日産シルフィ、フルモデルチェンジ!

日産のセダンの中核モデル、シルフィがフルモデルチェンジです。
以前にはブルーバード・シルフィともいいましたが、ついにブルーバードの名前が落ちて、単なるシルフィ。日本をはじめ世界各地で販売される、グローバル戦略車の核となるモデルです。

エンジンが1.8リッターの「MRA8DE」という新型になり、それにCVTとの組み合わせで販売されます。価格は200万円前後。国内仕様は追浜工場で製造されるそうです。


新型「シルフィ」を発売
-あわせて、「シルフィ 助手席回転シート」を発売-

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、フルモデルチェンジした新型「シルフィ」を12月5日より全国一斉に発売すると発表しました。

新型「シルフィ」は、日本やアメリカなどの成熟市場と、中国、タイ、中南米といった新興市場、世界約120ヶ国で販売を計画しているグローバルセダンであり、新型コンパクトカー「ノート」、コンパクトセダン「ラティオ」とともに、日産のグローバルでの持続的な成長を支える中核モデルです。
洗練された美しいデザインとクラスを超えた高い快適性を特長とする同モデルは、パワートレインに新開発1.8リッターエンジン「MRA8DE」と副変速機付エクストロニックCVTを採用し、力強くスムーズな走りを実現します。
尚、日本市場向けの新型「シルフィ」は神奈川県横須賀市の追浜工場で生産する予定です。

新型「シルフィ」の主な特長は以下の通りです。

○セダン本来の美しさを追求したデザイン
高級感あふれるフロントグリル、LEDクリアランスランプを搭載した眼力のあるヘッドランプ、きらびやかなリヤコンビネーションランプ、そして、流れるようなキャラクターラインにより、セダン本来の美しいエクステリアデザインを追求しました。旧型モデルに対し全高を15mm下げながら、全幅を65mm広げることで、セダンらしいバランスの良いプロポーションを実現しています。

インテリアは広がり感があり、繋ぎ目のない一体成型のインストルメントパネルや精緻なメーターデザインなど、「シルフィ」ならではの上質な室内空間にさらに磨きをかけました。

○クラスを超えた快適性
後席は室内パッケージングの最適化などにより、Lクラスセダンに匹敵するゆとりのニールームを実現しています。また、ショルダールームが旧型に対し30mm拡大したことにより、ゆったり感が一段と高まりました。また、ボディ剛性を高めて振動を抑制し、遮音材を効率的に配置することで静粛性を高めました。加えて衝撃吸収性を高めたサスペンションを採用することにより、乗り心地も向上しています。
さらに、「フーガ」や「ティアナ」にも搭載されている左右独立温度調整機能付エアコンディショナーや後席吹き出し機能を採用するなど、乗員すべてが快適に過ごせる室内空間を実現しています。また、ガラス面積を拡大したことによる広々とした視界や車両形状をつかみやすいフード形状などにより、運転のしやすさも向上しています。

<販売目標台数> 600台/月
<発表展示会> 12月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)
<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)

駆動 グレード エンジン ミッション 価格
2WD S MRA8DE エクストロニックCVT
(無段変速機)
1,937,250
X 2,094,750
G 2,389,800

<新型「シルフィ」の車両概要>
1.デザイン
セダンならではの機能性を高めながら、ダイナミックさと高品質感を追求した美しいエクステリアデザイン

  • 美しい輝きとシャープで立体感あふれるデザインにより、堂々とした存在感を主張するフロントグリル
  • 横基調のデザインにより、車幅の広さ感と安定感を印象付けるフロントバンパー
  • 6連のLEDクリアランスランプがアクセントの眼力のあるヘッドランプ
  • フロントフェンダーの膨らみからリヤコンビネーションランプまで流れるように続くキャラクターライン
  • 視認性の高いサイドターンランプを内蔵した電動格納式リモコンカラードドアミラー(GとXに標準)
  • 大胆なU字型のデザインに加え、15個のLEDにより、上質さと華やかさを演出するリヤコンビネーションランプ
  • 新色「ディープアイリスグレー(PM)(特別塗装色)」をはじめ、全6色のボディカラーを設定(PMはパールメタリックの略)

洗練された美しさと豊かな空間の広がりが高品位な心地よさを生み出すインテリアデザイン

  • 広がり感のあるインストルメントパネルデザイン
  • インストルメントパネルの上段から中段を一体成型し、さらにソフトパッドトリムを採用することで、流れるような曲面で高級感あふれるインテリアを実現
  • インストルメントパネル下部とフロントドア上部のトリムに、艶感を抑制して滑らかな質感と落ち着いた雰囲気をもたらす「マイクログレイン」を採用
  • 視認性の高いファインビジョンメーターを全車に採用。中央部のカラー液晶ディスプレイにはECOモードインジケーターを始め、様々な情報を表示
  • センターパネルのフィニッシャーなどに、厳選した異なる素材を巧みに組み合わせた造り込みを行い、クラスを超えた上質感を実現

2.走行性能、パッケージング
メカニズム

  • 新開発1.8リッターエンジン「MRA8DE」を全車に搭載。ロングストローク化、燃焼効率・吸排気効率の向上、フリクションの低減などにより、力強くスムーズな走りを実現。また、燃費を旧型モデルから16%向上させ、15.6km/L(JC08モード)とした
  • トランスミッションは、副変速機付きエクストロニックCVTを全車に採用

パッケージング

  • フロントガラスを主に上方へ拡大することで、信号や標識の視認性を向上
  • 車両感覚がつかみやすいフード形状
  • 最適な運転姿勢がとれるチルト&テレスコピックステアリング(前後30mm、上下40mmの調整が可能)
  • 全幅を65mmワイドにしたことなどにより、ショルダールームが旧型より30mm拡大。車内のゆったり感が向上するとともに、ドアの厚みを増加させたことにより、ゆとりのあるアームレスト形状を実現
  • 足を組んでくつろげる余裕の後席ニールーム
  • リヤシート背もたれのサイド部の張り出しをフラットにすることで、3名乗車時の快適性と乗降性を向上
  • 510L(VDA方式)のトランク容量

空力性能、快適性

  • 空気抵抗の少ないボディ形状とアンダーフロアの空気の流れを最適化することで、Cd値0.29を達成
  • ボディ剛性を高め、振動を抑制することで静粛性を向上。さらに音の進入経路となる隙間を徹底的に排除し、吸遮音材を効率よく配置することであらゆる走行シーンで高い静粛性を実現
  • サスペンションのストロークを伸ばし、衝撃や振動の吸収性を高めることで乗り心地を向上

<その他の主な安全技術、環境への取り組み>

  • キセノンヘッドランプ(ロービーム、プロジェクタータイプ、オートレベライザー付)(Gに標準)
  • 最適配光マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付)(XとSに標準)
  • オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)(GとXに標準)
  • VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])
  • LED式ハイマウントストップランプ
  • ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)+ブレーキアシスト
  • 高強度安全ボディ(ゾーンボディ)+歩行者傷害軽減ボディ
  • 全席ELR付3点式シートベルト
  • 運転席・助手席SRSエアバッグシステム
  • 運転席・助手席サイドエアバックシステム&SRSカーテンエアバッグシステム(Gに標準)
  • JC08モード燃費への対応
  • 全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得
  • リサイクル可能率95%以上を達成


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード