTION ASSIST.

CLA 45 AMG: the most dynamic way to experience the new 4MATIC
As the high-powered top model of the new compact class, the CLA 45 AMG broadens the portfolio of Mercedes-Benz’s high-performance brand to offer a fascinating high-performance vehicle in this class, too. The newly developed AMG 2.0-litre four-cylinder turbo petrol engine will set new standards in its engine capacity segment: with maximum torque of well over 400 Newton metres and low fuel consumption, AMG is aiming to lead the competition. In conjunction with the specially adapted 4MATIC version for this engine-power class, the CLA 45 AMG will be one of the most dynamic, powerful and efficient four-cylinder coupés around.

Impressive variety
In addition to the E-Class and the C-Class, both of which are available as Saloon and Estate variants, the 4MATIC model range also extends to the CL luxury coupé, the four-door CLS Coupé and the CLS Shooting Brake. The recently thoroughly overhauled SUVs and ATVs are also included in the range – the M‑Class, the compact GLK, the GL luxury SUV and the legendary G-Class, which still retains its special off-road strengths after 33 years in production. The all-wheel-drive line-up from Mercedes-Benz further includes an exotic model in the guise of the SLS AMG Electric Drive. Four electric motors on this vehicle guarantee tremendous thrust, with fully variable and selective drive torque distribution to the individual wheels. And when the compact models featuring the new 4MATIC generation round off the range next year, it will really be a case of all-wheel drive all-round!


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

MB、Aクラスのキャンペーン用に、貞本×Production I.Gでアニメ製作

エヴァで有名な貞本氏をキャラデザに、Production I.Gが製作したオリジナルのアニメーションでAクラスを訴求するようです。
そして新型Aクラスの先行予約バージョンを購入すると、発表当日に納車されるという売れ数仕掛けまでついています。ほかにも、ロゴを配したSLS AMGを製作するなど、かなり気合い入っているようです。

というか、来年1月には新型Aクラスが入ってくるという情報と、ミッドタウン真ん前という好立地にあるメルセデス・コネクションが移転するというのもひそかに大きいニュースですね。

サンドイッチコンセプトをすてて、BMW 1シリーズやアウディA3などに真っ向から対抗する、メルセデス・ベンツ渾身のコンパクトカーのようです。


<press release>
メルセデス・ベンツ 、「NEXT A-Class」キャンペーンを開始

・ キャラクターデザインに「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けた貞本義行氏を迎えたオリジナルアニメーション作品を核としたキャンペーン
・ 先行販売限定車「メルセデス・ベンツAクラス EDITION NEXT」を発売
メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ、社長:ニコラス・スピークス、本社: 東京都港区)は、メルセデス・ベンツの新世代コンパクトカーのキャンペーン「NEXT A-Class」を11月17日(土)より開始いたします。新規顧客層をターゲットにした世界的戦略車種「新型Aクラス」の魅力を訴求するもので、アニメーション作品という手法を用いてメルセデスブランドを表現するのは世界初の試みです。また、キャンペーンの一環として、来年1月に発表・発売を予定している新型Aクラスをベースとした限定車「A 180 BlueEFFICIENCY EDITION NEXT」および「A 180 BlueEFFICIENCY Sports EDITION NEXT」を設定し、同日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ注文受付を開始いたします。(全国限定200台)

キャンペーンの核となるアニメーション作品は、近未来の東京を舞台に、3人の主人公が「新型Aクラス」で「あるモノ」を追いかけて疾走するという、想像力を刺激するショートムービーです。制作にあたっては、日本を代表するアニメーション制作会社「Production I.G」とタッグを組み、キャラクターデザインには「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けた貞本義行氏、演出に西久保瑞穂氏、作画に黄瀬和哉氏、音楽に川井憲次氏など、日本アニメ界屈指の才能が集結した、6分間の本格アニメーション作品が実現しました。本編はキャンペーン特設サイト(http://next-a-class.com/)でご覧いただけます。

また、本作品はウェブサイト以外にもアニメ本編の予告編をTVCMや主要な映画館において全国で放映するほか、自動車レースの「富士スプリントカップ 2012」(主催:日本自動車連盟(JAF) 期間:11月16日〔金〕~18日〔日〕、場所:富士スピードウェイ)では「NEXT A-Class」のラッピングを施したSLS AMG GT3がサーキットを疾走します。

さらに、限定車「EDITION NEXT」をご購入いただいたお客様には新型Aクラスの発表・発売当日に納車が可能で、東京・六本木のメルセデス・ベンツ ブランドの情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」で開催する納車イベントへのご招待(限定50組)や、引き続き行われる同施設の移転・新装オープンを記念したパーティーへのご招待など様々な特典をご用意しています。(申込受付期間:11月17日〔土〕~25日〔日〕)

キャンペーンタイトルの「NEXT」には、次の時代の新しいクルマの楽しみ方をメルセデスが切り拓いていくという意思が込められています。MBJは新しいお客様、特に若い世代の方々にも、ブランドの魅力のみならず新しい時代のクルマの楽しみ方を提案して参ります。

【「NEXT A-Class」あらすじ】
「変形機動都市」として生まれ変わった近未来の東京を舞台に、3人の主人公が新型Aクラスに乗り、目まぐるしくルートが変形していく街をくぐり抜け、「謎のクルマ」を追いかけて縦横無尽に駆け抜ける。

【「NEXT A-Class」制作スタッフ】
■西久保瑞穂(演出)
アニメーション監督・演出家。数多くのアニメ作品で監督を勤める。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」、映画「イノセンス」、映画「スカイ・クロラ TheSkyCrawlers」などに参加。

■貞本義行(キャラクターデザイン)
キャラクターデザイナー・漫画家。代表作に「王立宇宙軍~オネアミスの翼~」「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」など。

■黄瀬和哉(作画)
「赤い光弾ジリオン」第23話で初の作画監督を務める。その後、スタジオ・ムーを経てプロダクション I.Gへ。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「新世紀エヴァンゲリオン」などに参加。

■川井憲次(音楽)
1986年に押井守監督作品「紅い眼鏡」で映画デビュー。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」等の押井守監督作品に参加。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデス・ベンツ、メンテナンスキャンペーン実施

メルセデス・ベンツがメンテナンスキャンペーンを実施するそうです。
といっても、今年の11月1日から来年の10月31日までと、まる1年の長期!
それってキャンペーンというのかどうかわかりませんが……
内容は、指定工場で車検、1年点検を受けると総勢700名にメルセデス・ベンツ グッズが当たる懸賞だそうです。
メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス


メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ、社長:ニコラス・スピークス、本社: 東京都)は、「ウェルカム キャンペーン 2013」を本年11月1日より2013年10月31日まで全国のメルセデス・ベンツ指定サービス工場にて実施します。

本キャンペーンは2003年以降、毎年実施しているもので、今回で10回目となるメンテナンスキャンペーンです。メルセデス・ベンツ指定サービス工場にて、期間中に対象の点検を実施いただいたお客様を対象に、抽選で700名様にメルセデス・ベンツオリジナルグッズ等が当たる懸賞をご用意します。メルセデス・ベンツ指定サービス工場では、高度なトレーニングプログラムを受講したサービススタッフが、専用の診断機やスペシャルツール、厳しい製品テストと、独自の品質検査をクリアした純正部品を使用し、お車の安全と環境に配慮した質の高い点検・整備を提供します。
MBJでは、魅力的な製品の提案のみならず、多様化するお客様のニーズに対応したアフターサービス施策の充実を図っています。今後もアフターサービスのスローガン「My Service」のもと、全国225の指定サービス・工場と協力し、多くのお客様に長期間にわたって一層ご満足いただけるアフターサービスの提供に全力を尽くしてまいります。
【ウェルカム キャンペーン 2013】
キャンペーン期間 : 2012年11月1日(木)~2013年10月31日(木)
応募締切: 2013年11月15日(金)
抽選: 2013年 12 月
対象拠点 : 全国のメルセデス・ベンツ指定サービス工場
対象点検: 初回車検およびそれ以降の 1 年点検、車検および 2 年点検
キャンペーン内容 : 上記対象点検のいずれか1つを受けていただいたお客様へ 点検完了時にエントリーカードを配布し、お客様ご自身にてご応募いただきます。
※ 応募に際しまして、MyMercedes会員への登録が必要となります。
※ 本キャンペーンは予告なく内容を変更、終了することがあります。
キャンペーンサイト: http://www.mercedes-benz-service.jp/welcome/


[最新情報]メルセデスベンツEクラス
e.class-mercedes-benz


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

新型AクラスのCMがホラー

メルセデス・ベンツ本国が公開している、新型AクラスのCMがかなり怖いことに。
タイトルもズバリ「Online Monster」。

ドライバーの女性がfacebookから「Aクラスにいるよ」と投稿すると……
ホラーテイストというよりも真剣に怖い感じです。

メルセデス・ベンツ Aクラス(Mercedes-Benz A-class) CM


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデスC63AMGブラックシリーズに特別な20台

メルセデス・ベンツCクラスの最スポーティグレード「C63AMG」。その運動性能をあげた「C63AMGブラックシリーズ」は最高出力517ps、最大トルク620Nm、0-100km/h加速4.2秒と圧倒的な動力性能をほこる、特別な一台。
今回の「C63AMGブラックシリーズ パフォーマンス・スタジオ・エディション」は、カスタマイズプログラム 「AMG パフォーマンス スタジオ」において自由にオーダーできるものを、パッケージにしたものだそうで、日本向けに20台限定で制作した限定車ということです。
外装には、パフォーマンス・スタジオ専用のカラーであるマットブラックをほどこし、内装にはDiginoホワイトインテリア。そのほか、細かいアクセサリーにも特別なアイテムをあしらった、スペシャルモデルだそうです。

メルセデス・ベンツC 63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition

メルセデス・ベンツC 63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition


<press release>
C 63 AMGクーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition を限定発売

・ 歴代Cクラス最高の運動性能を誇るC 63 AMG クーペ ブラックシリーズをベースに日本専用に企画された特別仕様車
・ 圧倒的な存在感を際立たせるマットホワイト&マットブラックのスペシャルペイント
・ 「AMG パフォーマンス スタジオ」で熟練のマイスターにより丹念に組み上げられる20台限定のスペシャルモデル

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:ニコラス・スピークス、本社: 東京都港区)は、Cクラスクーペのスペシャルチューニングモデル「C 63 AMG クーペブラックシリーズ」に、メルセデスAMG本社のカスタムオーダープログラム「AMGパフォーマンススタジオ」によって特別設定されたマットペイント(つや消し塗装)等を施した「C 63 AMG クーペブラックシリーズPerformance Studio Edition」を本日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売いたします(日本限定20台)。なお、お客様への納車時期は2013年2月より順次開始を予定しております。

ブラックシリーズとは、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現した究極のピュアドライビングマシンであり、同社がこれまでにモータースポーツで培った最先端テクノロジーを注ぎ込んだ究極の運動性能と圧倒的な存在感を示すスタイリングを兼ね備えた少量限定生産のフラッグシップモデルで、これまでにSLK 55 AMG ブラックシリーズ(2006年:日本未導入)、CLK 63 AMG ブラックシリーズ(2007年:日本未導入)、SL 65 AMG ブラックシリーズ(2008年)、C 63 AMG クーペブラックシリーズ(2011年)を販売しております。

本特別仕様車のベースとなるC 63 AMG クーペブラックシリーズは、最高出力517PS、最大トルク620Nm、0-100km/h加速4.2秒と歴代Cクラス最高の運動性能を実現した究極のピュアドライビングマシンです。圧倒的なパフォーマンスに加え、好みのセッティングが可能なAMGアジャスタブルスポーツサスペンション、さらに専用チューニングを施したハイパフォーマンスブレーキシステムを採用しています。

エクステリアは、カーボン素材のフロントスプリッター、フリックス、リアエアロウイングを採用したよりダイナミックなスタイリングの「AMGエアロダイナミクスパッケージ」を特別装備し、圧倒的な存在感をさらに強めました。さらに、AMGパフォーマンススタジオの特別プログラムで今回の特別仕様車のみに用意された マグノカシミヤホワイト(マットホワイト)の外装色に、19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)、ドアミラーハウジング、サイドスカート、リアディフューザー、ウィンドウトリムモール、ドアハンドル上部などの細部に至るまでマットブラック塗装を施すことで、ブラック&ホワイトのコントラストが特別感をよりいっそう引き立てます。

インテリアには、C 63 AMG クーペブラックシリーズ専用の2シーターフルバケットシートを採用しています。外装色にあわせて マグノカシミヤホワイトでペイントしたインテリアトリムをはじめ、本特別仕様車のためにAMGパフォーマンススタジオにて手作りで製作される専用AMGフロアマット、AMGのロゴをあしらったシフトノブやドアロックピンを特別装備し、クラフトマンシップ溢れるエクスクルーシブな室内空間に仕上げています。

また、装備面では、エンジン出力/トルク、Gセンサー、サーキットでのラップタイム等をCOMANDディスプレイに表示するAMGパフォーマンスメディアを標準装備し、走りの喜びを高めます。
なお、本特別仕様車にも、メルセデス・ケア(3年間走行距離無制限の無料修理・無料メンテナンスと24時間ツーリングサポート)が適用されます。また、メルセデス・ケアの一般保証および24時間ツーリングサポートを有償にて最大2年間延長するプログラム「My Mercedes サポート」もご用意しております。

名 称C 63 AMG クーペ ブラックシリーズ Performance Studio Editionメーカー希望小売価格* ( )は消費税抜き車両本体価格¥17,500,000 (¥16,666,667)*上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。車両生産の都合上、台数に限りがございます。

名称:C 63 AMG クーペ ブラックシリーズ Performance Studio Edition
ステアリング:左
特別外装色:designoマグノカシミヤホワイト
特別装備:
  <AMGパフォーマンススタジオ専用装備>
  ・ マットブラックエクステリアパーツ
  ・ designoマグノカシミヤホワイトインテリアトリム(AMGブラックシリーズロゴ付)
  ・ AMGドアロックピン(AMGロゴ付)
  ・ AMGシフトノブ(AMGアファルターバッハエンブレム付)
  ・ ハンドクラフトAMGフロアマット(AMGロゴ付)

  <特別オプション>
  ・ AMGサイドデカール「AMG Performance Studio」(無償)

  <ブラックシリーズ特別装備>
  ・ マットブラックペイント19インチAMG10スポークアルミホイール(鍛造)
  ・ AMGエアロダイナミクスパッケージ(カーボンフリックス、カーボンフロントスプリッター、カーボンリアエアロウィング)
  ・ 専用AMGスポーツバケットシート(レザーDINAMICA/ 2シーター仕様)
  ・ 専用AMGパフォーマンスステアリング(本革巻/レザーDINAMICA)
  ・ AMGパフォーマンスメディア
  ・ 専用AMGパラメーターステアリング
  ・ 専用AMG強化ブレーキシステム
  ・ 専用フロントスポイラー
  ・ 専用サイドスカート
  ・ 専用リアスカート
  ・ 専用ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
  ・ 専用AMGディフューザー
  ・ 専用エンブレム(AMGブラックシリーズロゴ付)
メーカー希望小売価格:¥17,500,000 (¥16,666,667) * ( )は消費税抜き車両本体価格

*上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。車両生産の都合上、台数に限りがございます。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデス、SLS AMG GTを本国で発売

メルセデス・ベンツは、ドイツ本国においてパリサロンでお披露目した「SLS AMG GT」を、クーペとロードスター同時に発売しました。

AMGの6.3リッターをフロントミドに搭載し、最大出力は435kW(591ps)/6,800rpm、最大トルクは650Nm/4,750rpmと圧倒的なパワー。トランスミッションは7速のスポーツDCT(デュアルクラッチ)。

0-100km/h加速は僅かに3.7秒! 11.2秒で200km/hに達し、最高速度はリミッターがきいて320 km/hで抑えられる。
価格はクーペが204,680ユーロ、ロードスターが213,010 ユーロ。

メルセデス・ベンツ SLS AMG GTロードスター(Mercedes-Benz SLS AMG GT Roadster)

メルセデス・ベンツ SLS AMG GTロードスター(Mercedes-Benz SLS AMG GT Roadster)


The new SLS AMG GT has now landed in Mercedes-Benz showrooms in both Coupé and Roadster variants. According to Ola Källenius, Chairman of Mercedes-AMG GmbH: “We are continuing with our consistent expansion of the SLS AMG family. With the highly emotional, performance-oriented GT variants, our range has now grown to five models.” The SLS AMG GT has also been in use as the Official F1™ Safety Car since the 2012 FORMULA 1 SHELL BELGIAN GRAND PRIX.

Dynamic, masculine and decidedly athletic: fitted as standard with AMG forged wheels painted in matt black with a high-sheen finish, darkened headlamps and tail lights as well as red-painted brake callipers, the high performance of the SLS AMG GT is also highlighted in terms of its look. The wing-shaped cross fins and the star recess in the radiator grille are retained in high-gloss black, as are the exterior mirrors and the fins on the bonnet and wings. The AMG logo on the right of the boot lid also features the additional letters “GT”.

The maximum output of the AMG 6.3-litre V8 front-mid engine is 435 kW (591 hp) at 6800 rpm, while the maximum torque is 650 Nm at 4750 rpm. The super sports car accelerates from zero to 100 km/h in 3.7 seconds, and can reach a speed of 200 km/h in 11.2 seconds. The top speed is 320 km/h (electronically limited). The GT version of the eight-cylinder naturally aspirated engine provides an agile response to accelerator pedal input and excites with its sporty performance. The AMG SPEEDSHIFT DCT 7-speed sports transmission located on the rear axle is more direct and spontaneous in the manual “M” transmission mode: thanks to newly developed gear change functions and optimised transmission control, it has been possible to shorten reaction time significantly. The reaction time experienced by the driver is made even more emotional as a result of more distinct gear changes. The automatic double-declutching function when shifting down is also more pronounced in the SLS AMG GT.

New AMG RIDE CONTROL Performance suspension
Fitted with variable, electronically controlled damping, the new AMG RIDE CONTROL Performance suspension features basically stiffer spring/damper tuning and dispenses with “Comfort” mode. “Sport” mode is recommended as the optimum setting for undulating road surfaces and routes requiring increased suspension travel. “Sport plus” provides higher damping forces and features specific control algorithms which have been adjusted for a decidedly sporty driving style on routes with a level road surface. Depending on the driving conditions, speed and vehicle load, the AMG RIDE CONTROL Performance suspension adjusts the damping characteristics at lightning speed and automatically reduces the roll angle of the body.

Interior with consistently sporty highlights
The SLS AMG GT combines the high-quality ambience of a true AMG model with the functional atmosphere of a racing car. The sports seats have embossed badges on their head restraints and centre sections finished in Alcantara®. Continuing the theme, Alcantara® is also found on the door centre panels. The black interior appointments are combined with red seat belts, plus all of the contrasting stitching on the AMG sports seats, the centre console and the door panel lining is retained in red too. The floor mats also feature red edging.

The philosophy of the exterior design with darkened components is also reflected in the interior: The high-gloss black AMG trim on the centre console and door panel lining matches the high-gloss black edging on the adjustable cross-shaped air vents as well as the high-gloss real metal insert on the AMG Performance steering wheel with flattened lower section. Alcantara® is also to be found on the grip area, and the upper part of the steering wheel has a red 12 o’clock marking. The dials of the AMG instrument cluster are finished in black.

AMG designo Exclusive STYLE leather for all SLS AMG models
Now available for all SLS AMG models is a new, exclusive optional extra in the form of AMG designo Exclusive STYLE leather. This high-quality extra is available in single or two-tone finishes and comprises distinctive upholstery with a diamond design with contrasting stitching. The lavishly finished diamond design features not only on the AMG sports seats, but also on the door centre panels. Seams finished in contrasting colours create highlights and underscore the high-quality, hand-finished nature of these new full-leather appointments. Available colour combinations include mocha brown/porcelain, titanium grey pearl/porcelain and mystic red/porcelain.

Bang & Olufsen BeoSound AMG high-end surround sound system
A highlight among the optional extras available for the SLS AMG GT is the Bang & Olufsen BeoSound system. The surround sound system offers a superlative music experience. This is made possible not just by the amplifier, which provides a 1000-watt output, and the 11 loudspeakers, but also by the precise distribution of the music signals, selectable for the driver’s seating position, the passenger’s seating position or to a central point.

Prices in Germany (incl. 19% VAT):
SLS AMG GT Coupé:
204,680 euros
SLS AMG GT Roadster:
213,010 euros
Bang & Olufsen BeoSound AMG high-end
surround sound system:

7080.50 euros
AMG designo Exclusive STYLE leather:
5771.50 euros
Customers can also take immediate receipt of their SLS AMG GT at the AMG Customer Center in Affalterbach.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデス・ベンツCLSシューティングブレーク国内発売

はやくも出ました、CLSシューティングブレーク。
スタイリッシュな4ドアクーペのはしり、CLSにワゴンタイプの「シューティングブレーク」。
グレード構成は350、550、63AMGの3つ。ただし、550のみ4輪駆動こと4MATICを搭載しています。

実車見しましたが、後半はとっても綺麗なラインで所有満足度の高そうな車ですた。写真ではわかりにくく残念です。
また、ユーティリティにも溢れており、「ワゴン」に期待する大荷物を載せないのであれば、当然普通のセダンよりもずっと入りそうです。

メルセデス・ベンツ CLS350 シューティングブレーク(CLS ShootingBrake)

メルセデス・ベンツ CLS350 シューティングブレーク(CLS ShootingBrake)



<press release>
メルセデス・ベンツ CLSシューティングブレークを発売
・ クーペの美しいスタイリングに高い利便性を融合した全く新しいコンセプト“スポーツ クーペ ツアラー”
・ 5名の乗員スペースと最大容量1,550リッターのラゲッジルームを確保
・ CLSクラス初となるフルタイム四輪駆動システム“4MATIC”搭載モデルを導入
・ designoウッドフロアなど上質感を引き立てるオプションを設定

メルセデス・ベンツ日本株式会社(社長:ニコラス・スピークス、本社: 東京都港区)は、エレガントかつスポーティなクーペのスタイリングに高い利便性を融合した“スポーツクーペツアラー”という全く新しい独自のコンセプトを持つ新型モデル「CLS シューティングブレーク」を、本日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ発売いたします。

2004年に発表された初代CLSは、世界に先駆けて「4ドアクーペ」という新たなカテゴリーを生み出し、全世界で約17万台の販売を記録しました。そして、今回のCLS シューティングブレークは、CLSの新たなモデルファミリーとして、そのスタイリッシュなフォルムを維持しながら、5人の乗員がくつろげるスペースと大容量のラゲッジルームを備える“スポーツクーペツアラー”という全く新しいカテゴリーを創出するモデルです。

“シューティングブレーク”の語源は、1960年代、イギリスの貴族が、クーペスタイルの乗用車に余暇を楽しむための道具を収納する広いラゲッジスペースを設定した車両を“シューティングブレーク”と呼んだことに由来しています。CLS シューティングブレークは、このコンセプトを踏襲しながらも、美しいスタイリングと多様なライフスタイルに対応する高い利便性を兼ね備えています。

CLS シューティングブレークのエクステリアは、テールゲートの傾斜と一体化したエレガントなルーフラインに力強いキャラクターラインを組み合わせたサイドビューや、アグレッシブなフロントデザインが、“スポーツクーペツアラー”と呼ぶに相応しい流麗なプロポーションを生み出しています。また、流線形のテールゲートには、左右に延びるクロームスリップが配され、ワイド感が強調されます。

室内は、3人分の独立したリアシートを装備したことに加え、後方まで延びたルーフラインによるリアサイドウィンドウの面積拡大が余裕のあるヘッドスペースを確保し、後席にも開放感溢れる快適な室内空間を実現しています。インテリアの随所に最高級の素材を使用することで、エクスクルーシブな空間を演出する一方、ラゲッジルームには最大積載量1,550リッターのスペースを確保することで、上質感溢れる室内空間でありながら、高い利便性と機能性を両立しています。

「CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレーク」は、最新世代3.5リッターV型6気筒直噴ガソリンエンジン(最高出力225kW/306PS、最大トルク370Nm)を搭載しており、最新の高効率7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」やECOスタート/ストップ機能(アイドリングストップ機能)を備え、クラストップレベルの動力性能を発揮します。また、シャーシには、セルフレべリング付リアエアサスペンションを搭載し、乗車人数や積載量等にかかわらず、一定の車高を維持し、上質な乗り心地と安定した走行性能に貢献します。なお、燃費経済性にも優れており、エコカー減税対象車となる見込みです。*数値は社内参考値

「CLS 550 4MATIC BlueEFFIC IENCY シューティングブレーク」は、CLSクラスで初めてとなるフルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を搭載し、滑りやすい路面や危険回避時に走行安定性を高める4ESP®(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)と組み合わせることでいかなる路面状況においても優れた動力性能と高い安全性を発揮します。

ハイパフォーマンスモデル「CLS 63 AMG シューティングブレーク」には、メルセデスAMG社の開発による最新鋭5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンが搭載され、排気量のダウンサイジングを図りながらも、最高出力386kW/524PS、最大トルク700Nmを発生し、圧倒的な動力性能を実現しています。また、室内は、インテリア全体を包み込む質感高いフルレザーを施し、セミニアンレザーシートを採用するなど、ハイパフォーマンスモデルに相応しい上質でエクスクルーシブな室内空間に仕上がっています。*数値は社内参考値

安全面においてもトップレベルの衝突安全性と乗員保護機能を備えるとともに、ミリ波レーダーセンサーやマルチファンクションカメラを用いて前方や側方の衝突危険性を検知し、ドライバーへの警告やブレーキ介入を行う最先端の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を全モデルに標準装備しています。

また、CLS シューティングブレークの個性を際立たせる装備として「designoウッドフロア(EASY-PACKフィックスキット付)」(税込50万円)を全モデルにオプション設定しました。アメリカンチェリーにスモークドオークのストライプが美しいコントラストを創出する高級ウッド素材を採用し、ひとつひとつを熟練した職人が手作業で組み立てることによって、精緻なクラフトマンシップ溢れるラゲッジルームを実現します。

室内エンターテインメントには、ワイヤレスヘッドホンを使用して、後席左右それぞれで多彩なメディアから映像や音楽を楽しむことのできる「リアエンターテインメントシステム」(税込12万円)や、室内空間に合わせたクリアで正確な音質を提供するBang & Olufsen BeoSound AMGサウンドシステム(税込40万円)を設定しており、室内の快適性を追求しました。

「CLS シューティングブレーク」の価格は、以下の通りになります。

モデル
エンジン
ステアリング
メーカー希望小売価格 (  )内は消費税抜き車両本体価格
CLS 350 BlueEFFICIENCY
シューティングブレーク
3.5L, V6 直噴
¥9,700,000
(¥9,238,096)
CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY
シューティングブレーク
4.7L, V8直噴ツインターボ
¥12,400,000
(¥11,809,524)
CLS 63 AMG
シューティングブレーク
5.5L, V8直噴ツインターボ
¥16,800,000
(¥16,000,000)

*上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。

CLS シューティングブレーク の特長

エクステリア

フロントデザイン
71個のLEDを使用したLEDハイパフォーマンスヘッドライトと大型のスリーポインテッドスターを中央に配したラジエーターグリルが特徴的なフロントデザインは、CLS シューティングブレークのダイナミックでアグレッシブな印象を強調しています。

サイドデザイン
クーペの流れるような美しいルーフラインに革新的なリアデザインが融合した、エレガンスとダイナミズムの両立が最大の特徴です。フロントから美しく流れるルーフラインは、テールゲートの傾斜と一体化し、サイドデザインに流麗な印象を与えながら、伸びやかで立体的なキャラクターラインと組み合わさり、エレガントでありながらダイナミックなサイドビューを創造しています。また、独創的なデザインコンセプトによって、スタイリングの美しさと室内スペースの大幅な拡大の両立を実現しながらも、空気抵抗値(Cd値)は0.29を達成しています。     *数値は欧州仕様参考値

リアデザイン
リアデザインは、流線型の美しいフォルムを最大の特徴としており、テールゲートを水平に横切るクロームスリップによってワイド感を強調しています。CLSクーペから引き継いだ独創的なフォルムのLEDリアコンビネーションランプがデザインのアクセントとなるとともに、被視認性を高めて夜間走行時の安全性を向上しています。

インテリア
シートやインテリアトリムをはじめとする随所に最高級の素材を贅沢に使用し、エクスクルーシブな空間を演出しています。
後席には開放感溢れる快適な室内空間を実現しています。それぞれに十分なフットスペースを備えた3人分の独立したリアシートを装備するとともに、後方まで延びたルーフラインが、リアサイドウィンドウの面積拡大と余裕あるヘッドスペースを実現しています。
後席左右とテールゲートには、プライバシーガラスが標準装備されています。室内のプライバシーが確保されるとともに、日差しを和らげる効果もあり、広々とした後席でゆったりとくつろぐことができます。
CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレーク と CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレークには、後席で映像や音楽を楽しめるリアエンターテインメントシステムをオプション設定しています。ワイヤレスヘッドホンを使用して後席左右それぞれでCDやDVDだけでなくUSBメモリーなど多彩なメディアから映像や音楽を楽しむことができます。

ラゲッジルーム
ラゲッジルームには最大積載量1,550リッターの大容量のスペースを確保しています。後席のシートバックは、テールゲート開口部のレバーで簡単に倒すことができる「EASY-PACK クイックフォールド機能」を装備しており、乗車人数やライフスタイルに合わせてラゲッジルームのレイアウトを変更することが可能です。
また、全モデルにオプション設定されている「designoウッドフロア(EASY-PACKフィックスキット付)」は、クルーザーのデッキのようなラグジュアリーな空間を演出します。アメリカンチェリーにスモークドオークのコントラストが美しい高級ウッド素材をラゲッジフロア全体に敷き詰めたもので、ひとつひとつを熟練した職人が手作業で組み立ており、ラゲッジルームに高級感を与えるだけでなく、天然の木材ならではの温かみが加わります 。表面には防水および防傷加工を施し、ラバーが埋め込まれたアルミニウム製のレールを装備することで、フロアを保護するとともに荷物の滑りを防止します。また、このオプションには「EASY-PACKフィックスキット」が備えられており、伸縮式のバーとベルト、4 個のアンカーで走行中に荷物が動かないように固定することができます。スタイリッシュなプロポーションを維持しながら、機能性と利便性を最大限に追求しています。

パワートレイン

新世代3.5リッターV6直噴ガソリンエンジン
CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレークに搭載される最新世代3.5リッターV6直噴ガソリンエンジンは、最高出力225kW(306PS)、最大トルク370Nmを3,500~5,250rpmで発生しゆとりある動力性能を発揮します。第3世代となるスプレーガイデッド・ガソリン直噴システムやマルチインジェクション、マルチスパーク・イグニッションによるリーンバーン(希薄燃焼)を採用するなど最先端テクノロジーを搭載し、高出力と優れた燃費性能の両立を実現しています。*数値は社内参考値

最新鋭4.7リッターV8直噴ツインターボエンジン
CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレークに搭載される4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンは、高圧縮比に加えて綿密な燃料噴射を行う先進のピエゾインジェクターを搭載し、マルチスパーク・イグニッション、ツインターボチャージャーなど最先端技術を採用することによって、従来の5.5リッターエンジンより大幅なダウンサイジングを図り、パフォーマンスと環境性能を両立させています。*数値は社内参考値

7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」
CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレーク およびCLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレークに搭載されている7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」には、高効率トルクコンバータ、低摩擦ベアリングが採用され、ダイナミックなレスポンスと高い耐久性を備えるとともに、ノイズや振動も低減されています。

シャーシ

フルタイム四輪駆動システム「4MATIC」/ 4ESP®
CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレークには、CLSクラスで初めてとなるフルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を設定しました。エンジントルクを前輪45%:後輪55%の比率で配分し、安定した駆動力と挙動を保つ4ESP®(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)と連動して、グリップの悪い路面状況や雪道等でのさまざまな路面状況でも優れた運動性能と操縦安定性、快適性を発揮します。

サスペンション
CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレーク には、電子制御のセルフレベリング機構を備えたリアエアサスペンションを標準装備しました。乗車人数や積載量を問わず一定の車高を維持し、上質な乗り心地と安定した走行性能を達成しています。CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレークには、走行状況をセンサーで検地し、ばね定数、減衰力、車高を自動的に調整する電子制御式のAIRマティックサスペンションを採用し、路面状況に関わらず優れた運動性能と操縦安定性、快適性を発揮します。

先進の安全装備
5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを用いて前方や左右後方の車両など障害物との距離や相対速度を測定し、自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する最新の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を全モデルに標準装備しています。高精度の24GHzおよび77GHzのレーダーセンサーにより前方の危険を感知し、衝突回避をサポートするBAS(ブレーキ・アシスト・システム)プラスやPRE-SAFE®ブレーキ、ブレーキやアクセルを自動制御して、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」などの様々なシステムにより、安全性および快適性を大幅に向上しています。
ハイパフォーマンスモデル:CLS 63 AMG シューティングブレーク

エクステリア
CLS 63 AMG シューティングブレークのエクステリアは、トップパフォーマンスモデルに相応しい専用のスタイリングを施しており、精悍でアグレッシブな印象を高めています。フロントマスクは、クロスストラットをハイグロスブラックで仕上げた力強い AMG フロントスポイラーや、シングルルーバーを備えた AMG ラジエーターグリル、 AMG 独自のパワードームが特徴的なボンネットなどがパフォーマンスを象徴しています。 “ V8 BITURBO” エンブレムを配したオリジナルのワイドフロントフェンダーや AMG 専用のディフューザールックのリアスカート、デュアルツインクロームエグゾーストエンドを採用した AMG スポーツエグゾーストシステム、さらに、 AMG 専用デザインのチタニウムグレーペイント 19 インチ 5 トリプルスポークアルミホイールが足元を引き締めます。

インテリア
インテリアは、最高級の素材を使用し、すぐれたクラフトマンシップと贅を尽くした最高級の空間となっています。前席にはバックレストのサポート性を自動調整する機能やマッサージ機能などを備えたドライビングダイナミックシートおよびマルチコントロールシートバックを装備したセミアニリンレザーの専用AMGスポーツシートや、フルレザー仕様(DINAMICAルーフライナー付)など、ハードなドライビングからリラックスしたクルージングまで幅広いシーンにおいてドライバーをサポートします。
また、走行モードやサスペンションセッティング、走行状況に応じて切替できる3ステージESP®コントロールを設定できるAMG E-SELECTレバー付きAMGドライブユニットシステムをセンターコンソールに配置しています。また、高品質のナッパレザーを使用した3スポークデザインのAMGパフォーマンスステアリングは、上部と下部をフラットな形状にし、アルミニウム製のAMGパドルシフトを備えています。

新世代 AMG5.5 リッター V8 直噴ツインターボエンジン
AMG 5.5リッターV8直噴ツインターボエンジンは、スプレーガイド式燃焼システムによるガソリン直噴、ツインターボチャージャー、水冷式インタークーラー、ECOスタートストップ機能を組み合わせた革新的なシステムとなっています。最高出力386kW/524PS、最大トルク700Nmを発生し、0~100km/h加速4.4秒と圧倒的な動力性能を実現する一方で燃費経済性も大きく向上しています。*数値は社内参考値

AMG スピードシフト MCT
「AMGスピードシフトMCT」は、4つの走行モードに加え、自動ブリッピング機能とレーススタート機能を備え、さまざまな走りに柔軟に対応することが可能です。4つの走行モードに加え、自動ブリッピング機能とレーススタート機能を備えたこのトランスミッションは、優れたレスポンスと最大限のフレキシビリティを特長としてしています。”C”(効率制御)モードでは、ECOスタートストップ機能が常時作動し、停車時にエンジンを停止させます。”S”(スポーツ)と”S+”(スポーツプラス)、およびギアチェンジをマニュアル操作に設定する”M”(マニュアル)の3つの走行モードでは、エンジンとトランスミッションのレスポンスがさらに高まります。フルロード時のギアシフトでは、点火と燃焼噴射を一時的に正確に抑制することで、一層すばやいギアシフトを実現しています。

シャーシ
アグレッシブな走りと快適性を両立する「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」は、フロントに新開発のコイルサスペンションを、リアにはセルフレベリング機構付きエアサスペンションを備えるほか、走行状況に応じて減衰特性を自動的に変更することで、ボディロール角を低減する電子制御ダンピングシステムを搭載しており、瞬時の調節により最大限の快適性と俊敏性を同時に実現します。
AMG専用のフロントアクスル、リアアクスルについてはネガティブキャンバーを拡大したほか、弾性運動学特性を全面的に変更することで、高速でのコーナリング時の安定性を高めるとともに、接地性を改善しました。また、トレッドを56mm拡大したフロントアスクルのために専用開発したAMGパラメーターステアリングは、ステアリングレシオをよりダイレクトに設定するとともに、サスペンションモードに応じたパワーアシスト調整機能を搭載しています。

専用オプション
CLS 63 AMG シューティングブレークの精悍さをより引き立てる AMG 専用オプションを新規に設定しています。ブラックマットペイントを施した 19 インチ AMG 10 スポークアルミホイールと AMG カーボンセラミックブレーキに加えて、よりスポーティな印象を高める AMG カーボンパッケージを選択いただけます。 AMG カーボンパッケージには、フロントスポイラーリップやリアディフューザーなどエクステリアパーツに加え、インテリアトリムを装備するなど、トップパフォーマンスモデルとして内外装のスポーティさを引き立て、ドライバーのスポーツマインドを刺激します。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデス、小型Gクラスを検討中?

メルセデス・ベンツは小さなGクラス、つまりbaby Gを考えているらしいです。

これはAクラスをベースに、Gクラスのゴツイ外観をまとったというもので、「GLGクラス」と名づけられる予定だということ。Aクラスベースということで、安価なアーバン向けグレードしてFFモデルも視野に入れているのでしょうか。

メルセデス・ベンツにはおなじジャンルにはすでにGLKがありますが、あちらはCクラスをベースとして、SUVテイストのデザインで乗用車ライクの乗り味を実現するというコンセプトです。

また、GLAという同じくAクラスベースのSUVも話題にありますが、これはAクラスをクロスオーバーテイストにしたもの。ボルボV40クロスカントリーやVW クロス・ゴルフのようなものでしょう。今回、噂に上っているGLGはAクラスのシャシーにGクラス似の箱型ボディを載せるということで、見かけ上を完全に“ヨンク”にするという狙いがポイントです。

アウディQ3、BMW X3、ランドローバー・イヴォークと、再燃しつつあるコンパクトSUV市場にさらに追撃をしようという考えでしょうか。

メルセデス・ベンツ Gクラス(Mercedes-Benz G-Class)

メルセデス・ベンツ Gクラス(Mercedes-Benz G-Class)

情報元:carmagazine.co.uk


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード