フィアット・アルファロメオ高松オープン

移転して仮営業していた「フィアット高松/アルファ ロメオ高松」が、もとの場所にリニューアルオープンするそうです。
敷地内にフィアットの店舗とアルファロメオの店舗を別々に構えるなど、かなりちからの入った店舗のようです。

このオープンをもって、フィアット・アルファロメオは全国で76店舗となるそうです。

フィアット高松/アルファロメオ高松

フィアット高松/アルファロメオ高松


「フィアット高松/アルファ ロメオ高松」
11 月3 日(土)にリニューアルオープン
~ フィアット、アルファ ロメオのショールームを別棟にて敷設 ~

フィアット クライスラー ジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)とフィアット/アルファ ロメオ販売店契約を締結している関西自動車株式会社(本社:香川県高松市、社長:代表取締役 平井 良憲)は「フィアット高松/アルファ ロメオ高松」を、11 月3 日(土)にリニューアルオープンいたします。

同店は、本年6 月に旧店舗(高松市観光通)より関西自動車本部所在地に移転し仮店舗にて営業しておりましたが、このたび改装が完了しリニューアルオープンするものです。

国道33 号線に面する新店舗では、敷地内にフィアット、アルファ ロメオのショールームを別棟にて敷設し、各々のブランド・アイデンティティを強調しています。外観にはフィアット、アルファ ロメオのフェイシアサインとポータルパイロンを設置し、内装はグローバルCI に準じたアクセントウォールおよび専用什器を使用しています。さらに、フィアット棟の2 階にはイタリアンテイスト溢れるラウンジコーナーを新設しました。

「フィアット高松/アルファ ロメオ高松」は2012 年11 月3 日(土)、4 日(日)の2日間、グランドオープニングフェアを開催致します。なお、本店舗のオープン後のフィアット/アルファ ロメオの正規ディーラーは47 法人76 店舗となります。

フィアット高松/アルファ ロメオ高松
  所在地: 香川県高松市香西南町621-9
  電話番号: 087-881-8558
  営業時間: 9:00~19:00(毎週水曜日、第二木曜日定休)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

アバルト・プントに“サソリ”の特別仕様

こちらは、創始者であるアバルトさんにちなんだ、サソリ仕様。
エッセエッセKONIがついて、限定40台。3,740,000円です。

アバルト・プント・スコルピオーネ(ABARTH Punto Scorpione)

アバルト・プント・スコルピオーネ(ABARTH Punto Scorpione)


<press release>
アバルト、Puntoの限定車「Punto Scorpione(プント スコルピオーネ)」を発売

フィアット クライスラー ジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、本格派コンパクトスポーツモデル、アバルト「プント エヴォ(Punto Evo)」を「プント(Punto)」に名称変更するとともに新しいプントシリーズとしてラインアップの拡充を図り、限定車を導入します。なお、新しいプントシリーズの各モデルは、アバルトの創始者であるカルロ アバルトがさそり座の期間中に誕生したことにちなみ、さそり座の初日である2012年10月24日(水)より全国のアバルト正規ディーラーにて販売開始します。

アバルト「プント エヴォ」は、1.4ℓターボ マルチエア エンジンに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた左ハンドル仕様の本格派コンパクトスポーツとして、2010年に日本に導入して以来、ドライビングパフォーマンスを追及するお客様に支持されています。

アバルトは、創始者であるカルロ アバルトがさそり座の期間中である11月15日に誕生したことから、毎年さそり座の期間に特別な活動を展開しています。今回の特別仕様車および限定車の導入もその一環で、充実した商品内容とともに、アバルト車の魅力をより広く訴求していきます。

■新プントシリーズのベース車両「Punto」(プント)
従来のプントエヴォを、「プント」に名称変更します。商品内容はプントエヴォと変わらず、これまで通り、パフォーマンスを向上させるパーツキット「アバルト プント エッセエッセ(esseesse) KONIキット」および「アバルト プント KONIキット」によるアップグレードが可能です。

■限定車「Punto Scorpione」 (プント スコルピオーネ)   ※日本限定40台
プントをベースとした、全世界で199台、日本で40台導入する限定車です。エクステリアについては、ネロ スコルピオーネ(ブラック)のボディカラーをベースに、スーパースポーツと同様の特別ペイントを施し、ブラックペイントされた18インチアロイホイールを採用しています。性能面では、エッセエッセKONIキットを標準装備し、エンジン出力だけでなく、シャシー性能も大幅に向上させています。前席にはSabeltシートを採用しており、ホールド性を高めてスポーツドライビングを強力にサポートします。

Punto(プント)
直列4気筒16バルブ マルチエア ターボ/ 6速マニュアルトランスミッション
2,890,000円

Punto Scorpione(プント スコルピオーネ)
直列4気筒16バルブ マルチエア ターボ/ 6速マニュアルトランスミッション
3,740,000円
        


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

アバルト・プントに高出力バージョン!

ちょっと前に、「フィアット・プントエボ」が「フィアット・プント」に名前が変わった(戻った?)のですが、アバルトも同じように「アバルト・プント」になるそうです。

で、さらにエッセエッセKONIと同等の高出力版のエンジンを搭載した、スーパースポーツが出ます。

アバルト・プント・スーパースポーツ(ABARTH Punto SuperSport)

アバルト・プント・スーパースポーツ(ABARTH Punto SuperSport)


<press release>
アバルト、Puntoのラインアップを拡充 特別仕様車「Punto SuperSport(プント スーパースポーツ)」を発売

フィアット クライスラー ジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、本格派コンパクトスポーツモデル、アバルト「プント エヴォ(Punto Evo)」を「プント(Punto)」に名称変更するとともに新しいプントシリーズとしてラインアップの拡充を図り、特別仕様車を導入します。なお、新しいプントシリーズの各モデルは、アバルトの創始者であるカルロ アバルトがさそり座の期間中に誕生したことにちなみ、さそり座の初日である2012年10月24日(水)より全国のアバルト正規ディーラーにて販売開始します。

アバルト「プント エヴォ」は、1.4ℓターボ マルチエア エンジンに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた左ハンドル仕様の本格派コンパクトスポーツとして、2010年に日本に導入して以来、ドライビングパフォーマンスを追及するお客様に支持されています。

■新プントシリーズのベース車両「Punto」(プント)
従来のプントエヴォを、「プント」に名称変更します。商品内容はプントエヴォと変わらず、これまで通り、パフォーマンスを向上させるパーツキット「アバルト プント エッセエッセ(esseesse) KONIキット」および「アバルト プント KONIキット」によるアップグレードが可能です。

■特別仕様車「Punto SuperSport」(プント スーパースポーツ)
プントをベース車両とした特別仕様車です。エクステリアについては、アバルトを象徴するボディカラーであるグリージョ カンポヴォーロ(グレー)に、アバルト 124ラリーにちなみ、ボンネットとルーフパネルに、マットブラックペイントとスペシャルストライプを施しています。また、ホイールもブラックペイントで、よりスポーティで精悍な印象です。性能面では、エッセエッセKONIキット装着車と同様に、エンジン出力をノーマルのプントの120kW (163ps) / 5,500rpm [EEC] に対し132kW (180ps) / 5,750rpm [EEC] までアップグレートしています。

Punto(プント)
直列4気筒16バルブ マルチエア ターボ / 6速マニュアルトランスミッション
2,890,000円
                          
Punto SuperSport(プント スーパースポーツ)
直列4気筒16バルブ マルチエア ターボ / 6速マニュアルトランスミッション
3,090,000円


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード

フィアット、500(チンクエチェント)全ラインアップに メンテナンスプログラムを標準付帯

フィアット クライスラー ジャパンは日本におけるチンクエチェントの全ラインナップに、これまで有料(68,000 円)だった「フィアット イージー ケア」を無料で付帯すると発表しました。

また、TwinAir(ツインエア)エンジン搭載モデルではオルタネーターの更新などにより燃費の向上がはかられたようです。


<press release>

フィアット、500(チンクエチェント)全ラインアップに
メンテナンスプログラムを標準付帯
2012年11月1日(木)より
フィアット クライスラー ジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)
は、500(チンクエチェント)の全ラインアップに、これまで所定の契約料が必要だったメンテナンスプログラム「フィアット イージー ケア」を標準付帯します。このサービスは3年間、専門スタッフによるサポートを提供するもので、お客様に安全で快適なカーライフを保証します。

これまで、フィアットでは、3 年または走行距離100,000km までをカバーするメーカー基本保証、新車登録時より3 年間、24 時間年中無休で緊急のトラブルに対処するロードサービスに加え、カーライフをサポートするメンテナンスプログラム、「フィアット イージーケア」を68,000 円メーカー希望小売価格<消費税込>)にて販売、1 年目、2 年目の定期点検および定期点検時におけるメーカー推奨定期交換部品の交換を行っていました。今後は、「フィアット イージー ケア」を標準装備することにより、お客様により一層の安心を提供していきます。

また、車両の仕様についても変更があり、TwinAir(ツインエア)エンジン搭載モデルについては、充電のタイミングを最適化する充電制御装置であるスマートオルタネーターを新たに装着したことで、CO2 排出量を10・15 モード燃費換算値で0.5km/ℓ 向上させました。(500 TwinAir POP:21.5km/ℓ→22.0km/ℓ、500 TwinAir LOUNGE:21.0km/ℓ→21.5km/ℓ)。さらに、500 TwinAir の上位グレードである500 TwinAir LOUNGE には、これまで同グレードでは設定がなかったブラックのインテリアカラーと、グレー/ブラックのファブリックシートの組み合わせを導入しました。

<500 TwinAir LOUNGE に新たに導入したグレー/ブラックのファブリックカラー>
◆500 の新ラインアップおよび車両本体価格
モデル名 エンジン/トランスミッション
全国メーカー希望小売価格(消費税込)

500 1.2 POP
直列4 気筒SOHC 8 バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ/ デュアロジック
1,990,000円(旧価格:1,950,000円)

500 TwinAir POP
直列2 気筒8 バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ/ デュアロジック
2,200,000円(旧価格:2,150,000円)

500 TwinAir LOUNGE
直列2 気筒8 バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ/ デュアロジック
2,500,000円(旧価格:2,450,000円)

500C 1.2 POP
直列4 気筒SOHC 8 バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ/ デュアロジック
2,430,000円(旧価格:2,390,000円)

500C TwinAir LOUNGE
直列2 気筒8 バルブ マルチエアインタークーラー付ターボ/ デュアロジック
2,840,000円(旧価格:2,790,000円)


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード