ホンダ、ミラノショーに新型車6台を出展中

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが、11月13日より開催されているEICMA2012(ミラノショー)に、新型の2輪車6種を出展しています。

CBR500R、CB500F、CB500Xは、タイで生産される初めての中排気量車で、世界戦略車に位置づけられているようですね。一見すると、エンジンやフレームなどに今日用部品が多そうですが(特にCBR500RとCB500F)それぞれ全く違う個性を持ったバイクに仕上がっているようですね。
CBR500Rに関しては、フロントディスクはシングルですし、フォークも倒立タイプではないですから、兄貴分のCBR1000RRやCBR600RRのようなバリバリのスポーツバイクではなく、もう少し肩の力が抜けた位置づけのCBR600Fのような存在になるんじゃないでしょうか? これでもし排気量が400ccだったら日本でも売れたでしょうに、その一点のみが残念と言えば残念。しかし、タイで生産されるバイクは本当に近年とてもレベルが高いので、期待の新車というのいうのは間違いなさそうです。2気筒のスポーツバイクって、実は結構貴重ですしね。

そして一緒に展示されるCBR600RR。これはもう文句なしのバリバリスポーツバイク。レーステクノロジーを惜しげなくつぎ込んだスーパーマシンに違いありません。これは日本でもきっと発売されるでしょうから、その雄姿が見れるのもそう遠くないかもしれません。

NSS300 FORZAは日本でもおなじみのビッグスクーター、FORZAに300ccのエンジンを搭載したというモデル。これはおそらく国外向けでしょうか。
欧州のほうでは300ccという排気量を持ったスクーターがわりと多く見られます。そんな激戦区に送り込まれるわけですね。

そして異様な雰囲気を放つ強烈なバイクがGOLDWING F6B! これはもう見た瞬間「うおっ!」って後退っちゃうくらいの強烈オーラ! カッコよすぎます。
超重量級の車体を持ちながら、凄まじいまでの動力性能を持つGOLDWING (GL1800)を軽快な姿にしたようなF6B。車体が巨大なのは変わりませんが、きっと速いんでしょうね、これも。
「ワルキューレ・ルーンよりもゆったり乗れるツアラーがほしい。だけどGLはちょっと……」って思っていた人たちには、「渡りに船」ですよね。きっと。

リリース

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州スラウ 社長:西前 学)は、2012年11月12日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaは、11月13日(火)よりイタリア・ミラノ市で開催されるEICMA2012(ミラノショー)に、新型の二輪車6機種(「CBR500R」「CB500F」「CB500X」「GOLDWING F6B」「NSS300 FORZA」「CBR600RR」)を出展します。

<CBR500R、CB500F、CB500X>
新開発の水冷・直列2気筒500ccエンジンを搭載するこの3モデルは、軽快で素直なハンドリング特性と燃費性能に優れ、低・中回転域から高回転域までスムーズに回転するエンジンを採用しました。さまざまなライフスタイルでの使用を考慮し、最新のデザイントレンドを取り入れた個性の異なる3モデルを、お求めやすい価格でご用意しました。
CBR500Rは、大型スーパースポーツモデルの「CBR1000RR」譲りのフルカウルを装備し、従来のスポーツモデルよりも余裕のあるライディングポジションとすることで街乗りからワインディングロードでのスポーツ走行まで、幅広く楽しめるモデルです。
CB500Fは、ネイキッドスポーツモデルとして、街中での取りまわしや足着き性の良さなど、日常の移動手段としての扱いやすさを重視したモデルです。
CB500Xは、輸出専用モデルの「Crosstourer」や「NC700X」に共通する、Hondaのオン・オフモデル造りにおける「クロスオーバーコンセプト」を取り入れた最新のモデルです。より長いサスペンションストロークや容量の大きな燃料タンクにより、日常の通勤から週末の長距離ツーリングまで、多目的に楽しめます。

<GOLDWING F6B>
GOLDWING F6Bは、Hondaの誇る大型二輪スポーツツアラー「ゴールドウイング」をベースとし、水平対向6気筒1800ccエンジンとユニークなスタイリングで軽快なハンドリングを特長とする、全く新しいクルーザーモデルです。

<NSS300 FORZA>
NSS300 FORZAは、街中の通勤から長距離のツーリングまで、爽快な走りと扱いやすくて低燃費も実現した300ccエンジン、フルフェイスヘルメットを2個収納できるシート下トランクなど、実用性と快適性を兼ね備えた中型スクーターです。

<CBR600RR>
新型CBR600RRは、MotoGPマシン譲りの空力特性に優れたデザインと新設計の車体により、大きな進化を遂げました。燃料噴射装置の仕様変更によるスロットルレスポンスの大幅な向上、新たに装備された41mmの倒立タイプのSHOWA製ビッグ・ピストン・フロントフォークなど大幅に見直された前・後サスペンション、新デザインの軽量12本スポークホイールなどにより、このクラスの概念を大きく超えた扱いやすくスムーズなハンドリング特性を実現しました。


[新車情報]   プリウス   アクア   フィット   セレナ   レクサス   アテンザ   レガシィ   アルファード