日産から巨大キャラバン、登場!

2012年6月にフルモデルチェンジを果たした【NV350キャラバン】ですが、ついに…というか、やっぱりというか、ワイドボディ車が出ましたね!
トヨタの【ハイエース】を追撃するためには必須のラインナップとは思っていましたが、ついに満を持して登場といったところでしょうか。
一番大きなボディを持つ【ワイドスーパーロングハイルーフ】のボディサイズは全長5,230mm、全幅1,880mm、全高2,285mmという、堂々たるもの。
標準車に比べ全長で535mm、全幅で185mm、ワイドボディ車は全車ハイルーフなので全高は295mm増えています。

また、ワイドボディ車はディーゼルもガソリンもどちらも2.5リッターエンジンを搭載し、2リッターガソリンエンジンの設定はありません。スペックは2.5リッターのガソリンエンジンが、最高出力147馬力、最大トルク213Nm。2.5リッターディーゼルエンジンが最高出力129馬力、最大トルク356Nmとなっています。2.5リッターディーゼルでこのトルクはなかなか魅力的ですね。どんなに荷物を積んでもスイスイ走ってくれそうですね。
すべてのエンジンで組みあわされるトランスミッションは5段オートマチックトランスミッションです。
これだけジャンボな空間を持ったクルマ、なかなかないですね。きっと仕事に遊びに活躍してくれそうです。

リリース

新型「NV350キャラバン ワイドボディ」を発売

「NV350キャラバン」は2012年の6月の発売以来、その優れた燃費性能、デザイン、荷室空間、先進装備がお客様から高い評価を受けており、発売後約5ヶ月経過した11月末時点で、すでに累計登録台数が約12,000台に達しています。今回新しく発売となる「NV350キャラバン ワイドボディ」は、同車のスーパーロングボディをベースに、ワイドボディならでは迫力のあるデザイン、圧倒的な広さの室内空間も兼ね備えたモデルです。「マイクロバス」と「バン」の2つの車型を取り揃え、「NV350キャラバン」としてのラインアップの幅をさらに広げるモデルです。

エクステリアは、室内の広さを強く感じさせる、ボクシーなプロポーションながら、クリーンでモダンなデザインとしています。インテリアにおいては、「マイクロバス」は、前後のシートの間隔を広くすることで、14人の乗客がゆったりくつろげる室内の広さを実現しました。「バン」では、荷室幅を標準幅のタイプに対して+185mmの1,730mmとすることで、8,400L*1の余裕ある荷室容積を確保しています。ワイドな開口部は荷物の積み込みのしやすさにも貢献しています。

同車は同時にクラストップの燃費性能を実現しました。クリーンディーゼルテクノロジーを駆使した「YD25DDTi」エンジンを搭載することで、「マイクロバス」では11.2km/L(JC08モード)、「バン」では11.8km/L(JC08モード)の低燃費を達成し、ガソリンエンジン「QR25DE」においても、「マイクロバス」では8.6km/L(JC08モード)、「バン」では8.8km/L(JC08モード)と燃費性能を向上させました。
なお、「NV350キャラバン ワイドボディ」は、ディーゼル車は「平成27年度燃費基準+10%低減レベル」、ガソリン車は「平成27年度燃費基準」を達成しています。また、ディーゼル車においては、国土交通省の「平成21年度排出ガス規制(ポスト新長期規制)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置*2により、自動車取得税及び、自動車重量税が減税となります。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード