じつはスバルが作っていた! 国内トップシェアのあのクルマが製造終了

私たちが生活する上でどうしても発生するのがゴミ。
不燃物、可燃物、生ゴミ、危険物。それらをいつも回収してくれる清掃業者の収集車には皆さんお世話になっているのではないでしょうか?
その中でも「パッカー車」と呼ばれる収集車は、実は富士重工業つまりスバルが作っていたって知っていましたか?
「フジマイティー」という商品名でつくられていたその収集車は、スバルが国内トップシェアを誇っていました。その歴史はもう50年にもなります。
しかしながらそのスバルはこの事業から撤退する決断をしたようです。2012年末をもって、新明和工業に事業譲渡をおこない環境車両事業から完全撤退するとのこと。

近年のゴミ削減傾向で需要が減っているのがその理由なのだとか。それをきくと、私たちが日々の生活の中でおこなっている「ゴミ削減」の効果が出ているのかとうれしく思う反面、このようなトップシェアを誇っていた企業すらも事業から撤退させてしまうという寂しさのようなものも感じてしまいますね。

これまでの累計で66,864台を世に送り出してきた富士重工さん。本当にお疲れ様でした!
そして事業譲渡された新明和さん、これからもお願いします!

フジマイティエレクトラ

リリース
富士重工業 塵芥収集車フジマイティーの生産を終了
富士重工業は、12月19日に塵芥収集車フジマイティーの生産を終了しました。また、当社の環境車両事業の生産は2012年末をもって全て終了します。

富士重工業のエコテクノロジーカンパニーが展開する環境車両事業は、主に塵芥収集車とパワーローダー、モートラックの製造、販売および修理を行ってきました。その中でも中核となる塵芥収集車事業は、東京オリンピック開催を間近に控えた1962年に、各自治体が都市美化への取組を強化するのに呼応しLP101型を発売して以来、50年にわたって「フジマイティー」のブランド名でプレス式、回転板式共にお客様のニーズに応えた幅広いラインナップを展開し、累計66,864台を生産、国内外に販売してきました。

フジマイティーの生産終了に伴い、12月19日にユーザー様、お取引先様をはじめとした来賓をお迎えし、同カンパニーのエコ宇都宮工場製作所(栃木県宇都宮市)にて生産完了式典を実施しました。式典で、当社の吉永泰之社長は「フジマイティーは塵芥収集車の発展と技術革新をリードし、我が国の清掃行政の発展に大きく貢献してきました。50年間に蓄積されたフジマイティーのDNAは、事業譲渡先である新明和工業において新たな発展を遂げていくものと確信しています。今日までフジマイティーの開発、製造、販売にご協力を賜りました皆様、そしてご愛顧賜りましたお客様に感謝申しあげます。」と述べました。

富士重工業の塵芥収集車事業は、長年国内トップクラスのシェアを誇る事業でしたが、国内の塵芥収集車市場は、近年の環境意識の高まりによるゴミ排出量の減少に加え、長期的には人口減少等の影響により、今後厳しさを増すことが予想されています。こうした状況を踏まえ、当社は塵芥収集車事業を2013年1月1日に新明和工業株式会社へ譲渡し、自動車をはじめとした他事業への経営資源の集中を図ります。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード