BMW6シリーズ グランクーペに【M】登場!

BMWのラグジュアリー4ドアクーペ「6グランクーペ」に、M車がチューンを施したスペシャルバージョンが追加されました。
搭載されるエンジンは560馬力を発揮するV8エンジンを搭載。
0-100km加速は4.2秒で完了し、最高速度はリミッター解除できる「Mドライバーズパッケージ」を装着すれば305km/hに達すると言います。
スタートダッシュに有利なローンチコントロール、より乗り心地を重視したロースピードアシスタント、エンジンオートスタートストップ機能なども採用しているところが現代っぽいですよね。

リリース

A supreme combination of high performance and luxury: The BMW M6 Gran Coupe.

A third body variant of the BMW M6 high-performanc e sports car is set to be presented for the first time as the BMW M6 Gran Coupe joins the existing Coupe and Convertible models in the line-up. The new member of the M6 family brings together customary M performance characteristics with extra helpings of luxury and aesthetic appeal. The high-revving V8 enginewith M TwinPower Turbo technology and 412 kW/560 hp propels the BMW M6 Gran Coupe from 0 – 100 km/h (62 mph) in 4.2 seconds. And the elegantly sporty lines of the four-door Coupe are complemented by bespoke features, such as the carbon fibre-reinforced plastic (CFRP) roof. The greater interior space of the BMW M6 Gran Coupe allows two rear passengers to enjoy generous levels of on-board comfort, and there is also a third rear seat for use on shorter journeys.

Design: the beauty of majestic power delivery.
Hallmark M design features influenced directly by technical considerations – such as cooling air requirements, chassis geometry, weight balance and aerodynamics – open a clear window into the performance capability of the BMW M6 Gran Coupe. The front of the car is dominated by its large air intakes, standard Adaptive LED Headlights and an M kidney grille designed especially for this model. From the side, the first four-door Coupe in the BMW M GmbH ranks is clearly distinguishable from the BMW M6 Coupe thanks to its rear doors and 113-millimetre longer wheelbase. The low roofline flowing smoothly into the rear, the swage line – which takes in the door openers – and side windows extending well into the C-pillars accentuate the dynamically stretched silhouette.
Prominently flared wheel arches draw the eye to a track width specific to the BMW M6 Gran Coupe. The characteristic M gills, aerodynamically optimised exterior mirrors, standard BMW Individual High-gloss Shadow Line package and exclusive 20-inch M light-alloy wheels in double-spoke design underline the car’s distinctive appearance, as does another M signature – twin exhaust tailpipes positioned on the outer edges of the rear apron. Also integrated into the rear apron, and charged with the task of optimising airflow along the car’s underbody, is a diffuser made from CFRP.
This extremely lightweight, impressively strong high-tech material is used in the construction of the roof as well. Here, the visible carbon structure provides an eye-catching feature, as does a dynamic recess in the centre of the roof. This recess is referenced stylistically inside the car, the anthracite-coloured Alcantara roof liner gaining a central section in leather.
Emulating the harmonious blend of athletic prowess and elegance embodied by the exterior design, the distinctively M cockpit fuses sports car style with generous levels of space and a luxurious ambience. The driver and front passenger can look forward to M sports seats with integral belt guides. And the BMW M6 Gran Coupe’s standard specification also includes Merino leather upholstery with extended features. The rear compartment offers two or three seats, the backrests of which can split and fold down in a ratio of 40 : 60 to increase boot capacity from 460 to as much as 1,265 litres.

V8 engine with M TwinPower Turbo technology, seven-speed
M Double Clutch Transmission with Drivelogic, Active M Differential.
The powertrain technology under the skin of the BMW M6 Gran Coupe guarantees the performance characteristics for which M Automobiles are renowned. The V8 engine with M TwinPower Turbo technology produces 412 kW/560 hp. Its technical wizardry includes a pair of twin-scroll turbochargers, a cross-bank exhaust manifold, High Precision Direct Petrol Injection, VALVETRONIC variable valve timing and Double-Vanos continuously variable camshaft control. The 4,395 cc unit keeps peak torque of 680 Newton metres (502 lb-ft) on tap between 1,500 and 5,750 rpm, while maximum output is developed between 6,000 and 7,000 rpm. The engine revs to a maximum of 7,200 rpm. The BMW M6 Gran Coupe sprints from 0 to 100 km/h (62 mph) in 4.2 seconds on the way to an electronically governed top speed of 250 km/h/155 mph (305 km/h/189 mph if the optional M Driver’s Package is specified). Average fuel consumption in the EU test cycle stands at 9.9 litres per 100 kilometres (28.5 mpg imp) and CO2 emissions are 232 grams per kilometre.
Taking care of power transfer is a seven-speed M Double Clutch Transmission with Drivelogic. The transmission’s electronic management system ensures the right gear is selected for optimum traction. It also offers the driver a Launch Control function for maximum acceleration, Low Speed Assistance for extra comfort and the Auto Start-Stop function to enhance efficiency.
Under particularly dynamic acceleration out of corners, as well as in tricky road and weather conditions, the Active M Differential at the rear axle distributes the engine’s power between the individual wheels to maximum traction-enhancing effect. Its electronically controlled multi-disc limited-slip differential works hand-in-hand with the DSC (Dynamic Stability Control) system and splits drive between the right and left rear wheels quickly and precisely according to the situation at hand.

Chassis technology developed to M specification.
The chassis technology of the BMW M6 Gran Coupe is also geared to harnessing the car’s sporting potential in the cause of supreme performance. Like the integral rear axle, the double-wishbone front axle has specific kinematics and components made from forged aluminium. Chassis mountings using large panels ensure dynamic forces are passed evenly through to the body. The BMW M6 Gran Coupe comes as standard with an M-specific version of the Dynamic Damper Control system and hydraulic variable-ratio rack-and-pinion steering with the M Servotronic function.
As an alternative to the standard high-performance compound braking system, the BMW M6 Gran Coupe can also be ordered with M carbon-ceramic brakes. Made from a new type of carbon-fibre compound ceramic, the discs boast even greater resistance to heat, lower weight and exceptional resistance to wear.
Arranged around the gearshift lever on the centre console of the BMW M6 Gran Coupe are the buttons used to configure all the adjustable powertrain and chassis functions to personal tastes. The DSC mode,engine performance characteristics, Dynamic Damper Control mapping,M Servotronic responses and M DCT Drivelogic shift program can be selected independently of each other. All of which means the driver can put together a detailed set-up and store those settings on one of the two M Drive buttons on the multifunction steering wheel.

Exclusive and individual: high-quality range of equipment.
The standard equipment fitted on the BMW M6 Gran Coupe includes 20-inch M light-alloy wheels, leather trim, heated driver and front passenger seats, automatically dimming rear-view and exterior mirrors, an alarm system and the BMW Professional radio with hi-fi loudspeakers. Available as an alternative to the standard 2-zone automatic climate control is a 4-zone system with a control panel in the rear compartment. Among the other highlights of the options list are M multifunction seats, heated rear seats, Comfort Access, a heated steering wheel, the Soft Close Automatic function for the doors, electrically operated sun blinds, the new generation of the Professional navigation system and a Bang & Olufsen High End Surround Sound System.
The BMW M6 Gran Coupe also comes with a variety of BMW ConnectedDrive features, such as an M-specific BMW Head-Up Display, Park Distance Control, a rear-view camera, High Beam Assistant, Speed Limit Info, Lane Change Warning, Lane Departure Warning, Surround View and BMW Night Vision with pedestrian recognition. Customers can also integrate their Apple iPhone or other smartphones into the car and make use of internet-based services while on board.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

メルセデス、来年投入のCLAクラスから新しい四駆機構を投入

メルセデス・ベンツは、来年新規に投入されるCLAクラスのAMG版から、新しい四輪駆動システムを投入するそうです。
CLAクラスは、予約が始まったばかりのAクラスをベースに、4ドアクーペとして仕立てたクルマです。コンセプト・スタイル・クーペという名称で、コンセプトモデルが今年発表されてましたが、そのプロダクトバージョンです。
基本はおそらくAクラスとおなじくFFで、1.8リッターとかのエンジンを搭載するのでしょうが、これにはAMG版が予告されています。それが、「CLS 45AMG」。AMGとしては初の4気筒エンジンです。

これに組み合わされるのは、7速デュアルクラッチこと7DCT。そして、今回発表になった、新型4MATICです。
これは、燃費に有利なFFを基本とするものの、可変トルク配分を備え、必要に応じて後輪へ動力を廻します。

この新しい4MATICは、このCLAのみならず、今後、Cクラス、Eクラス、CLSクラスといった乗用車、MクラスやGクラスといったSUVの4MATICモデルも順次置き換えられてゆくそうです。

ついでに、CLAの実験車両も公開されていて、まとまりのある流麗なプロポーションがはっきりと見えます。艤装のシマシマに「4MATIC」と書いてあるセンスは、どうなんだろう……


Stuttgart. From next year, Mercedes-Benz will be offering a new variant of the 4MATIC permanent all-wheel-drive system with fully variable torque distribution. This new development is based on the front-wheel-drive architecture with transversely mounted engines. Like the other 4MATIC versions, it boasts high tractive power reserves and outstanding agility accompanied by optimum driving safety and energy efficiency. The new 4MATIC will complement the four all-wheel-drive versions which have been available to date. This will ensure 4×4 technology tailored to the respective vehicle categories – from the CLA and the models of the C-, E-, S-, CLS- and CL-Class to the comprehensive range of SUVs and ATVs covering the GLK-, M-, GL-Class and G-Class. The new 4MATIC will also boost driving enjoyment in the particularly dynamic CLA 45 AMG which, like the series production model, is to be premiered in 2013.

The most innovative components of the new 4MATIC include the power take-off to the rear axle which is integrated in the 7G-DCT automated dual clutch transmission and the rear-axle gear with integrated, electrohydraulically controlled multi-disk clutch. This set-up enables fully variable distribution of the drive torque between front and rear axle. Additional benefits of this design are a lower system weight than is available from the competition and high efficiency. Similarly to the front-wheel-drive versions, all 4MATIC models also boast good energy efficiency.

The 4MATIC all-wheel drive is a completely new development tailored to the requirements of the new models with front-wheel drive.

Integrated power take-off unit (PTU) channels power to the rear axle
The new 4MATIC comes together with the 7G-DCT seven-speed automated dual clutch transmission. The power flux to the rear powertrain is provided by a compact power take-off unit (PTU) which is fully integrated in the main transmission and is supplied with lubricant from the latter’s oil circuit. This configuration gives rise to substantial weight advantages of up to 25 percent in comparison to rival systems which branch off power by means of an add-on component with its own oil circuit. Together with the friction-minimised tapered roller bearings, the PTU achieves an excellent level of efficiency.

Completely new development with torque-on-demand rear axle
The electrohydraulically actuated multi-disk clutch integrated in the rear-axle gear unit provides for fully variable torque distribution. Basic principle: when the multi-disk clutch is open, the vehicle is driven almost exclusively by the front axle. When the clutch is closed, the rear axle comes into play. The drive torque can be shifted in fully variable mode between front and rear axle according to the given situation (torque on demand).

The system pressure to activate the rear axle is supplied in milliseconds by
the rotor pump which is integrated in the rear-axle gear unit. The pump is activated automatically as soon as only minimal speed differences apply between front and rear axle. Pressure control is performed by an ESP®-controlled proportioning valve.

Intelligent control systems for enjoyable driving
The 4MATIC is activated according to the basic principle of “as often as necessary, as rarely as possible”. This means that when the underlying conditions allow, the all-wheel-drive models run almost exclusively in particularly economical front-wheel-drive mode. As soon as the driving situation requires, drive torque is channelled to the rear axle as appropriate. The reverse process takes place just as quickly: as soon as additional drive torque is no longer necessary at the rear axle – e.g. in case of heavy braking manoeuvres with ABS intervention – the rear powertrain is deactivated and torque is reduced to zero.

In case of impending understeering or oversteering under load, the drive torque is first of all distributed such as to stabilise the vehicle. Only if these measures fail to have a stabilising effect do the control systems adapted to 4MATIC conditions, such as ESP® or 4ETS, intervene to keep the vehicle stable.

With this strategy, the developers have managed to combine two key requirements defined in the performance specifications: optimum energy efficiency coupled with maximum driving dynamics and driving safety.

Individual: driving modes to suit personal driving styles
The torque distribution ratio is also dependent on the activated shift programme of the 7G-DCT dual clutch transmission. In ECO mode less torque is channelled to the rear axle, resulting in gentler handling and supporting an economical driving style at lower revs. In SPORT or MANUAL mode the activation times are shortened and more torque is distributed to the rear axle in the interests of a dynamic, sporty driving style. On the AMG versions, adaptation of the 4MATIC controller takes place in accordance with the 3-stage ESP®.

New 4MATIC featuring in the Mercedes-Benz CLA
The CLA-Class models which are set to appear next year and the particularly agile and powerful CLA 45 AMG will also benefit from the further advances in all-wheel-drive technology from Mercedes-Benz. The new Mercedes-Benz CLA adopts the avant-garde design of the Concept Style Coupé into series production almost 1:1. In keeping with its sporty positioning, the CLA is available with high-torque turbo engines rated at up to 155 kW (211 hp), sports suspension and the newly developed 4MATIC. The technical highlights include numerous driving assistance systems, such as advanced COLLISION PREVENTION ASSIST.

CLA 45 AMG: the most dynamic way to experience the new 4MATIC
As the high-powered top model of the new compact class, the CLA 45 AMG broadens the portfolio of Mercedes-Benz’s high-performance brand to offer a fascinating high-performance vehicle in this class, too. The newly developed AMG 2.0-litre four-cylinder turbo petrol engine will set new standards in its engine capacity segment: with maximum torque of well over 400 Newton metres and low fuel consumption, AMG is aiming to lead the competition. In conjunction with the specially adapted 4MATIC version for this engine-power class, the CLA 45 AMG will be one of the most dynamic, powerful and efficient four-cylinder coupés around.

Impressive variety
In addition to the E-Class and the C-Class, both of which are available as Saloon and Estate variants, the 4MATIC model range also extends to the CL luxury coupé, the four-door CLS Coupé and the CLS Shooting Brake. The recently thoroughly overhauled SUVs and ATVs are also included in the range – the M‑Class, the compact GLK, the GL luxury SUV and the legendary G-Class, which still retains its special off-road strengths after 33 years in production. The all-wheel-drive line-up from Mercedes-Benz further includes an exotic model in the guise of the SLS AMG Electric Drive. Four electric motors on this vehicle guarantee tremendous thrust, with fully variable and selective drive torque distribution to the individual wheels. And when the compact models featuring the new 4MATIC generation round off the range next year, it will really be a case of all-wheel drive all-round!


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

ハスクバーナ、ダカールラリー2013参戦のスペシャルマシン公開!

想像を絶する冒険ラリー。
かつて、パリからダカールへ、道なき道を走破する【パリ・ダカール・ラリー】と呼ばれていた伝説のマラソンラリー。

来年1月5日にスタートする今年の【ダカールラリー2013】は南米大陸を舞台に15日、ペルーのリマからチリのサンテイアゴへ、およそ8000キロを走破するスケジュールで開催されます。

この過酷なラリーが開催される灼熱の大地に、厳寒の北欧、スウェーデンから乗り込んでいくバイクメーカーが【ハスクバーナ】です。
ハスクバーナはダカールラリーに参戦するスペシャルマシン【TE449RR】を公開しました。

なんでか意外ですね。
個人的にはハスクバーナというと、軽量な2ストモトクロスで、ピョンピョン飛ぶように、ものすごいスピードで荒れ地を駆け抜けていくってイメージがあるので、こんな戦車のような重装甲バイクのイメージがあんまりないんですよね。

去年、2012年大会でデビューした449RRにとって、今回は2度目のダカールラリー。
すでにダカールの前哨戦といわれるファラオラリーで総合優勝を成し遂げているTE449RRは実は今回、ハスクバーナだけでなく、BMWからも強力なサポートを受けて長いラリーを戦っていくとのこと。

今年は北欧のイケメンバイクは、どんな走りを見せてくれるのでしょうか? 楽しみですね。

リリース

Husqvarna Rallye Team by Speedbrain. 2013 Dakar Rally

Ready for the legendary desert rally.
Raw gravel routes, high sand dunes and deep riverbeds: this is the habitat of the Husqvarna rally bike. As such, it stands to reason that it should take on the ultimate challenge in off-road marathon racing – the Dakar Rally. The Husqvarna Rallye Team by Speedbrain will again have its sights set on the podium when it lines up at the 35th edition of the desert clas­sic in January 2013. The team from Stephanskirchen (GER) will receive factory support from Husqvarna Motorcycles and the BMW Group. The bike charged with achieving success in South America in January is the Husqvarna TE449RR by Speedbrain, which made its debut at the 2012 Dakar Rally and has since been further developed in all areas. This time, a total of five of the off-road bikes, which were devel­oped and assembled in Stephanskirchen, will line up at the start at the start. The four bikes of the team will be ridden by Joan Barreda (ESP), Paulo Gonçalves (POR), Alessandro Bot­turi (ITA) and Matt Fish (AUS). In addition, there is an agreement between Speedbrain and Jordi Viladoms (ESP), who will use a TE449RR as a privateer at the 2013 Dakar Rally.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

VW試乗でリゾート宿泊&雪上試乗ツアーが当たる!

vwの最新モデル試乗で、試乗モニター&スノーリゾートの宿泊券のセットがあたります!
宿泊先は福島か福井。

実際、北海道よりも緯度の高いドイツ生まれのブランドなので、雪上でも安全なフォルクスワーゲンというのも当然といえば当然なのですが、雪国でないとなかなか体験できないですよね。ということで、その実力を味わいつつ、ウィンタースポーツを愉しんでもらおうというキャンペーンだそうです。


フォルクスワーゲン、「スノーモニター & Wチャンス キャンペーン」を実施
抽選で20組40名様に最新モデルの試乗モニターと会員制リゾートの御宿泊をプレゼント

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:庄司 茂、本社:愛知県 豊橋市、略称:VGJ)は、12月11日(火)より、11月に発売した「クロストゥーラン」や「ティグアン TSI ブルーモーションテクノロジー」をはじめとした、最新のフォルクスワーゲンのラインアップを体感できる試乗モニターキャンペーン「スノーモニター & Wチャンス キャンペーン」を実施します。

「スノーモニターキャンペーン」は、12月11日(火)から2013年1月6日(日)までの期間に、専用ウェブサイトよりご応募いただいた方の中から抽選で20組40名様に、「試乗モニター」と福島県「ホテル グランデコ」、または福井県「ホテルハーヴェスト スキージャム勝山」の御宿泊(1泊2食、スキー場リフト券付)をプレゼントするものです。試乗モニターを通じて、市街地ではなかなか体感できない、雪上でのフォルクスワーゲンの走破性やクルージング性能、そして安全性をスノーリゾートで存分に堪能していただきます。

また「Wチャンス キャンペーン」として、スノーモニターキャンペーンの抽選に漏れた方も、キャンペーン事務局から送付される専用応募用紙に必要事項をご記入のうえ、お近くのフォルクスワーゲン正規販売店に持参していただき、キャンペーンの対象の車種にご試乗いただくと、抽選で10組20名の方に「ホテルハーヴェスト」の無料招待宿泊券がプレゼントされます。

「スノーモニター & Wチャンス キャンペーン」の詳細につきましては、下記をご参照ください。

- 記 -

【スノーモニター & Wチャンス キャンペーン】概要
専用ウェブサイトからの応募による全国オープン懸賞キャンペーン

応募期間:12月11日(火)~2013年1月6日(日)

内容:専用ウェブサイトよりご応募いただいた方の中から抽選で20組40名様に、モニター試乗と「会員制リゾートの御宿泊(1泊2食、スキー場リフト券付)」をプレゼント。また、抽選に漏れた方は、応募用紙をご記入のうえお近くのフォルクスワーゲン正規販売店で試乗いただくと、抽選で10組20名の方に「ホテル ハーヴェスト」の無料招待宿泊券をプレゼントします。

応募方法:専用ウェブサイト(http://www.volkswagen.co.jp/information/campaign/2012/1211/)よりご応募ください。

モニター期間: 2013年1月19日(土)~3月10日(日)の各週末。
※詳細は専用ウェブサイトをご覧ください

モニター試乗車: 「クロストゥーラン」、「シャランTSIハイライン」、「ティグアン TSI ブルーモーションテクノロジー」、「パサート オールトラック」、「トゥアレグV6 ブルーモーション テクノロジー」


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

フォルクスワーゲン富山中央がリニューアル

昨日のアウディ富山に続いて、フォルクスワーゲンも富山中央がリニューアルオープンするそうです。
現店舗とは国道を挟んで向かい側に移動、あたらしいモジューラーコンセプト店舗になります。
オープンは12月13日、フェアを22-23日に実施するそうです。


フォルクスワーゲン正規ディーラー 「フォルクスワーゲン富山中央」
移転新設 12 月 13 日(木)から営業を開始

富山県下初となる、フォルクスワーゲンの最新コーポレート デザイン「モジュラー コンセプト」導入店

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:庄司 茂、本社:愛知県 豊橋市、略称:VGJ)と、フォルクスワーゲン正規販売店に関する契約を締結している富山トヨタ自動車株式会社(代表取締役社長: 品川 祐一郎、本社: 富山県富山市)はこのほど、既設の「フォルクスワーゲン富山中央」を移転新設し、2012 年 12 月 13 日(木)より新店舗での営業を開始します。

新店舗は、国道 41 号線をはさんで現店舗の向かい側に移転し、従来と変わらぬアクセスの良さを確保すると共に、店舗規模を拡張することで、車両展示や商談スペースをより広く確保しており、さらに多くのお客様の来店が期待できます。

また新店舗は、フォルクスワーゲンがドイツをはじめ全世界で展開しているコーポレート デザイン、「モジュラー コンセプト」に基づいて設計されており、富山県では初の導入店舗となります。「モジュラー コンセプト」の重要なデザイン要素であるホワイトフレームがショールームを囲い、フォルクスワーゲン店としての存在感を際立たせるとともに、白で統一されたクリーンなショールームには、常時8 台のフォルクスワーゲン車が展示されます。 また、フォルクスワーゲン専用テスター等を備えたサービス工場、認定中古車ブランドの“Das WeltAuto”(ダス・ヴェルトアウト)コーナーも完備、お客様に高い満足度とブランド価値を提供できる施設となっています。

富山トヨタ自動車株式会社、及び「フォルクスワーゲン富山中央」の事業概要は、下記のとおりです。

- 記 -
運営法人 【富山トヨタ自動車株式会社】
住所:〒930-0018 富山県富山市千歳町 2-5-26
設立年月:1942 年
資本金:8 千万円
代表者名:代表取締役社長 品川 祐一郎 (しながわ ゆういちろう)
主な事業内容:新車・中古車販売 / 整備 / 部品販売

店 舗 【フォルクスワーゲン富山中央】
店舗住所:〒930-0975 富山県富山市西長江 1-2-6
     Tel. 076-423-4141 Fax. 076-423-4143
店長名:高岡 宏幸 (たかおか ひろゆき)
従業員数:14 名 (店長、セールス 5 名, サービス 6 名、その他 2 名)
展示車両台数:ショールーム 8 台
サービス施設:サービス 7 ワークベイ(検査ライン含む)
営業開始日:2012 年 12 月 13 日(木) (オープンフェア:12 月 22 日(土)-23 日(日))
URL:http://www.volkswagen.jp/toyamachuo/


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

フォルクス ワーゲン 「ポロ R WRC 2013」をワールドプレミア

西洋の巨人、フォルクスワーゲンがとうとう本格的にWRCに乗り込んでくるようです。
フォルクスワーゲンは12月8日、モナコ公国にて、世界ラリー選手権に参戦するレース車両「ポロ R WRC 2013」」のワールドプレミアと、参戦体制発表会をおこないました。
モナコ公国といえば、WRC伝統の開幕戦「モンテ・カルロラリー」のスタート地点としても有名ですね。

パリ・ダカ(ダカールラリー)三連覇を成し遂げたチームメンバーが、そっくりそのままWRCマシンを開発したというのだから期待せずには居られません。
総出力315馬力の1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載。全長3,976mm、全幅1,820mm、全高1,356mmというボディ寸法からも、トップカテゴリーとなる【WR】クラスに参戦することになるようです。

フォルクスワーゲン モータースポーツディレクターのヨースト・カーピトは「WRC は新参のチームがすぐに勝てるほど甘い世界ではありません。参戦初年度である 2013 年は何度か表彰台に立つことが目標です。1 年間かけて実戦で技術と経験を蓄積し、それを反映する 2014 年のマシンで優勝を目指す。そして 2015 年にタイトル争いができればと考えています。」と話しているように、どっしりと腰を据えて戦うようですね。
とはいえ、あの過酷な【パリダカ】ですら、何のノウハウもないところから参戦し、その直後から常勝軍団三菱を追いかけまわし、4年後にはトップ争いを演じ、6年で王者に君臨するほどのとんでもないメーカーです。
ファンとしては初年度からの活躍を期待したいものです。

リリース
フォルクスワーゲン、2013 年の世界ラリー選手権参戦に向けて体制発表
モナコ公国、カジノ前広場で「ポロ R WRC 2013」をワールドプレミア

フォルクスワーゲンは 12 月 8 日(土)、FIA 世界ラリー選手権(通称:WRC)への参戦車両である
「ポロ R WRC 2013」のワールドプレミアと、参戦体制発表会をモナコ公国で開催しました。
フォルクスワーゲンにとって WRC 参戦初年度となる 2013 年は、セバスチャン オジエ(フランス)と、
ヤリ‐マティ ラトバラ(フィンランド)がシリーズ全 13 戦に出場します。さらに、若手有望株の
アンドレアス ミケルセン(ノルウェー)もスポットで 3 台目の「ポロ R WRC 2013」をドライブします。
「ポロ R WRC 2013」は約 2 年間をかけて開発を行い、間もなく WRC の出場に必要なホモロゲー
ションを取得する予定です。マシンの開発は「ダカール ラリー」で 3 年連続の優勝を果たした
フォルクスワーゲン モータースポーツのエンジニアが中心となって行い、元 F1 テクニカル
ディレクターであるウィリー ランプ指導により進められました。フォルクスワーゲンは、2013 年の
WRC 開幕戦「ラリー モンテカルロ」に向けて、引き続き開発作業とテストを行います。
フォルクスワーゲン ブランド研究開発担当取締役: Dr.ウルリヒ ハッケンベルク
「本日、ラリー モンテカルロの舞台となるモナコ公国で、我々の参戦体制およびポロ R WRC 2013
を発表できることを大変うれしく思います。フォルクスワーゲンにとって WRC 参戦は、自分たちの
製品と技術を世界中の方々に広く知っていただく最高の機会です。ラリーカーのエンジンは、排気量
1.6 リッターの直噴ターボ。小さなエンジンから大きなパワーを引き出す技術は、まさに私たちが TSI
などの市販エンジンで実践しているものです。環境性能に優れたエンジンを、市販車をベースとする
車体に搭載し、世界中の国々、路面で走行する WRC は、フォルクスワーゲンにとって理想に極めて
近いモータースポーツです。我々は新規参入メーカーではありますが、WRC と深く関わり、この
素晴らしいモータースポーツをおおいに盛り上げていきたいと考えています」
ドライバー: セバスチャン オジェ(フランス)
「フォルクスワーゲンのドライバーとして、モナコ公国という素晴らしい場所で参戦体制発表会に参加
できたことをうれしく思います。私は 2011 年の終盤からチームの一員としてポロ R WRC 2013 の
開発を手伝ってきました。有能なスタッフのおかげで開発は順調にすすみ、素晴らしいマシンに
仕上がりつつあります。しかし来シーズンの開幕戦ラリー モンテカルロでは優勝よりもラリーを
きちんと走りきることの方が重要です。ヤリ‐マティ ラトバラ、アンドレアス ミケルセンという強力な
チームメイトとともに、じっくりと腰を据えて WRC を戦っていくつもりです」
ドライバー: ヤリ‐マティ ラトバラ(フィンランド)
「フォルクスワーゲンという、世界を代表する自動車メーカーのドライバーとして 2013 年の WRC に
参戦することが決まりとても幸せな気分です。先日、初めてステアリングを握ったポロ R WRC 2013
はフィーリングが素晴らしく、素性の良いマシンだと思いました。もちろんこれからまだ改善すべき点
もいくつかあります。私がWRCで培ってきた経験を活かし、チームメイトと協力しながらさらに戦闘力
の高いマシンに仕上げていきたいと思います」フォルクスワーゲン モータースポーツ ディレクター: ヨースト カーピト
「WRC への参戦は我々にとって大きな挑戦です。約 2 年間をかけてポロ R WRC 2013 を開発し、
体制を整えてきました。しかし、WRC は新参のチームがすぐに勝てるほど甘い世界ではありません。
参戦初年度である 2013 年は何度か表彰台に立つことが目標です。1 年間かけて実戦で技術と経験
を蓄積し、それを反映する 2014 年のマシンで優勝を目指す。そして 2015 年にタイトル争いが
できればと考えています。2013 年 1 月の開幕戦ラリー モンテカルロに向けてさらにテストを行い、
万全の体制で出場できるようチーム一丸となって頑張ります」
ドライバー: アンドレアス ミケルセン(ノルウェー)
「2012 年は 2 年連続で IRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)のチャンピオンとなり、また
フォルクスワーゲン・チームの一員として WRC に出場し経験を蓄積してきました。その結果として、
2013 年シーズンのフォルクスワーゲン WRC チームの一員に選ばれたことを心から喜んでいます。
現時点では第 4 戦ポルトガルからポロ R WRC 2013 をドライブする予定です。セバスチャン オジエ、
ヤリ‐マティ ラトバラという WRC を代表するトップドライバーたちから色々なことを学び、大きく成長
したいと思っています」
■「ポロ R WRC 2013」について
約 17 カ月という時間をかけて開発された「ポロ R WRC 2013」は、市販車をベースに 4WD
システムを組み込み、フロントには直列 4 気筒、1.6 リッターの直噴ターボエンジンを搭載。
直径 33mm の吸気リストリクターを装着することで、マシン間における性能差を少なくする工夫が
なされています。
ボディは 1820mm の規定ギリギリまで拡幅しており、タイヤを収めるために大型のフェンダーを装着。
サスペンションストロークを確保しあらゆる路面でのグリップ力と走破性を高めています。また空力
付加物も装着可能で、リヤには大型のウイングを装備しており、高速走行時の操縦安定性を向上
させています。サイドウインドなど一部の部品では樹脂素材への置換も可能となっており、車両の
軽量化に大きく貢献しています。
内装はすべて取り払われ、走るために必要な機能のみが残されています。メーター類はすべて
モニター表示とされ、ステアリング上に様々なスイッチが移植されています。規定により6速
シーケンシャルトランスミッションはマニュアルでの操作となっているため、ドライバーはフロアから
伸びたシフトレバーを前後に操作し変速を行ないます。また、ラリーではハンドブレーキを方向転換
のために使用するケースが多いため、手に取りやすい位置に延長されているのが特徴です。
■「ポロ R WRC 2013」主要諸元
<エンジン>
エンジン: エンジン形式:直列 4 気筒+直噴ターボ
排気量: 1,600cc
最高出力: 232kW(315hp)/6,250rpm
最大トルク: 425Nm/5,000rpm
吸気リストリクター: 33mm
ECU: ボッシュ製
<駆動系>
ギヤボックス: シーケンシャル6速
<シャシー/サスペンション>
サスペンション形式: マクファーソンストラット(前後)
ブレーキ: ベンチレーテッドディスク+アルミ4ポッドキャリパー
(ターマック): 355mm(前)、300mm(後)
(グラベル): 300mm(前後)
ホイール(ターマック): 8×18 インチ
ホイール(グラベル): 7×15 インチ
タイヤ: ミシュラン製<車両寸法、車両重量>
全長: 3,976mm
全幅: 1,820mm
全高: 1,356mm
トレッド: 1,610mm
ホイールベース: 2,480mm
最低重量: 1,200kg
<パフォーマンス>
0-100km/h:3.9 秒
最高速度:200km/h(ギヤレシオによる)
■2013 年参戦スケジュール
フォルクスワーゲン・チームは 2013 年に開催される WRC13 戦の全戦に出場を予定しています。
第 1 戦: 1 月 20 日 モンテカルロ
第 2 戦: 2 月 10 日 スウェーデン
第 3 戦: 3 月 10 日 メキシコ
第 4 戦: 4 月 14 日 ポルトガル
第 5 戦: 5 月 5 日 アルゼンチン
第 6 戦: 6 月 2 日 アクロポリス(ギリシャ)
第 7 戦: 6 月 23 日 イタリア
第 8 戦: 8 月 4 日 フィンランド
第 9 戦: 8 月 25 日 ドイツ
第 10 戦: 9 月 15 日 オーストラリア
第 11 戦: 10 月 6 日 フランス
第 12 戦: 10 月 27 日 スペイン
第 13 戦: 11 月 17 日 イギリス
*日付はラリー週の日曜日の日付。各イベントの詳細スケジュールはイベント主催者の確定待ち


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

アウディ富山、リニューアルオープン

アウディ富山がリニューアルオープン、だそうです。
新しいCIにもとづいたショールームで、認定中古車のショールームも併設するそう。

オープンは11日で、週末にはキャンペーンも展開されるということです。


アウディ正規販売店「Audi 富山」をリニューアルオープン

● 新CI/CDを導入、8台の新車展示が可能な北陸最大のショールームに

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)とアウディ正規販売店契約を締結しております、株式会社ファーレン富山(代表取締役社長:土井勝幸 本社:富山県富山市)が、このたび「Audi 富山」のショールームを移転、リニューアルし、12月11日より営業を開始いたします。

Audi 富山は、富山県で唯一のアウディ正規ディーラーです。新ショールームは、アウディの最新CI/CDを導入、内外装はホワイト/グレーのモノトーンで統一されたカラーを使用し、拡張されたフロアには8台の車両展示が可能で、ご来店のお客様に寛ぎの空間と質の高いサービスをご提供します。またAAA認定中古車センターを新たに併設し、12台を展示するとともに、アウディ サービス工場を拡張いたしました。ショールームは北陸自動車道 富山ICから国道41号線を富山駅方向へ数分と、アクセスの大変便利な場所にあり、より充実したサービス体制で多くのお客様をお迎えいたします。

オープニングフェアは、12月15日(土)~16日(日)に実施いたします。なお、全国における Audi 正規販売店数は、現在 104 店舗となっております。

「Audi 富山」の概要

店舗名:
Audi 富山

運営会社:
株式会社ファーレン富山 代表取締役社長:土井勝幸

店舗所在地:
富山県富山市掛尾町547-1
TEL:076-425-1900 FAX:076-425-1180

店長:
中坪大輔

店舗人員数:
19名

定休日/営業時間:
毎週月曜日/ 9:30 ~ 19:30

ショールーム:
689.54㎡/展示台数 新車8台 AAA認定中古車12台

サービス工場:
5ベイ

オープニングフェア:
2012年12月15日(土)~16日(日)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

世界最強の縦列駐車

ギネス認定の、縦列駐車だそうです。

全長3.54mのフォルクスワーゲン・up!を使って達成したこの記録、その幅は3.68 m。つまり、その猶予はわずか14cmしかありません。

メジャーだけじゃなくて、レーザーでも測定したこの厳密な記録は、そのままギネスに認定されたそうな。
さすがはぶつからないクルマ!?


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

アウディ最強のワゴンが登場

今度のRSはRS6 アバントだ。
4リッターV8エンジンは、ついに560馬力までパワーアップ。
0-100km/h加速は3.9秒!


Groundbreaking performance: The new Audi RS 6 Avant

Powerful twin-turbo V8: 4.0 TFSI with 412 kW (560 hp) and 700 Nm (516.29 lb-ft)
Reduced weight for greater efficiency and stronger performance
0 – 100 km/h (62.14 mph) in 3.9 seconds, top speed 305 km/h (189.52 mph)

The new Audi RS 6 Avant stands for groundbreaking performance. It is lighter and more efficient than the previous model, and performance has been improved once again. The sprint from 0 to 100 km/h (62.14 mph) takes just 3.9 seconds, and top speed is 305 km/h (189.52 mph). The 4.0 TFSI develops 412 kW (560 hp), but is content with an average fuel consumption of just 9.8 liters per 100 kilometers (24.00 US mpg).

The new Audi RS 6 Avant is a high-performance sports car for everyday use. Its character and uncompromisingly sporty tuning is the work of quattro GmbH, a wholly-owned subsidiary of AUDI AG. The company’s RS models with their powerful engines form the dynamic spearhead of the model program. The abbreviation “RS” stands for the most powerful version of a model series, for quattro permanent all-wheel drive, for extreme handling, for an understated appearance and for full everyday utility.
The 4.0 TFSI, which debuted last year, is a perfect example of Audi’s downsizing strategy in the high-performance category. In the new Audi RS 6 Avant, the twin-turbo V8 delivers confidence-inspiring power in every driving situation from its displacement of 3,993 cc. Peak output of 412 kW (560 hp) is reached between 5,700 and 6,700 rpm, with a constant 700 Nm (516.29 lb-ft) of torque available between 1,750 and 5,500 rpm.

Pulling power develops quickly due in large part to the two large twin-scroll turbochargers. They are mounted together with the intercooler in the inside V of the cylinder banks. The exhaust side of the cylinder heads is also on the inside, the intake side outside. This concept allows for a compact design and short gas paths with minimal flow losses.

The RS-specific engine management and unthrottled intake system also contribute to the eight-cylinder engine’s spontaneous response. The 4.0 TFSI delivers a sporty, full-throated sound. Switchable flaps in the exhaust system make the sound even fuller, if desired. Audi also offers an optional sport exhaust system.

The powerful twin-turbo V8 accelerates the new Audi RS 6 Avant from zero to 100 km/h (62.14 mph) in a best-in-segment 3.9 seconds. In the standard configuration, top speed is electronically limited to 250 km/h (155.34 mph). This is increased to 280 km/h (173.98 mph) with the optional Dynamic package. With the Dynamic plus package, Audi reigns in the engine only upon reaching 305 km/h (189.52 mph). According to the European driving cycle, the high-performance Avant consumes on average just 9.8 liters of fuel per 100 km (24.00 US mpg). Among the factors contributing to this figure are the new, standard start-stop system and innovative thermal management. Fuel consumption has been reduced by roughly 40 percent compared to the previous model.

One pioneering efficiency technology in the new Audi RS 6 Avant is the cylinder on demand (COD) system. At low to intermediate loads and engine speeds, it shuts down the intake and exhaust valves of cylinders 2, 3, 5 and 8. The 4.0 TFSI then runs as a four-cylinder engine until the driver accelerates more strongly again. Efficiency in the active cylinders is increased because the operating points are displaced toward higher loads.

The changeover from four and eight-cylinder operation takes just a few hundredths of a second. About the only thing noticeable to the driver is an indication in the instrument cluster. The COD technology reduces ECE fuel consumption by roughly five percent. Even greater savings of approximately 10 percent are possible when driving at moderate speeds. Active engine bearings use out-of-phase counter-oscillations to compensate for the vibrations that occur during four-cylinder operation.

The 4.0 TFSI is paired with an eight-speed tiptronic featuring shortened shift times. The automatic transmission offers D and S modes. Drivers who wish to shift for themselves can use the shift paddles on the steering wheel or the selector lever, which sports a unique RS design. The lower gears of the tiptronic are tightly spaced for sporty performance, while a tall eighth gear reduces fuel consumption.
At the heart of the quattro permanent all-wheel drive system with torque vectoring is a self-locking center differential with an elevated locking value. An oil cooler regulates its temperature. If desired, the sport differential distributes the power steplessly between the rear wheels to further increase agility and stability.

The new RS 6 Avant is the first RS model from Audi to come standard with a specifically tuned air suspension. The dynamic setup of the RS 6 adaptive air suspension lowers the body by 20 millimeters (0.79 in). The system combines the air suspension with controlled damping and takes into account the road conditions, the driving style and the mode chosen in the driving dynamics system Audi drive select, with which the driver can influence the function of key components in multiple steps.

Audi also offers the tauter sport suspension plus with Dynamic Ride Control (DRC) as an alternative to the RS 6 adaptive air suspension. This system uses steel springs and three-way adjustable shock absorbers that are interconnected diagonally by means of oil lines and a central valve for improved body roll stability. Another option is dynamic steering, which features steplessly variable steering boost and ratios. This system can also be integrated into Audi drive select and, just like the standard electromechanical power steering, is tailored specifically for the RS 6 Avant.

The brakes offer uncompromising performance. The four internally vented discs feature a weight-saving wave design with a wave-like outer contour. The front discs measure 390 millimeters (15.35 in) in diameter and are gripped by black, six-piston calipers. Customers can also opt for red brake calipers. Also available as an option are carbon fiber-ceramic brake discs measuring 420 millimeters (16.54 in) in diameter. Their calipers are painted anthracite gray. The electronic stabilization control (ESC) has a Sport mode and can also be deactivated entirely.

The new Audi RS 6 Avant comes standard with high-gloss, 20-inch, forged wheels in a seven twin-spoke design. Optional 21-inch cast wheels are available in three versions: high-gloss silver, polished black and polished titanium-look.

The body plays a major role in the handling. It is roughly 20 percent aluminum and includes numerous components made of high-strength steel. The new Audi RS 6 Avant weighs roughly 100 kilograms (220.46 lb) lighter than its predecessor. The improved power-to-weight ratio contributes to even better handling with improved performance coupled with reduced fuel consumption.

Numerous RS-specific design details underscore the distinctive appearance of the high-performance Avant. Most noticeable are the matte aluminum applications on the body, the high-gloss black protective grille at the front of the car, the bumpers, the fender, sill flares and the large roof spoiler. At the rear of the car, the diffuser and the two large, elliptical exhaust tailpipes make a bold statement.

Two optional appearance packages – Matte Aluminum or Carbon – further customize the look and include such things as quattro badges on the central front air inlet. With the Carbon appearance package, the front splitter and the diffuser are even more boldly shaped. The new Audi RS 6 Avant is available in nine exterior colors, including the exclusive shade Daytona Gray matte. Additional options from the Audi exclusive range offer numerous opportunities for customization.

The sportily elegant cockpit of the new Audi RS 6 Avant is singularly tailored to the driver. The dial instruments feature black faces, white dials and red needles. The key; the flat-bottomed, three-spoke, multifunction steering wheel; the illuminated entry sills; the tachometer and the displays for the MMI as well as the driver information system (DIS) sport RS logos.

A new feature in the RS menu of the DIS is the shift light. Green segments are illuminated as revs increase. The bar turns red and begins to blink when revs approach the red line. Displays for the gear selected, boost pressure, oil temperature and a digital speedometer round out the RS 6-specific driver information system.

The footrest, pedals and switches in the MMI navigation plus terminal shine in an aluminum-look finish. The decorative bezel surrounding the retractable monitor sports a piano finish; the interior door openers feature a delicate double-bar design – a classic RS feature. Carbon inlays are standard; six additional materials are available as options. A black headlining is standard; Moon Silver or black Alcantara are optional.

RS sport seats with pronounced side bolsters, integrated head restraints and RS 6 logos are standard. They are covered in a combination of black Alcantara and leather, and the center sections feature diamond quilting. The seats can also be covered in high-grade, honeycomb-quilted Valcona leather in either black or Moon Silver. Audi offers optional power-adjustable deluxe seats with memory function.
The Audi RS 6 Avant comes standard with two sportily molded rear seats. A three-person bench seat is available as an option. The luggage compartment holds up to 1,680 liters (59.33 cu ft).

The new Audi RS 6 Avant comes with a generous list of standard equipment, including xenon plus headlights, LED rear lights, a tire-pressure control system, illuminated entry sills and the custom driver-information system. Also on board are the parking system plus, cruise control, three-zone automatic air conditioning, MMI navigation plus with MMI touch and the 10-speaker Audi sound system.

Options include LED headlights with a unique design, ceramic brakes front and rear, the sport differential on the rear axle and the sport suspension plus with Dynamic Ride Control (DRC). The Dynamic package, Dynamic package plus, Comfort package and practically every high-end option available in the model series are also available for the RS 6 Avant. These include the head-up display and the high-performance driver assistance systems as well as the Bang & Olufsen Advanced Sound System with 15 speakers and 1,200 watts of total power. The Bluetooth online car phone – the perfect complement to the MMI navigation plus – delivers web-based Audi connect services to the car.


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

「Audi 高松」をグランドオープン

アウディ高松がリニューアル。認定中古車展示場を拡張してグランドオープンだそうです。
オープン初日の今日から週末にかけては、オープニングフェアも開催。

これで全国のアウディ正規ディーラーは104店舗だそうな。


<press release>
「Audi 高松」をグランドオープン
アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)とアウディ正規販売店契約を締結しております、株式会社サンヨーオートセンター(代表取締役社長:阿部徳行 本社:岡山県岡山市)が、Audi 高松をグランドオープンいたします。既存店舗をリニューアルしたほか、認定中古車展示場を拡張し、11月27日より営業を開始いたします。

Audi 高松は、アウディの最新CI/CDであるターミナルコンセプトを導入した日本最大*のアウディショールームとなり、新車展示台数は12台です。外観にアルミ材を使用したハニカムパネルファサードを採用し、内装はレーシングサーキットのバンクをイメージにした斜め壁を境にして展示スペースと商談スペースが配置されています。照明は最新のLEDによるライティングコンセプトにより、展示車がより引き立つ照明効果を得ると共に環境への配慮も盛りこまれております。また、四国初のAudi R8取扱い正規ディーラーとして、最新のアウディ プロダクトをご体感いただけます。

併せて拡張した認定中古車展示場(屋外)には12台の展示が可能となると共に、在庫検索システムの導入により、他店の中古車共有在庫をオンライン検索することも可能です。また、サービス工場は6ベイを新設し、充実した体制でお客様をお迎えいたします。

オープニングフェアは、11月27日(火)〜12月2日(日)の予定です。なお、全国における Audi 正規販売店数は、現在 104 店舗となっております。
(*平屋建てショールームにおける新車展示台数と延床面積比較による)

「Audi 高松」の概要
店舗名:
Audi 高松

運営会社:
株式会社サンヨーオートセンター (代表取締役社長:阿部 徳行)

店舗所在地:
香川県高松市伏石町2136−11
TEL:087-868-9090 FAX:087-868-9595

店長:
猪岡 栄二(イノオカ エイジ)

店舗人員数:
13名

営業時間/定休日:
ショールーム営業時間 9:00 ~ 20:00 / 毎週水曜日
サービス工場営業時間 9:00 ~ 18:00 / 毎週水曜日

ショールーム:
展示台数 新車12台、中古車12台(屋外)

ショールーム面積:
延床面積1395.68㎡(約423坪)

サービス工場:
6ベイ

オープニングフェア:
2012年11月27日(火)〜12月2日(日)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

次のページ →